ミーユエ あらすじ 73 話。 ミーユエ 王朝を照らす月

BS12「ミーユエ 王朝を照らす月」第71

ミーユエ あらすじ 73 話

この節のが望まれています。 主題歌 [ ]• 満月(オープニング) 歌詞:陳濤、作曲:王備、歌:• 伊人如夢(エンディング) 歌詞:何其玲、作曲:阿鯤、歌: ()• 西風(エンディング) 歌詞:陳濤、作曲:王備、歌: () 登場人物・出演者 [ ]• : の母。 : の母。 史実では姓は魏。 : () 秦の恵文王。 : ()。 の一人。 義渠君・翟驪: ()• 魏夫人(魏琰): ()• : の。 ミーユエの父。 : ()• (): () 楚の。 : ()• : ()• :宋佳倫• :孫渤洋• :巴図• : ()• (): ()• :張鈞涵 ミーユエの異父弟。 :李泓良 ミーユエの同父弟。 :曾虹暢• :曹征 楚を衰退に導く。 第1話 覇星の誕生• 第2話 姉妹の出会い• 第3話 母の思い• 第4話 自由な日々• 第5話 再び王宮へ• 第6話 合従連衡• 第7話 替え玉• 第8話 消えた夜光石• 第9話 幽閉• 第10話 善意の裏側• 第11話 命の恩人• 第12話 暗殺計画• 第13話 祭典の舞• 第14話 悲運の2人• 第15話 祖国との別れ• 第16話 狙われた花嫁• 第17話 人質• 第18話 婚礼の儀• 第19話 後宮の洗礼• 第20話 符節• 第21話 舌戦• 第22話 勇み足• 第23話 六百里• 第24話 王后の苦悩• 第25話 最後の手段• 第26話 わだかまり• 第27話 夜語り• 第28話 守るべき分• 第29話 公主の宿命• 第30話 変転• 第31話 血書• 第32話 光と影• 第33話 動揺• 第34話 二つの思い• 第35話 涙の決断• 第36話 覇星の子• 第37話 近づく戦• 第38話 謎解き• 第39話 毒と薬箱• 第40話 疑心• 第41話 移ろい• 第42話 親子の絆• 第43話 対抗心• 第44話 草原の再会• 第45話 若き公子たち• 第46話 兄弟の争い• 第47話 甘い罠• 第48話 亀裂• 第49話 分封• 第50話 大王の真意• 第51話 太子擁立• 第52話 決死の訴え• 第53話 天意• 第54話 崩御• 第55話 遠い地へ• 第56話 極寒の地• 第57話 旧敵• 第58話 救いの手• 第59話 自助の道• 第60話 混迷• 第61話 空位の王座• 第62話 逃走• 第63話 私怨の果て• 第64話 分かれ道• 第65話 遺詔の在りか• 第66話 身代わり• 第67話 起死回生• 第68話 太后誕生• 第69話 苦渋の外交• 第70話 訓戒• 第71話 反乱軍の最期• 第72話 姉妹の終わり• 第73話 祖国からの使者• 第74話 草原の誓い• 第75話 母の愛• 第76話 天下のために• 第77話 秦楚の攻防• 第78話 深まる溝• 第79話 二つの家族• 第80話 荒馬の仁義• 第81話 未来への布石 外部リンク [ ]• 2019年4月26日~8月16日 放送• (一話無料)• この項目は、に関連した です。

次の

ドラマ15「ミーユエ 王朝を照らす月」

ミーユエ あらすじ 73 話

「遺詔は確かに存在するわ。 先王が私に託されたの。 あなたがいつか国家に背く日を予測したのね」 そんなことを言われても私はひるまない、と恵后は、兵たちに離宮を囲ませていること、ミーユエたちの逃げる隙はないことを宣言します。 しかし杜錦将軍の配下が探し回っても、すでにミーユエや稷(しょく)をはじめ、侍女や庸芮(ようぜい)の姿はありません。 恵后はあらためて嬴夫人の前に行きます。 そして遺詔を出せばその功労に報い、優雅な余生を送らせてあげる、と説得しようとします。 嬴夫人は、無駄よ絶対渡さない、と頑なです。 そこまで意固地になるとは、ミーユエからの対価がどれほどのものなのだ、と恵后は呆れます。 逆に嬴夫人は、恵后の考え方が卑しい、とあざ笑うのです。 恵后は最後の手段に出ます。 「北の離宮は過失による火災で焼け落ちる」 火を放つのよ、と杜将軍に命じます。 「ユエをあぶり出して」 兵士たちは侍女を閉じ込め、身動きできない嬴夫人をそのままにして、屋敷のあちこちに火を放ちます。 そのころ、ミーユエと庸芮たちは抜け穴から脱出していました。 離宮を振り返ったミーユエは、天を焦がす炎を見ておののきます。 庸芮は言います。 「嬴夫人に悔いはないはず」 そして、ミーユエを司馬錯将軍の陣へ案内しようとします。 そこに、迎えの兵だと名乗る一団が現れます。 怪しい、とにらんだ庸芮が剣を抜いて対峙すると、案の定、兵士たちは有無を言わさず斬りかかって来ます。 戦いを見守っていたミーユエは兵士ふたりに頭を殴られて気を失い、いずこかに運ばれて行ってしまいます。 ミーユエを拉致したのは武王后の魏頤(ぎい)と魏夫人でした。 そこは咸陽城外の萯陽宮(はいようきゅう)の一室です。 庸芮は見当たりません。 捜索に行っていると魏夫人は言いますが、信用出来たものではありません。 ミーユエたちを襲ったのも恵后の手下だということですが、それも怪しいものです。 魏夫人は、ミーユエが燕に送られたときから心配して、恵后に連れ戻すよう進言していた、などと口から出まかせを言います。 ミーユエは魏頤のお腹があまり膨らんでいないことに気付きながら、お健やかでなにより、などと取り繕います。 そして助けてもらった礼を言うと、魏頤はいかにもといったように答えます。 「当然よ。 私たちは一つの船に乗ったも同然。 助け合わなきゃ」 「とおっしゃるのは」とミーユエは尋ねます。 「私に何かご相談でも?」 そうよ、今考えるべきは、と魏頤が言いそうになると、魏夫人がそれを止めます。 「今考えるべきは、あなたが健康を取り戻すこと。 他のことは後回しよ」 侍女に、しっかり面倒をみるようにと指図するのです。 魏頤は不満でした。 今すぐにでも遺詔を手に入れたいのに、魏夫人が後回しにしたからです。 「羋八子が側にいれば、遺詔は手に入ったも同然」 と魏夫人は鷹揚に構えています。 羋八子が手に入れるものは、私たちが手にするものより大きいことを分からせましょう、と魏頤をなだめるのでした。 庸芮は混乱のなかミーユエを奪われたことを樗里疾と司馬錯将軍に報告します。 襲ってきたのは恵后の兵ではなく、華公子、あるいは他の公子の可能性もある、と冷静に判断します。 「目的は遺詔に違いない」と樗里疾は分析します。 「遺詔と羋八子母子を手に入れれば、 朝廷内外を黙らせる駒が手に入る」 これでひとますミーユエに命の危険はないはず、と司馬錯も考えます。 ミーユエは湯浴みの用意をしてもらいました。 髪に刺した古風な簪を侍女の采萍が褒めるので、気に入ったならあげる、というのですが、侍女はとても受け取れません、と断ります。 脱いだ着物は洗ってお返しする、というので、丁寧に洗うように、と申し付けるのです。 着物は魏夫人と魏頤のもとに運ばれます。 着物の中に遺詔を隠しているはずだ、というのが魏夫人の狙いでした。 侍女も交えて着物の縫い目を改めますが、簡単には見つかりません 「勘付かれたのよ」 「私たちを信用していないのですね」 もう、はっきり言いましょう、と魏頤は次の段階に進めるよう叔母に進言します。 湯浴みを終えて落ち着いたミーユエのところに二人がやって来ます。 「では、今後のことを相談しましょう」と魏夫人が切り出します。 ミーユエは庸芮と連絡が取れたか、と尋ねます。 庸芮殿は恵后の兵と戦って重傷を負ったそうだ、と魏夫人は適当なことを言います。 「庸芮殿の代わりに、私が協力するわ」 「何に協力してくださると?」 短刀直入に言うわね、と魏夫人は答えます。 「私たちの共通の敵は恵后でしょ。 恵后があなたを消そうとするのは、 先王があなたに残した遺詔のためだそうね」 「遺詔…? 何のことだか」とミーユエはごまかします。 分かっているはずよ、と魏夫人は執拗です。 「あ、ひょっとしたら、あの遺詔?」とミーユエも調子を合わせます。 「その遺詔のこと。 どこにあるの」と魏夫人が訊きます。 「恵后が燃やしました」とミーユエが答えます。 馬鹿な、面白い冗談ね、と二人は驚き、信じない様子です。 「目の前で焼かれたんです」ミーユエが言います。 「何て書いてあった?」魏夫人は興味深げに追及します。 「稷を蜀侯に任命し、私も一緒に巴蜀に赴くように、と」 それはひとつ前の遺言でした。 「まだ私を信用していないようね」と魏夫人は呆れたように突っぱねます。 「別の遺詔が存在することは、咸陽中の誰もが知っているわ。 穆大監も遺詔のために恵后に毒殺されたと聞いたわ。 北の離宮の嬴夫人も不審な火災で焼け死んだ」 「私も命を懸けてあなたを助ける覚悟よ」と魏夫人が言うと、ミーユエも尋ねます。 「根拠もない世間の憶測を本気になさるのですか?」 遺詔がないというのなら、なぜあなたたち母子は秦に戻って来たの、と魏夫人が訊きます。 稷の兄上である武王の弔問のためだ、とミーユエはごまかします。 遺詔を見た者がいる、と魏夫人は言います。 「そこには何が書いてあったと?」ミーユエがそう訊きます。 それには魏頤が答えます。 「恵文王が崩御の後は稷公子を王位に就けると」 ミーユエが考え込むと魏夫人が尋ねます。 「そう書いてあったのでしょ?」 「見てもいないのに」とミーユエは答えます。 「内容など分かりません」 その話が本当なら、なぜ私たちが命さえ危うい極寒の燕に人質として送られたのです、とミーユエは反論します。 もし遺詔が本当に存在するとしたら心が動かないか、と魏夫人は尋ねます。 「夢のような話を本気にしてはいけません」 とミーユエは明るい顔で笑います。 「私が考えているのは天下のため。 私欲じゃないわ」 と魏夫人は心にもないことでごまかそうとします。 ミーユエは訊きます。 「お二人とも、私に何をさせたいのです?」 魏夫人は、恵后が壮公子を擁立しようとしているがそれでは世の中が乱れる、この情勢を抑えられるのは一人だけ、と説きます。 「まさか、お二人は、稷を王位にとお考えなのですか?」 ミーユエがそう尋ねると、魏夫人は言います。 「公子たちの争いを治め、天下を平定するためなら、頤も王位を譲るそうよ。 義理堅いあなたのことですもの、誠意に応えてくれるわよね」 つまり稷を王位につけて華公子を摂政とし、生まれる公子を太子にするというのか、とミーユエは尋ねます。 「さすがね。 すべてあなたが言ったとおりよ」と魏夫人も認めます。 「遺詔があるならいい考えだと思います」とミーユエはしらを切るばかりです。 「でも遺詔の在りかは本当に知らないんです」 忘れているだけよ、時間をかければきっと思い出す、と魏頤も穏やかな笑顔を崩しません。 在りかが分かったら私にも教えて下さい、とミーユエが言うと、魏夫人も呆れて笑うばかりです。 ミーユエは宮殿の外に大監の穆辛がいるのを見つけます。 外へ出ようとすると、門衛がそれを止めます。 私を囚人だと思っているの、とミーユエが問うと、外は危険だから、と侍女も外出を止めるのです。 その姿を穆辛が見ていました。 華公子は雍を占領、池(ち)公子も檪陽(やくよう)周辺の土地を取り、他の公子たちも領土周辺を占領し始めているようです。 雍というのは秦の旧都であり、旧都の占領というのは王座への野心のあらわれではないか、と知らせを受けた恵后は憤ります。 華公子や他の公子たちの勢力を削ぐことは不可能になっています。 壮を擁立するという段取りも、稷に王位を譲るという遺詔があるという噂で老臣たちが壮への関わりを避けているため、なかなか進みません。 甘茂(かんぼう)は、恵后が武王后や魏夫人と争っている間に他の者に利を取られないかと心配し、武王后の子を擁立するよう妥協するのも手ではないか、と進言します。 「武王后の子が男児なら太子にするという条件で、 壮公子を擁立させてはいかがかと」 共に利があり、武王后と手を組めば勝算は大きいはず、たとえ遺詔があろうと、老臣たちの目にも権力の差は歴然ですから恵后になびくでしょう、と勧めるのです。 魏夫人が連れてきたのは草鬼婆(そうきば)という巫蠱(ふこ)の民でした。 秦では巫蠱は禁じられていますが、草鬼婆は巴蜀で有名な巫術師で、なかなか金回りも良さそうです。 魏夫人は宝物箱を与え、持っている蠱をあらためます。 小さい虫ですが強力な毒をもっているとかで、食事に混ぜ込んで与えると言うのです。 「三刻すると発作を起こします。 初日は心肺が破れるほどの痛み、 2日目には発作が2回、骨の髄まで痛みます。 3日目には発作が3回。 痛みを止めるには虫を駆除するための解毒薬が必要です」 解毒薬を呑めば一刻で解毒されるそうです。 ただ、水は解毒の効果が消えるので禁忌だと注意します。 解毒薬を呑まずにいると、半月後には意識が混乱し、何でも言うことを聞くようになると言うのです。 「そうなれば解毒薬を飲んでも助かりません。 20日後には蠱に五臓六腑を食い荒らされ、 手足が腐りただれて命を落とします」 その夜、魏夫人が用意した膳を食べたミーユエは苦しみ始めます。 「どうかした? 大丈夫?」と魏夫人が恐る恐る声を掛けます。 体中が痛いの、とミーユエは訴えますが、魏夫人はおかしいわ昨日まで元気だったのに、急病なのだろうかととぼけます。 貴重な解毒薬があるそうだから、買いに行かせましょうか、と魏頤も言います。 するとミーユエは苦しそうに言います。 「こんなことをしても、何も手に入るものですか」 予想していたわ、きっと汚い手を使うと、私に毒を盛ったんでしょ、と言ってのけます。 「ごめんなさい、仕方がなかったの。 これも稷公子と頤の子供のため」と魏夫人がささやきます。 遺詔がなくとも構わない、稷公子が即位したあかつきには、華を摂政に、頤の子を太子にすると証文を書いてくれればいい、というのが条件でした。 「お腹の子供の性別など分からないのに、こんな手段まで使うなんて。 お腹にいるのは人ではなく妖怪よ。 汚い手を使うと思っていたけど、ここまで卑劣な真似をするなんて」 威勢のいいのは今のうちだけよ、と魏夫人は解毒薬を取り出します。 「首を縦に振れば、すぐに渡すわ。 さもないと蠱が体中を痛めつけるわよ」 今はまだまし、明日になればもっと体中が痛くなりこの世の地獄を味わわせてくれる。 と脅すのです。 ミーユエはそんな魏夫人たちを「出て行け」と追い出そうとします。 いいわ、行きましょう、と魏夫人たちが出て行こうとすると、ミーユエは机に会った書簡に束をつかみ、魏夫人に投げつけます。 すると魏夫人の持っていた解毒剤が手桶の水の中にはまってしまいます。 慌てて取り上げますが、薬は水に溶けてしまっており、これでは効果がないのです。 「強情を張るからよ。 天のご加護でも祈るのね」 そう言い捨てて、魏夫人たちは帰ってしまいます。 ミーユエは苦しそうにのたうち回るのでした。

次の

『ミーユエ 王朝を照らす月』の動画を無料で見る裏ワザ(1話

ミーユエ あらすじ 73 話

ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ! U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。 レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。 そんな中、楚から輿入れの隊列と人質が到着する頃、人質のお付きの使者が黄歇だと聞いたミーユエは、食事が取れないほど動揺します。 人質の横太子に会った後、話したいことがあるからと黄歇に残るように言います。 ミーユエは黄歇に、あれから 無事で暮らしてた?ずっと気になってた…と目を潤ませます。 黄歇も目を潤ませ、泣いてはダメだ。 君はもう太后だろう…と言います。 ミーユエは、そうよ…私は太后…でも 今だけはユエに戻って泣きたいの…うれしいわ…また会えるなんて…と2人だけが知っている楚での思い出を語ります。 黄歇は、秦での苦労は 全て聞いた。 義渠君に助けられたとか…と 言います。 ミーユエは、そうよ…命を救ってくれた彼と共に生きようと決めたの…と話します。 黄歇は、彼に感謝するが、正直 羨ましくもある。 彼は君に尽くし 君を守り君と寄り添い 生きてゆけるのだから…と言います。 ミーユエは、やめて…この生涯で私を最も理解してくれるのはあなたなの…と見つめます。 黄歇は、私にとっても 同じだよと答えます。 ミーユエは、このまま秦にいてほしいと言います。 黄歇は、私は楚の家臣。 人質の付き人だ…と答えます。 ミーユエは、楚が何だというの。 分かっているはずよ。 楚は腐敗しきっている。 秦に残れば 右相にするわと提案します。 黄歇はそれを断り、秦にいる間だけは君を助けようと約束します。 その頃、咸陽では気性が荒い義渠人の無銭飲食や乱暴が問題になっていて、ついに禁軍と乱闘になってしまいます。 頭を痛めるミーユエは黄歇からの提案どおり、秦軍に義渠軍の騎馬術を学ばせると共に、義渠の軍営を咸陽外に移させ、軍営内での自治を するように義渠君を説得します。 つづく ミーユエ王朝を照らす月あらすじ73話 (感想) 初恋は実らない…という言葉があるけど、 ミーユエと黄歇はきっとこのまま純愛を貫き通すのかな〜😭 黄歇はミーユエにとって、必要な頭脳を持っているし、手放したくないよね🤔 ミーユエは強い女なんだけど、男が守りたくなるような魔性の女かもしれない….

次の