甘酒 おすすめ 市販。 甘酒は効果なし!?豊富な栄養・効果効能と市販甘酒おすすめ6選

スーパーでも買える市販のおすすめ甘酒15選!効果的な飲み方や選び方

甘酒 おすすめ 市販

甘酒と言えば、寒いお正月や夏バテ予防に飲んだり、ホッと一息つきたい時に飲んだりしたい、甘い飲み物というイメージですよね。 甘酒とは米麹とご飯、そしてお水を使用して作られる発酵食品です。 砂糖を使用しなくても甘い甘酒は、ダイエットをしている人や、健康志向の方にもおすすめの飲み物です。 また「 飲む点滴」と呼ばれている甘酒は美容に気を使っている人にもおすすめですよ。 さらに甘酒は、ご飯を発酵させて作られているので、ごはんが分解されて体内で消化吸収しやすくなっており、体調があまり良くないと感じる時や、食欲が湧かないという時にもおすすめです。 今では家庭で自分好みの甘酒を作る人が増えており、また簡単に作ることが出来るので、発酵食品を作ってみたいと考えている人におすすめですよ。 甘酒の歴史 ご飯本来の甘さを引き出した甘酒の歴史は、 平安時代にまで遡ります。 もともと甘酒は和歌のなかで冬の季語として使われていましたが、 江戸時代に入って甘酒を販売する人々の登場により、夏の季節にも甘酒を飲む人々が増えていきました。 江戸時代の人々にとって甘酒は、質素な生活の中でも手軽な値段で買うことが出来る飲み物として人気を集めていました。 お米の栄養素が詰まった甘酒は、夏バテ予防として、また甘さを堪能できる飲み物として、親しまれていたのです。 やがて現代では甘酒を自作してより気軽に飲むことが出来るようになりました。 飲む以外にも甘酒を使用したスイーツや料理が増えていき、昔と変わらず甘酒は人々に愛されています。 酒粕甘酒は、酒を造る時に出来る酒粕を使用して作られた甘酒です。 そのためアルコール分を含んでおり、 飲酒年齢に満たない子どもにはおすすめできません。 酒粕甘酒を飲むとアルコールの成分が体に回って、体がぽかぽかと暖かくなってきます。 なので、酒粕甘酒は冬の寒い時期に飲むのがおすすめですよ。 もちろん酒粕甘酒を冷やして、甘くてとろとろとした冷酒として楽しむのもおすすめです。 酒粕甘酒にはアルコールが含まれているので、飲み過ぎには注意をしてくださいね。 また料理に使用するのもおすすめですよ。 もともと酒粕にはビタミンやミネラル、たんぱく質が豊富に詰まっているため、料理に加えると手軽に栄養価がアップするだけでなく、料理の味に深みを出してくれますよ。 米麹甘酒 米麹甘酒は米麹とご飯を使用して作られている発酵食品なので、アルコールは含まれていません。 そのため 小さなお子さんにもおすすめの飲み物です。 清涼飲料水などのジュースはぶどう糖果糖液糖や砂糖が大量に含まれており、体に良いとは言えませんが、米麹甘酒であればご飯の甘みを引き出して甘くしているので、ジュースの代わりに飲むのもおすすめです。 また、米麹甘酒は消化吸収されやすい形になっているので、おなかの調子が悪くなりやすいという人にもおすすめですよ。 消化吸収されやすい形になっているということで、夜遅くまで働いた後や勉強している時の夜食にも甘酒はおすすめです。 消化吸収されやすい形になっているということは、消化にかかる時間を減らしてくれるので、朝起きたら胃もたれしているという感覚がありませんし、脳にぶどう糖を届けやすくしてくれますよ。 玄米甘酒 玄米甘酒は玄米を使用しているので、見た目は薄い茶色をしています。 近年は玄米に含まれている栄養に着目し、玄米を積極的に食べる人が増えていますね。 しかし玄米は食物繊維が多いことから、歯が弱い人は食べづらく、高齢者にとっては消化に悪いという欠点がありました。 ですが玄米を使用して甘酒を作れば、 玄米に含まれている栄養素を手軽に摂取できるだけでなく、柔らかくなっているので歯が弱い人や高齢者でも食べることが出来るのでおすすめです。 ホルモンの働きや筋肉の量の問題により、女性が便秘になりやすいですが、男性も年を取るごとに厳秘になりがちです。 ところが玄米甘酒は食物繊維やオリゴ糖を含んでいるため、 善玉菌や便のかさを増やして腸内環境を整えることが出来るので、男女問わずおすすめですよ。 甘酒は栄養を豊富に含み、美肌や腸内環境に良い飲み物として多くの人がおすすめしている飲み物ですが、いつ飲めばいいのか疑問に思いますよね。 甘酒はご飯を使用して作られているので、もちろんカロリーはあります。 そのため、体や美肌に良いからと甘酒をお茶のようにごくごくと飲むのはおすすめできません。 豊富な栄養が含まれており、消化吸収されやすい形になっていることをうまく利用するには、目的に合わせた飲み方をおすすめします。 例えばあなたが ダイエットを目的として甘酒を飲むのであれば、朝食や夜ご飯などの食事を甘酒に置き換えてみましょう。 1杯200mlがおすすめです。 エネルギー補給を目的としているのであれば、朝食や空腹のときに飲むことをおすすめします。 ぶどう糖が素早く吸収されて、体を動かすエネルギーとなってくれますよ。 小腹が空いて何かを食べたい時にもおすすめです。 素早く血糖値を上げてくれるので、空腹感を抑えてくれますよ。 消化吸収されやすい形になっているので、夜に飲んでも胃もたれを起こすことが少ない食べのもとしておすすめします。 しかし日中の体を動かす時間帯に比べて、夜はエネルギー消費率が落ちているので、肥満に気を付けて飲みましょう。 体を温める作用のある生姜を使用し、女性が不足しがちな栄養素のうちのひとつである鉄が入った、とくに女性におすすめの甘酒です。 国産の酒粕や米麹を使用しており、ホットやアイスとしてもおいしく飲むことが出来ます。 甘酒はご飯を使用して作られているので、おなかにも優しい飲み物としておすすめです。 あたたかい甘酒は満腹中枢を刺激しやすく、永谷園の「冷え知らず」さんの生姜甘酒は、 一袋あたり35キロカロリーと低めなことから、ダイエットをしている人にもおすすめですよ。 手軽に甘酒を飲みたい、と考えている人はぜひ一度、永谷園の「冷え知らず」さんの生姜甘酒を飲んでみてください。 砂糖と酒粕が原材料に入っているので、甘みとコクがプラスされた深みのある、おすすめの甘酒です。 森永製菓の甘酒はもともと瓶での販売でしたが、のちに多くの人が見覚えのある缶での販売になりました。 そのまま飲むのもおすすめですが、 すりおろしリンゴを加えてアレンジしたすりおろしリンゴ甘酒や、ココアを加えてアレンジしたココア甘酒もおすすめですよ。 甘酒は飲む以外にも料理に使うことが出来、森永製菓の甘酒を味噌と合わせ、それを豚ロースに漬けて焼いた料理もおすすめです。 味噌に甘酒の風味が加わり、濃厚なソースとなって豚ロース肉に絡まります。 そのまま飲むだけでなく、他の飲み物や料理に加えて、自分好みのおすすめアレンジレシピを生み出しましょう。 くせが少なく、さらりと飲むことが出来る甘酒としておすすめです。 モンドセレクションのなかでも「ダイエット食品&健康食品部門」にて金賞を受賞しており、ダイエットをしている人や健康を意識して生活をしている人におすすめします。 ノンアルコールタイプの甘酒なので、アルコールに弱いという方でも安心して飲むことが出来ますね。 若干お値段が高くなっていますが、阿蘇山系の伏流水で仕込み、糖類をはじめとしたさまざまな添加物は使用していないので、小さなお子さんから高齢者の方まで、多くの人におすすめの甘酒です。 保存料が利用されているものは、保存が効きますが、国菊甘酒は添加物が使用されていないので、開封したら早めに飲むことをおすすめします。 そのため普段、森永製菓の甘酒を飲みなれている人が飲むと甘さが足りないように感じられますが、米麹のほんのりとした甘さや、優しい香りを楽しむことが出来るのでおすすめです。 砂糖と酒粕が加えられた濃厚な甘酒が苦手という人でも、森永製菓の「森永のやさしい米麹甘酒」であれば 甘さが控えめに作られているのでおすすめですよ。 アルコール0%で砂糖が入っていない甘酒なので、忙しい日々のなかダイエットをしている人でも、手軽に取り入れることが出来るおすすめの甘酒です。 酒粕をベースに砂糖以外にも蜂蜜を加えており、深みのある味わいが特徴です。 生姜の風味をプラスさせてコクを出しており、濃厚な味わいの酒粕甘酒が飲みたいという人におすすめします。 なめらかな喉ごしが特徴的で、温めて飲んでも冷やして飲んでもおいしく飲むことが出来ておすすめですよ。 カップ型の容器を使用しているので、飲みやすいというのも嬉しいポイントですね。 大関の甘酒は、使用する酒粕を1枚1枚チェックしており、おいしい甘酒を作るために手を抜きません。 衛生管理を徹底して行っている会社で作られており、こだわりが詰まったおすすめの甘酒です。 米糀とは、蒸した米に麹菌を付着させて発酵したものを指し、米の表面をまるで白い花が覆っているような状態を「糀」という漢字で表しています。 マルコメでは米糀を使用して甘酒が作られており、砂糖やアルコールを使用していないため、妊婦や授乳中の母親、そして小さなお子さんでも安心して飲むことが出来るおすすめの甘酒です。 また、マルコメが製造する「米糀から作った糀甘酒」は 食塩の量を調整しているので、甘酒に含まれる食塩を気にしている人にもおすすめですよ。 甘酒を豆乳と割って飲むという人も多いと思いますが、この「糀甘酒豆乳ブレンド」なら 最初から豆乳と甘酒が入っているので、コップを使用して洗い物が増えることがありません。 また、甘酒の甘みを使って製造されているので、砂糖は使用していません。 アルコールが含まれていない分、小さなお子さんや妊婦さんでも安心して飲むことが出来るおすすめの甘酒です。 豆乳のたんぱく質や脂質と、甘酒のぶどう糖が合わさり、栄養価の面でもバランスの取れたおすすめの飲み物になっています。 紙製のカップで作られているので、蓋のシールをはがせば電子レンジで温めることが出来、おなかを冷やす心配がないのも嬉しいおすすめポイントですね。 長野県の遠藤酒造場にて製造された「造り酒屋の甘酒」は、すべて国産の原材料を使用しており、上品な甘さと優しい口当たりに虜になる人が続出しています。 余分な材料が入っていないので、開封したら早めに飲むことをおすすめします。 夏は冷やして冷たい甘酒を、冬は温めてぽかぽかと温まりながら飲むと至福の時を味わうことが出来ます。 また少量の生姜を加えて飲むとコクがプラスされ、そのまま飲む時とはまた違った味わいを楽しむことが出来るのでおすすめですよ。 また、好みによって豆乳や牛乳、ヨーグルトに加えたりすると、優しい甘さで食べることが出来るので、砂糖を加えるよりもおすすめです。 月桂冠で製造された酒粕と米麹を使用した、贅沢な甘酒です。 甘酒が好きな人が満足して飲めるように、米麹の他に砂糖を使用して甘さを調整しています。 また、甘酒の程よいつぶつぶとした食感や喉ごしが堪りません。 酒粕を材料に加えている甘酒は栄養価の高い飲み物ですが、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整える効果もあります。 そして 月桂冠の甘酒には食物繊維が入っており、腸内環境をさらに整えやすくしていますよ。 月桂冠の甘酒には1本で2. 8gの食物繊維が入っているので、腸内環境が気になる人や、美肌を目指している人におすすめの甘酒です。 原材料はりんご果汁と米、米こうじ、食塩となっており、添加物や砂糖が入っていないおすすめの甘酒になります。 甘酒の優しい甘みとりんごのフルーティーな甘みが合わさって、小さなお子さんでも飲みやすい甘酒です。 付属のストローで飲めるように出来ており、手軽に飲むことが出来るおすすめの商品です。 クセがなく、さっぱりとした口当たりが好評で、 お子さんのおやつ代わりとして購入する人もいます。 ほかの甘酒は豆乳や牛乳で割って飲む人も多いですが、マルコメの「甘酒りんごブレンド」は既にりんご果汁で割ってあるので、洗い物も少なく飲みやすい甘酒としておすすめですよ。 酒粕が使用されていますが、アルコールは1%未満となっており、酔いづらい甘酒の仕様になっています。 そのまま飲んでもおいしいですが、 おすすめの食べ方はフローズンヨーグルトにして食べたり、パイナップルのスムージーにして食べたりする方法です。 また、スイーツに加えてパンケーキや甘酒寒天にするのもおすすめですよ。 ほかの材料と組み合わせると案外おいしいということがあるので、自分なりにおすすめの食べ方を見つけてみるのも良いですね。 カート缶タイプの甘酒なので、気軽に購入してさっと飲めるのもおすすめポイントです。 ほかのおすすめ甘酒でも紹介した森永製菓の甘酒ですが、こちらはフリーズドライタイプの甘酒になっています。 持ち運びに便利で、 お湯で溶かすだけでいつでもどこでも甘酒を楽しむことが出来ます。 そのためキャンプの際に甘酒を持って行って、星空を眺めながら甘酒で温まるというのもおすすめですよ。 使用するお湯の量を減らして濃厚な甘酒にしても良いですね。 またフリーズドライの甘酒なので、非常食としてストックしておくという手もあります。 水分が抜けているので持ち運びに苦労しないですし、栄養が偏りがちな災害時に、甘酒の栄養を取り入れ、ホッと心休まるひと時を作るだけでも心身ともに楽になるのでおすすめです。 栄養価が高く、腸内環境を整える効果があると人気の甘酒ですが、マルサンのあまざけは砂糖を使用していないので飲みやすく、手軽に栄養補給が行えるとあっておすすめの甘酒です。 ちょっと一息入れたい時や、豆乳と割って朝食代わりとして飲むなど、飲み方はいろいろあります。 紙パックで販売されており、1本あたり200mlと 飲みきりサイズなのもおすすめポイントのうちのひとつです。 瓶で販売されているものの賞味期限は、開封してから1週間ほどと毎日飲む必要がありますが、マルサンの「あまざけ」であれば、飲みたい日に飲むことが出来るので、経済的にもおすすめです。 ペットボトルに入ったストレートタイプの甘酒で、アルコールやカフェインが入っていません。 小さなお子さんでも安心して飲むことが出来ますね。 冷やして飲む甘酒ということで、夏の暑い日や、入浴後の水分補給におすすめです。 宝来屋本店の「冷やしあま酒」は甘さが控えめな甘酒なので、すっきりとした風味を堪能することが出来ます。 おすすめの食べ方として、そのまま飲むのもおすすめですが、 フレンチトーストに浸して食べるという方法もおすすめですよ。 宝来屋本店の「冷やしあま酒」を使用した卵液がフランスパンにしみ込み、やさしい甘さに病みつきになることでしょう。 国産米100%の酒粕を使用しており、アルコール分が1%を満たないものの、生姜を使用しているために体がぽかぽかしてきます。 メロディアンの「しょうが入り酒粕甘酒」にはすでに生姜が入っているので、わざわざ 生姜をすりおろす手間がいらないというのがおすすめポイントです。 また、バランスよく生姜が含まれているので、温めても冷やしてもおいしく飲むことが出来る、おすすめの甘酒です。 電子レンジで温めることが出来るカート缶を使用しているので、寒い冬にはメロディアンの「しょうが入り酒粕甘酒」で温まって、元気に過ごしたいですね。 濃厚でコクのある甘さなので、甘酒の中でも特に甘党の人におすすめします。

次の

【米麹で作った甘酒おすすめ6選】市販で飲みやすい人気の銘柄はどれ?

甘酒 おすすめ 市販

日本の酒粕の歴史は長く、おそらく稲作文化の時代からだと言われています。 日本では酒造りが始まったと同時に、酒粕の利用も始まったと言われており、日本酒が作られる過程で生まれます。 酒粕のは、発酵によって出来たビタミンやアミノ酸がたっぷりと含まれています。 酒粕を取り始めて、みるみるうちにお肌がしっとり艶やかになると評判や口コミでも賑わっており、飲む美容液とも言われていて、女性の間でも大人気です。 そんな大注目の酒粕には、美容だけではなく、でんぷん質の分解をしてくれるので、肥満防止やコレステロールの低下など健康面のサポートもしてくれます。 また、健忘症の予防や大腸がんの予防、骨粗しょう症の予防など病気の予防にも活躍することが証明されました。 今回は、そんなスーパーフードの酒粕を、価格、味、満足度を重視して、ランキング形式でご紹介します。 また、選び方のポイントや味や種類もご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 粉末タイプなので、ヨーグルトやお味噌汁に混ぜたり、卵にまぜて焼けば、ふんわり上品に香る卵焼きが出来上がります。 アルコール分は含まれていないので、鍋ものなどにして、お子さんでも安心して食べることができます。 ヘルシーな料理や飲み物に入れたり、3袋セットなので、家族全員で楽しむことが出来るのがうれしいポイントです。 「お味噌汁や中華ダシのスープに混ぜて美味しくいただいている」と口コミでも好評です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 白龍酒造のお酒は国産米のみで仕込んでいるので、その酒粕の国産米100%使用しています。 くせがなく、香りが華やかなのが特徴です。 普通に飲むだけでなく、砂糖を加えずに甘酒を作り、冷やした後、飲むヨーグルトや調整豆乳で割ると、美味しい甘酒ドリンクとしても楽しめます。 「寝る前に飲むととても寝つきがよく、冷え性にも効果的です」と口コミでも好評です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. そのままお湯に溶かしたり、ヨーグルトやお味噌汁、納豆、スープなどに混ぜて、たくさんのバリエーションが楽しめます。 また、クッキーやパンの生地に練りこんだり、ごはんを炊く前に炊飯器に入れたりもおすすめです。 アルコール分は含まれていないので、鍋ものなどにして、お子さんでも安心して食べることができます。 「体も温まるしおすすめです」と口コミでも好評です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 美味しい甘酒が自宅でも簡単に楽しむことができます。 酒粕を好みの濃さに溶いて砂糖・塩を加えて煮る際に日本酒を少量加えれば一層風味が増しおすすめです。 日本酒は加えずに、牛乳を入れるとマイルドな味わいになり、お子さんでも楽しめます。 「健康のために、軽く焼いてはちみつやシナモンと食べてます。 こちらのものが一番好き」と口コミでも好評です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 搾りたての淡白なものは甘酒や、そのまま焼いて食べるのがおすすめです。 熟成されたものは、うまみ成分が増え濃厚になるので、お味噌汁に混ぜたり、かす漬けにして食べるのがおすすめです。 その時々で味わいが楽しめるのうれしいポイントです。 「10kgというかなりの量ですが味は非常においしい」と口コミでも好評です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. しかし形状や色、量がさまざまでどれを選んだらいいか分からない方も多いのではないでしょうか。 酒粕は今はスーパーなどで気軽に購入できますが、安価な酒粕の中には、加熱されて酵母が死滅しているものもあります。 基本的には酒粕は発酵食品であり酵素が生きています。 そのため、時間が経つほど発酵が進んで味や香り、色合いが変化していきます。 例えば色なら、白から黄色、黄色からピンク色、ピンク色から褐色と変化し、半年ほど放置すると、こげ茶や黒に近い色に変わります。 搾りたての酒粕は固めでフレッシュな香りで味は淡白な印象ですが、次第に熟成が進むとしっとりとした柔らかさが出て味にもコクが増します。 そのまま食べたり料理に使ったりする場合は搾りたてを、漬け物に使うなら熟成させたものなど、用途に応じて使い分けることも可能です。 味の違いや用途に合わせた選び方、効果のある飲み方のポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。 酒粕にはビタミン、タンパク質、食物繊維が豊富です。 また、アルブチン、スフィンゴ脂質、レジスタントプロテインなど、美肌をサポートしてくれる成分が豊富に含まれているので、酒粕の甘酒を飲む人は多いです。 やはり加熱しすぎず生のまま食べるのは効果的ですが、酒粕には甘みが全くないので、そのまま水に溶いても味がしなくて飲みにくいです。 ですが、砂糖で甘みをつけてしまうと、カロリーオーバーになってしまいます。 それに精白された砂糖は美肌の大敵で、しみやシワ、くすみの原因となります。 せっかくの美肌のための酒粕が意味のないものになってしまいます。 ですので、甘みをつけるときは、 黒糖などの精白されていない砂糖を使用するか、はちみつ、豆乳、ヨーグルト、100%ジュースなどに混ぜることをおすすめします。 特に豆乳は酒粕との相性がよく、お互いの効果を高めあうようにサポートしあいます。 また、 酒粕パックもおすすめです。 スフィンゴ脂質と呼ばれるセラミド成分が、角質層の細胞同士をつなぎ合わせて、お肌に潤いを与えます。 このセラミドは外側から取り入れるのも効果的なんです。 豆乳なはちみつ、ココナッツオイルを入れると、相乗効果でさらに効果がアップします。 酒粕には、アルコール分が含まれているので、お子さんやアルコールが飲めない人には向いていません。 しっかりアルコールを飛ばしたとしても、お酒独特の香りまでは消えないので、お酒を飲まない人には好まれません。 そんな方は、 アルコールを含まない米麹の甘酒がおすすめです。 米麹は、お米をつぶしたものに麹菌を加えて発酵させたものなので、アルコールは一切含まれません。 また、ブドウ糖やオリゴ糖も含むので、自然な甘みがあり、砂糖を加えなくても美味しく飲めるので、ダイエット中の栄養補給として飲むと、体調を崩すことなくダイエットできます。 また、酒粕には含まれないマンガン、セレン、モリブデンといった栄養素も米麹には含まれています。 これらは、骨や皮膚を作るのを助け、抗菌化作用、代謝にかかわります。 このことから米麹で作った甘酒は、毎日飲むことで健康維持にもつながります。 山年園• 商品名• 酒粕(バラ粕しっとりやわめ)• 臥龍梅 純米吟醸 新酒粕(板・バラ粕)• 極上酒粕• 楯野川 純米大吟醸 バラ粕• 純米大吟醸 酒粕• 秋鹿吟醸酒粕• 清酒 酒粕• 日本盛 酒粕 板• 福岡県 大吟醸酒粕• 田酒 板粕• 宗玄 酒粕(板)• 酒粕 粉末• 又兵衛の大吟醸酒粕• 上善如水の酒粕• 酒粕 粉末• しっとり柔らかい!• 上品な香り!• しっとり甘い!• たっぷり使える大容量• 酒粕パックとしても最適• 濃厚でまろやかな香り• 搾りたての新鮮なおいしさ• 白くキメが細かい!• 柔らかく香りがいい!• 青森の銘酒「田酒」の酒粕• 季節限定品• たくさんのバリエーションが楽しめる• 福島県幻の地酒• くせがなく香りが華やか• 溶けやすい粉末タイプ• 3000円 税込• 648円 税込• 1180円 税込• 3780円 税込• 2800円 税込• 2040円 税込• 2500円 税込• 700円 税込• 780円 税込• 324円 税込• 630円 税込• 3800円 税込• 800円 税込• 378円 税込• 5400円 税込• 内容量• 5kg• 1kg• 800g• 10kg• 4kg• 5kg• 1キロ• 500g• 1kg• 1キロ• 500g• タイプ• ばら粕• 板粕・ばら粕• ばら粕• ばら粕• ばら粕• ばら粕• 練り粕• ばら粕• 練り粕• 酒の種類• 吟醸酒• 吟醸酒• 純米酒• 吟醸酒• 吟醸酒• 吟醸酒• 純米酒• 普通酒• 吟醸酒• 純米酒• 普通酒• 吟醸酒• 吟醸酒• 商品リンク•

次の

甘酒の市販でおすすめはどれ?26種類の商品レビュー【随時追加】

甘酒 おすすめ 市販

甘酒は近所のスーパーやコンビニなど、どこでも手に入る栄養満点な発酵食品です。 そんな甘酒が今、栄養価の高いスーパーフードとして人気が高まってきています。 夏バテ予防などにも効果があり古来から大人から子供まで幅広い層で飲まれている甘酒、昔の人は体感的に身体に良いことが判っているんですね。 甘酒に含まれている、麹のお陰で食物繊維が豊富に入っているため、腸内環境を整えてくれ、さらには美肌にも繋がります。 今回はそんな甘酒のたくさんの栄養、美味しい飲み方、効果的な飲む時間、甘酒の種類など様々な面から甘酒を飲むとどのような効果があるかをご紹介させて頂きます。 「甘酒は効果ない」なんて記事をちらほら見かけますが、この記事を最後までお読みいただければ、「甘酒ってすげ~」と思っていただけると思います。 古来より親しまれていた甘酒ですが、冬の寒い時期に飲む甘味飲料としてのイメージが強いのではないでしょうか? 実は、江戸時代には、甘酒は暑い夏を乗り切るための飲み物として多くの人に飲まれてきました。 甘酒の豊富な栄養成分が夏バテ予防になるとして、甘酒が売られる光景は夏の風物詩でもありました。 冬に飲まれていた甘酒も、ここ数年で「冷やし甘酒」などの商品が目立つようになり、暑い時期の栄養補給や豊富な栄養成分による美容効果など注目されています。 今では、甘酒は「飲む点滴」「飲む美容液」と言われ、健康・美容など幅広く効果が期待できるスーパードリンクになりつつあります。 こんなにも健康や美容に効果がある甘酒、飲まないわけにはいきませんね。 甘酒は酒粕原料と米麹原料の2種類がある 甘酒は、甘い「酒」という名から、アルコールが含まれているイメージがありますよね。 でも、甘酒は地域によって作り方が違うという特徴があるため、一言で甘酒といっても原材料が異なり、酒粕で作られた甘酒と米麹(お米)で作られた甘酒の2種類あります。 酒粕からできているものには、もちろんアルコールが含まれるのですが、米麹(お米)から作られている甘酒はアルコールが含まれていません。 甘酒の種類についてもう少し詳しくご説明します。 おおよそ市販の缶入りタイプの甘酒は、こちらのタイプとなります。 酒粕とは、日本酒を作る際に発酵させたもろみから、日本酒を絞り出した後に残った白い固形物です。 お米の栄養成分が凝縮していて健康と美容に良い成分が含まれています。 酒粕で出来ている甘酒には、酒粕に「砂糖」と「水」を加えて作ります。 そのためカロリーが米麹から出来ているものより高めになります。 なので、今流行りの 「甘酒ダイエット」を試したい方には、おすすめできません。 酒粕で作られた甘酒の特徴 酒粕には「 レジスタントプロテイン」が多く含まれています。 レジスタントプロテインとは、食物繊維の一種で消化されにくいタンパク質という意味があります。 コレステロールなどの脂質を含んで便として排出してくれる働きがあり、消化吸収されることなく、油とともに排出するので 便秘解消に良いと、言われています。 なんと 酒粕にはお米の4倍のレジスタントプロテインが、含まれているのです。 酒粕タイプの甘酒には、生姜入りタイプの物が販売されているので、寒い季節には皆さんは良くこの「生姜入り甘酒」を購入されるのではないでしょうか? 生姜が入っている事もあり、体内から温めることが出来るので、寒い時期にはおすすめです。 米麹を使用して作られた甘酒 最近ようやく市販の甘酒でも米麹のものも見かけるようになりましたが、酒粕が原料の甘酒との大きな違いは、ノンアルコールであるという点です。 そのため、子どもからお酒が弱い方まで幅広い世代で飲むことが可能です。 米麹とは、お米にコウジ菌を散布して発酵させた発酵食品です。 米麹は、お米のデンプンを糖化する作用があるので、米麹で出来ている甘酒には、「水」と「米」を加えて作ります。 砂糖が入っていないのにも関わらず、米本来の甘みを感じることが出来ます。 ただ米麹から作られている甘酒は、 酒粕使用の甘酒に比べて価格が少し高めになります。 米麹で作られた甘酒の特徴 「甘酒=飲む点滴」と言われていますが、この甘酒とは米麹を使って作られた甘酒のことをいいます。 ブドウ糖をはじめ米麹の甘酒に含まれる栄養成分が点滴の成分とほぼ同じ成分が入っているので、このような別名がつきました。 米麹タイプの甘酒には、先ほども紹介させて頂いたように、 「低カロリー」、「ノンアルコール」といった点が特徴となります。 そのため、 子どもの離乳食や、妊婦の方の栄養補給に役立ちます。 麹に含まれる 「コウジ酸」には、メラニンの生成を抑えてくれる働きがあるので、美肌・美白効果が期待できます。 それ以外にも コウジ酸は美髪によいともいわれています。 さらには、砂糖ではなく「ブドウ糖」が含まれています。 ブドウ糖が含まれているので、 少量で満足ができ、食べ過ぎ防止に繋がります。 米麹を使用している甘酒にも、少量の砂糖が入っている可能性はありますが、 酒粕で出来ている甘酒に比べると、カロリーは断然低くなり、トロミがあるので満腹感を感じることが出来ます。 ブドウ糖はエネルギーとしている使われるため、 糖が体内に溜まりにくいということから、「甘酒ダイエット」に向く発酵食品なのです。 そんな飲まなきゃ損な甘酒ですが、米麹の甘酒は、実は すごく簡単に作ることができます。 作り方をこちらでご紹介していますので、甘酒を作ってみたい方は是非ご覧になってください。 2.美肌・美白 甘酒に豊富に含まれるビタミンB群には、体内の脂質や糖質やタンパク質を代謝してくれる作用があり、皮膚や粘膜などの細胞を活性化させます。 また、米麹タイプの甘酒には「アルブチン」も含まれます。 先ほど紹介した「コウジ酸」とともに抗酸化作用を発揮することから、これらは美容液に使用している成分でもあるので、甘酒を「飲む美容液」という方もいらっしゃいます。 さらに、シミやくすみを防いでくれる働きもあり、肌や粘膜などを保護します。 ビタミンB2も豊富に含まれているので、その結果皮膚の活性化を促す作用もあります。 それに加えて、ビタミンB6も含まれており肌の保湿効果があるため、肌の乾燥を防いでくれるので、乾燥肌に悩んでいる方は是非試してみてください。 3.栄養補給・疲労回復 甘酒に含まれる主な栄養素は、「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、「オリゴ糖」、「葉酸」、「ブドウ糖」、「食物繊維」などがあります。 この栄養成分は、点滴とほとんど同じであることが最近注目され、甘酒のことを「飲む点滴」とまで呼ばれるようになりました。 また、古来より体力の回復に役立つと言われていたとおり、甘酒には、市販の滋養強壮剤に含まれる有効成分と近いものがあります。 疲労が蓄積してしまったときや夏バテなどで体力が消耗した時など、甘酒は、市販の栄養ドリンク剤と同じ感覚で飲むことができます。 4.美髪 甘酒にはビタミンB群が、豊富に含まれています。 ビタミンB群の「ビオチン」という成分が、実は美髪に欠かせない栄養成分なんです。 「ビオチン」は、皮膚や粘膜を良い状態に維持してくれる栄養成分で、肌や髪・爪などの元になるケラチンの生成を促す働きがあります。 また、甘酒に含まれる「コウジ酸」も美髪を作るのに必要な栄養成分になります。 「ビオチン」や「コウジ酸」は、頭皮の新陳代謝を活性化させ、頭皮の皮下組織の血流を良くする働きがあるので、髪の毛の先までしっかりと栄養を届けることが出来るます。 ハリのある美しい健康的な髪の毛を作り、薄毛や抜け毛などの髪のトラブルも防げるなどエイジングケア効果も期待できます。 5.ダイエット 甘酒に含まれるブドウ糖には血糖値を上げる働きがあります。 人は、血糖値が下がっていると空腹を感じ、血糖値が上がると満腹中枢に刺激が伝わり、空腹を感じなくなります。 また、ブドウ糖は脳や身体を動かすのに必要なエネルギー源で、身体に入ると直ぐにエネルギーに変わります。 そのため、身体に蓄積されにくい糖分とも言えます。 その他にも、甘酒に含まれるビタミンB群には脂質の代謝を促す働きがあるので、脂肪を燃焼させやすくするなど、甘酒にはダイエット効果が期待できる成分がたくさん入っています。 ダイエット効果を期待するなら米麹を使って作られた甘酒を飲みましょう。 酒粕を使って作られた甘酒よりも低カロリーです。 甘酒の効果はわかったけど、持って歩くのも大変だし気軽に飲めないからなぁというあなたには、甘酒の効果をぎゅっと凝縮したサプリメントがおすすめです。 ダイエットには米麹から作られた甘酒が良いといいましたが、それはカロリーの話。 実は酒粕から作った甘酒にはレジスタントプロテインという食物繊維が豊富に含まれています。 レジスタントプロテインは体内で溶けにくく、小腸で脂肪やコレステロールを吸着して排出してくれますので、ダイエットにも効果があるんです。 そんなレジスタントプロテインですが、酒粕50g分を毎日食べることで、ダイエットだけでなく、各研究で様々な健康パワー効果を期待できることが明らかになりました。 affrc. pdf ただ、その効果は前述の通り、毎日50g相当の酒粕を摂取が前提です。 それって結構大変ですよね。 甘酒のサプリメントである、「こうじ酵素」はそんなあなたに気軽にレジスタントプロテインを摂取してもらえるように開発された製品です。 当然本来の甘酒同様、ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、ダイエットだけでなく美肌や便秘、疲れなどへの体サポートに期待大です。 「こうじ酵素」は初回無料、2回目以降27%OFF2640円の特別定期お届けコースにお申し込みの場合、3ヶ月でのお支払は5280円、つまり「ひと月1760円」相当でお試しいただける計算になります。 もし効果がないと感じた場合は、特別定期お届けコースは4ヶ月目からいつでも気軽に解約可能となっていますので、上記金額で終了することも可能です。 1日60円程度で効果をお試し頂けますので、ぜひお試しいただければと思います。 日本酒で有名な八海山を作っている八海山酒造が作った甘酒です。 高精白のお米と麹を使用しています。 麹は、酒造りで培われた高度な技術よって甘酒に合うようにコントロールされたものを使っているというこだわりがあります。 上品ですっきりとした味わいがあり、温めても美味しいですが、冷やして飲むのがおすすめです。 無加糖・ノンアルコールなので誰でも安心して飲むことができます。 最近はスーパなどでも見かけるようになった気がしますが、こちらでお近くの販売店が検索できます。 楽天でも販売しています。 こちらはチルド・冷蔵配送となるため、送料もかかりますが、きちんと温度管理されて御自宅に届きますのでオススメですね。 毎日飲むものなので、まとめ買いが楽チンです。 宮崎県の老舗の牛乳屋さんが作った、全国初の牛乳の甘酒です。 芸能人にもファンが多く、甘酒はちょっと苦手という人にはおすすめです。 本来、甘酒は「酒粕・米麹」と「水」を基本として作られていますが、百白糀は、国産米糀と宮崎県産牛乳だけを使用して作られています。 もちろん砂糖やアルコールは入っていません。 甘酒に牛乳が使われることで、さらにエネルギー補給がパワーアップしますよ。 簡単に作れるので作り方をご紹介します 1.美肌になりたい方におすすめな飲み方 無調整豆乳+甘酒(できれば米麹の甘酒) 無調整豆乳は調整豆乳と比べて、大豆サポニン・大豆イソフラボンの量が多いです。 ただ、大豆の風味がしっかりするので、苦手な方は調整豆乳でも大丈夫ですよ。 ・冬場の寒い時期は、ホットにしてその中にジンジャー(乾燥しているもの)を入れて飲むと、体がポカポカして温まりますよ。 だいたいのメーカーは、豆乳200mlに約20~60mgのイソフラボンが含まれておりますので、豆乳自体も1日最大200ml程度を飲みましょう。 (豆乳を毎日200ml飲む方の場合は、食事などで大豆加工食品を食べる事を控えましょう) 2.便秘を解消したい方におすすめの飲み方 便秘解消には バナナと甘酒の組み合わせがおすすめです。 バナナは何と言っても、食物繊維の宝庫です。 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方含まれる食材なため、積極的に摂取される事をおすすめします。 もしくはバナナの食感を楽しみたい方は、DAISOで購入可能な、「手もみジューサー」を使用する事で忙しい朝の時短に繋がりますよ。 ・甘みを増したい方は蜂蜜を入れると、甘酒のクセもなく、子どもでも飲めちゃうぐらい飲みやすくなります。 甘酒の効果的な飲み方 基本的には、甘酒を飲む時間、タイミングはいつでも構いませんが、効果を得るためには気をつけることが3つあります。 健康に良いからといってたくさん飲み過ぎると逆効果です。 米麹の甘酒に含まれる酵素・酒粕に含まれる酵母は熱に弱いので人肌程度の温度で飲むことで多くの効果を得られます。 例えば、忙しい朝になかなか朝食を摂取できない方は、甘酒をコップ一杯飲むだけで、しっかり栄養補給をすることができますよ。 また、時間に余裕がある人やより甘酒の効果を得たいという人には、甘酒を飲むタイミングを意識するとより効果を得ることができます。 前述しましたが、満腹中枢に刺激を与えるため、満腹感が得やすく朝食を置き換えることでダイエット効果が期待できます。 朝から沢山の量を食べるのではなく、少量に抑える事で、消化のエネルギーが排便に使われ、便秘解消にも良いと言われています。 さらに甘酒は基礎代謝を上げるため、朝飲むことで普段と同じ生活をしていても脂肪や等を効率よく燃焼してくれます。 人は、日中、自律神経の交感神経が興奮することによって活動しています。 そして夜になると交感神経の興奮が落ち着き、副交感神経が働くことでリラックスし、ぐっすり眠ることができます。 しかし、ストレスがあると夜になっても交感神経の興奮が治まらず、リラックスできず、寝付きなど睡眠の質も悪くなります。 甘酒に含まれる、パントテン酸やアミノ酸(GABA)などはストレスを軽減し、交感神経の興奮を抑える働きがあります。 ただし、甘酒は栄養豊富なため、就寝前に飲む場合は少量の100ml程度がおすすめです。 その他、食前に甘酒を飲むと食事の量を抑える効果が期待できることやアルコール摂取前に飲むと二日酔い防止効果が期待できることもありますよ。 まとめ いかがでしたか? 甘酒は健康・美容にいいと知っていながらも、なかなか挑戦することがなかった方も、多いのではないでしょうか? 甘酒は飲むだけで、「点滴」と同じような栄養を補給でき、また「飲む美容ドリンク」とも言われるように、美肌効果も期待できるスーパーフードです。 日本古来の栄養ドリンクとして長年愛される理由が分かりますよね。 もともとは、夏バテ予防に飲まれていた甘酒ですが、今では美容のため、妊婦の方の栄養補給のため、便秘解消のため、といった様々な理由から飲まれるようになった甘酒を、ぜひ皆さんもトライしてみてください。 同じく日本が誇るスーパーフード、こちらもぜひお読みください。

次の