うすい えん どう 豆 レシピ。 うすいえんどう レシピ 豆ごはん・卵とじの作り方

うすい豆の皮にしわをよせない下ゆで方法3つのコツ

うすい えん どう 豆 レシピ

青豆とは? 青豆という言葉を辞書で引くと、青えんどう、グリンピースとあります。 青豆はグリンピースの別名なんですね。 うすいえんどうとは? うすいえんどうは、マメ科エンドウ属に分類されるえんどう豆の一種でさやを取って中の未成熟の実を食べる「実えんどう」です。 主な産地は和歌山県で関西地方中心に流通しており、グリンピースの改良品種です。 グリンピースと比べて皮が薄く青臭さも少ないのが特徴です。 実が大きくて繊細な甘みがあり、ほくほくとした食感があると言われています。 春から初夏にかけての旬の時期になると、関西地方では、ウスイエンドウで豆ごはんを炊く家庭が多いそうです。 うすいえんどうの名前の由来は、明治時代にアメリカから輸入されて大阪羽曳野市碓井町(うすいちょう)で栽培されたのが始まりだそうです。 さん utqjxd がシェアした投稿 — 1月 21, 2018 at 3:02午前 PST グリンピースとは? グリンピースは、マメ科エンドウ属に分類される エンドウの未成熟の種子を指します。 「実えんどう」ともいい、さやは食べずに中の豆だけを食用します。 ふっくらとしたさやの中には黄緑色の豆が6~9個入っており、豆ごはんや卵とじにするとおいしいです。 缶詰や冷凍ものは一年中手に入りますが、生のグリンピースは春から初夏にかけて出ています。 うすいえんどうとグリンピースは同じ?青豆は? うすいえんどうとグリンピースは同じマメ科エンドウ属に分類されますが、品種が異なります。 青豆はグリンピースの別名なので、グリンピースと同じものとなります。 スポンサードリンク 旬の時期は? グリンピースやうすいえんどうの旬は4~6月ですが、うすいえんどうはもっと早い時期に売っていることが多いようです。 うすいえんどうは関西地方での消費量が多く、関東や北海道までは出荷されていないようです。 食べたい時は通販などで取り寄せるしかないようです。 美味しい見分け方 さやがふっくらとしていて張りがあり、きれいな黄緑から緑色のものを選びましょう。 豆はさやから出して時間が経つと風味が低下していくので、要注意です。 まとめ 青豆はあまり聞きませんが、青豌豆とも言われるそうです。 グリンピースという名前の方が親しみやすいですね。 うすいえんどうは食べたことがないので一度食べてみたいです。

次の

実えんどう グリーンピース エンドウの選び方と保存方法や料理:旬の野菜百科

うすい えん どう 豆 レシピ

材料 青えんどう豆 適量 水 青えんどう豆の3倍 砂糖 生餡の60% 食紅 緑 少量 【関連リンク】 ・ ・ うぐいす餡の作り方 シブ切りの所まで、と同じ作り方をします。 鍋に青えんどう豆と、豆の3倍の水を入れて一晩浸けておきます。 翌日そのまま火にかけ、沸騰したらお湯を捨てます。 綺麗な水に取り替え、沸騰したらザルに空け、冷水に浸します。 塩茹での時は皮を柔らかくするために重曹を使いましたが、今回は皮を剥くので使いません。 豆が冷えたら、綺麗な緑色にするために、青えんどう豆の薄皮と、発芽の部分を取り除きます。 終わったら鍋に戻し、指でつまんで軽く潰れるくらいの柔らかさになるまで茹でます。 柔らかくなったら濾し器に空け、お湯を捨てます。 ボールに水を張り、その中で豆を裏漉しします。 裏漉しが終わった状態です。 漉し布に流し入れ絞ります。 ここで出来るのが生餡です。 多めに作った時は生餡の状態で冷凍保存します。 使う時は自然解凍して使います。 生餡の重さを量り、砂糖の量を決めます。 鍋に生餡と砂糖を入れ、弱火で好みの固さになるまで、弱火でよくかき混ぜながら練り上げます。 餡子が跳ねる場合がありますので、火傷に注意してください。 好みの固さになったら、バットなどに空け冷まします。 冷えると少し固くなるので、気持ちゆるいくらいでいいです。 色が抜けてしまったので、緑の食紅を少し水に溶かして色付けしました。 完成 うぐいす餡の完成です。

次の

実えんどう グリーンピース エンドウの選び方と保存方法や料理:旬の野菜百科

うすい えん どう 豆 レシピ

この記事の内容を• うすい豆の皮にしわをよせないゆで方【3つのコツ】 うすい豆(グリーンピース)の下処理方法 「3つのコツ」• 塩もみで皮に傷をつける• 落とし蓋をしてからゆでる• 湯の温度をゆっくりと下げる 1、塩もみで皮に傷をつける 豆をゆでるときは、さやから取り出して塩と一緒にすり鉢、またはボールに入れてください。 そして、手のひらで円を描くように豆を転がしながら皮に傷をつけてください。 2、落し蓋をしてからゆでる 豆を塩もみしたあとに熱湯でやわらかくゆでますが、このときに落とし蓋をしないと豆が空気にふれて皮にしわがよる原因になります。 したがいまして、ゆでるときは落とし蓋をかぶせて、豆が湯から顔をださないようにしてください。 短時間で柔らかくゆでる場合 繊維がかたい青味野菜や山菜などのアクが強い食材は、下ゆでに重曹(炭酸水素ナトリウム)を入れる方法があり、うすい豆の場合も少量を加えると早くゆでられます。 そして、水道の蛇口を細くしぼった状態で落とし蓋の上から水を少しずつ流し入れ、ゆっくりとさらしながら徐々に温度を下げてください。 また、鍋を火からはずしたときにしわがよる豆がでてきますが、温度が下がると徐々にふくらんできますので、あわてて取ろうとせずにそのままさらしてください。 (豆を急激に冷やすと、ふっくらとした状態に仕上がりません) 冷凍のグリーンピースの場合は、生の豆に比べてしわがよりにくいですから、ある程度一気に温度を下げても大丈夫です。

次の