肌荒れ 原因。 マスクする方注目!肌荒れの原因とマスク選び・スキンケアのコツ

マスクは肌荒れを引き起こす原因に?マスクのメリットとデメリット

肌荒れ 原因

1.マスクの着用で肌荒れする主な原因 マスク着用時の肌荒れの主な原因として想定されるものを、3つご紹介します。 1-1. マスクによる摩擦 マスクをつけていればそれが必ず肌にあたるので、あたった部分がこすれて(摩擦)肌荒れの原因となっていることが考えられます。 ゴムひも部分がこすれる場合も同様です。 物理的な摩擦を与えることは、肌のや肌荒れの原因になることもあるといわれています。 とくに顔の大きさに合っていないマスクをしていると、マスクがずれやすくなったり、強く肌に擦れやすくなったりすることも考えられます。 1-2. マスクの繊維が肌に合わない マスクにも種類が多くあり、使っている素材もさまざまなので、その繊維が肌に合っていないと肌荒れを引き起こすこともあります。 家庭用のマスクは、大きく分けて ガーゼマスクと 不織布(ふしょくふ)マスクの2つに分類できるでしょう。 小学校の給食当番で使っていた方も多いであろう「ガーゼマスク」と、多く流通している「不織布マスク(使い捨てマスク)」です。 マスクをつけていると肌荒れすると思う方は、ご自身のマスクの繊維を確認してみてください。 その素材が自分の肌に合っていない可能性も考えられます。 2.肌荒れ対策!マスクを選ぶ5つのポイント せっかくマスクを使うのであれば、肌荒れは防ぎたいものですよね。 しかし、マスクを選ぶときになにか注意していることがある、という方は意外と多くないかもしれません。 ここでは、マスクを選ぶ際に意識したいポイントを、5つご紹介します。 マスクの選び方にまで気を配り、賢く活用しましょう。 2-1. マスクの素材を確認する 一般的に広く使用されている不織布マスクの魅力は、使い捨てなので毎日清潔が保て、洗う手間などがないことです。 ただ中には、その繊維が肌に合わないという方もいらっしゃるでしょう。 顔にあたる部分だけ綿()素材になっているマスクなどもありますので、その場合は上手に活用してみることをおすすめします。 中途半端なサイズだと口を動かす度にずれてしまうので、マスクと同じくらいの大きさを買う、または大きめサイズを買って切ると良いでしょう。 (切るときは清潔なハサミで切りましょう) 2-3.ガーゼマスクを使う どうしても肌に合う使い捨てマスクがないという方は、最初からガーゼマスクを使ってみるのも選択肢の一つです。 使い捨てではないので毎日洗うという手間はかかりますが、今までずっと使い捨てのマスクを使用していた方は一度試してみてみるのもおすすめです。 洗わずに日をまたいで使うことは控えましょう。 洗うときは洗濯機だと手間が減らせますが、ほつれが気になる場合はネットに入れたり、手洗いすることをおすすめします。 ・素材をチェック 使い捨てマスクを選ぶときと同様に、事前にマスクの繊維・素材を確認しましょう。 サイドにギャザーが入っている、立体的なつくりが特徴。 やわらかく気持ちのよいつけ心地です。 男性用・女性用・子ども用の3サイズ展開なので、ご家族での使用もおすすめ。 2-4. 顔にフィットするサイズのマスクを選ぶ マスクは、顔に自然とフィットするサイズを選ぶとよいでしょう。 サイズがしっかり合っていて、マスクと顔に隙間が少ないものを選ぶのがおすすめです。 サイズが大きすぎると、隙間ができてマスクとしての役割を果たせなくなるかもしれませんし、反対に小さすぎると摩擦が起きやすくなります。 マスクをつけたら、鏡を見て横方向からもフィット感を確かめてみましょう。 2-5. ゴム(ひも)部分は太めを選ぶ 頬や耳元が肌荒れする場合は、マスクの口元部分ではなくゴム部分のひもがこすれることが原因となることもあります。 やわらかく太めのひもを採用しているマスクを選ぶなど、工夫をしてみるとよいでしょう。 3-1. 長時間マスクしたままは避ける マスクを長時間つけっぱなしにしていると、蒸れによって雑菌が繁殖し、肌荒れの原因の1つになることもあります。 また、肌にマスクがあたると摩擦が起き、これが肌荒れの一因になることも考えられます。 マスクをつけていると肌荒れをしやすいという方は、長時間同じマスクを着用し続けるのを避けましょう。 ある程度の時間着けたら、なるべく新しいマスクに替えることをおすすめします。 3-2. 外したマスクを清潔に扱う 食事のときなどに、一時的にマスクを外すタイミングもありますよね。 その際は、着用していたマスクをデスクの上にそのまま置いたり、カバンの中にぐしゃっと入れないようにしましょう。 机の上や鞄の中は汚れている場合もあり、清潔な場所だとはいえません。 マスクを外している間にさらにマスクに雑菌がついてしまい、再度着用するときに肌に雑菌が付いてしまうこともあります。 そのため、外したマスクは清潔に扱うように心がけましょう。 4.肌荒れを防ぐために!マスクシーズンのスキンケアポイント どれだけ自分に合うマスクを選んでも、肌にあてている以上、最低限の摩擦は避けられません。 そこで、マスクをつけているシーズンは、いつも以上に自宅でのスキンケアに気を配る必要があります。 女性はもちろん、男性もきちんとをして肌をすこやかに保ちましょう。 この章では、スキンケアのポイントを4つご紹介します。 4-1. ナチュラルメイクを心がける クレンジングや洗顔の際に起きる摩擦の影響を考えると、マスクを使用している期間はなるべくナチュラルメイクにすることをおすすめします。 しっかりメイクであればあるほど、夜にオフするときの摩擦などは避けて通れないものだからです。 これ以上余計に肌に摩擦を与えないためにも、特にはナチュラルにして、シーンに応じてきちんと感を出したい場合は、目元のポイントメイクなどでメリハリをつけるなどして、上手に工夫をしてみてください。 4-2. 洗顔とクレンジングは丁寧&こすりすぎないように行う クレンジングと洗顔を行うとき、余計な力でごしごしこするように洗うのは控えたいところです。 クレンジングで丁寧にメイクを落としたら、はしっかり泡立て、泡で汚れを浮かせるように洗い落としましょう。 また、熱すぎるお湯だと必要なまで落としてしまうこともあるといわれています。 「ちょっとぬるいかな?」と思うくらいのぬるま湯がおすすめです。 4-3. 化粧水はハンドプレスしてつける 化粧水をコットンでつけるか手でつけるかは、好みで選んでいたいて問題ありません。 どちらのつけ方にもメリットがあります。 メーカーが推奨しているつけ方を優先にしたうえで、特に指定がないといった場合などは、手でつけるのもよいでしょう。 手に十分な量の化粧水を取ったら、肌を包み込むようにハンドプレスして、やさしくなじませます。 ここでも、摩擦が起きないように丁寧に行うことを意識しましょう! 4-4. 口周りの保湿は入念に行う マスクが特にあたりやすい口周りは、いつもより念入りに保湿することをおすすめします。 保湿には、水分と油分の両方が必要です。 化粧水で水分を与えたら、美容液や乳液(または)をつけて油分も補いましょう。 こすりすぎないようにするべきなのはいうまでもありませんが、口元の皮膚は顔の他の部位に比べて特に薄いといわれています。 指の腹を使って包み込むようなイメージで、繊細な口元を保湿しましょう。 5.肌荒れを防ぐ!肌らぶ編集部おすすめ保湿化粧品 最後に、肌荒れを防ぎたいという方に肌らぶ編集部からおすすめしたい、保湿化粧品のシリーズをご紹介します。 今回は初めての方でも使いやすいよう、が販売されているシリーズをピックアップしました。 気になるものがあれば、ぜひ試してみてください。

次の

肌荒れの症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

肌荒れ 原因

肌荒れの原因 早速、肌荒れの原因についてご紹介していきます。 自分の今の 身体の状態や 生活習慣に当てはまることはないかチェックしてみてくださいね。 紫外線• ホルモンバランスの乱れ• ストレス• ダイエット• 肌のターンオーバーの乱れ• 睡眠不足• さらに紫外線は肌荒れ以外にも シミ・シワ・たるみ・くすみの原因にもなってしまうんですよ。 肌の水分量を減らさないためにも、毎日保湿をしっかり行うなどのケアが重要。 特に秋から冬にかけては、一気に気温が下がるため乾燥しがちです。 肌荒れを改善・防止するために1度スキンケアを見直してみるのもいいかもしれません。 ホルモンバランスは生理が近づくと乱れてしまい、肌も 刺激を受けやすい状態に。 さらに 皮脂の量が増えるため、 毛穴のつまりなどで肌荒れを起こしやすくなるといえます。 女性ホルモンのバランスを整えるには 漢方薬や 低用量ピルが効果的。 あまりにも不調を感じる方は婦人科で相談してみてはいかがでしょうか。 それに伴って 免疫力が低下してしまい、ニキビの原因となる菌が繁殖しやすい肌になるんですよ。 また、メラニンが必要以上に分泌されてしまうことで肌荒れだけでなく シミ・そばかすもできやすくなってしまいます。 心のケアも美肌を保つためには必要不可欠なので、自分なりのストレス解消法やリラックス方法でリフレッシュしましょう。 食事制限などでビタミンやミネラルが不足すると、 乾燥・ニキビなどの肌荒れが起きやすくなってしまうんですよ。 極端に食事を抜いたり「〇〇ダイエット」のように ある一定の食べ物に偏るのはNG。 ダイエット中であってもバランスのよい食事をとることが大切ですよ。 また無理なダイエットによるストレスで、 ホルモンバランスが乱れてしまうのも肌荒れの原因となりえるので気をつけてくださいね。 それが乱れることによって肌が刺激をうけやすくなってしまい、 ニキビ・吹き出物・乾燥などの肌荒れを起こす原因に。 そもそもターンオーバーが乱れるのには 不規則な生活・ストレス・ダイエット・紫外線などが原因としてあげられます。 上記で心当たりがある方は 生活習慣やスキンケアを見直したほうがよいといえるでしょう。 また、睡眠不足は 肌の代謝の低下・ バリア機能の低下にもつながりますよ。 また、眠り始めてから最初の 90分が特に成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイム。 この時夜更かししてから眠りにつくと睡眠が深くなりにくく、成長ホルモンが出にくくなる可能性も。 食べ過ぎ・飲み過ぎが原因であることが多いので、日頃から食事やお酒の量には気をつけましょう。 肌荒れを起こしやすい食べ物や飲み物 よく食べているものが肌荒れの原因になってしまっていることも・・・。 ここでは肌荒れを起こしやすい食べ物・飲み物をご紹介していきます。 ナッツ類• 炭水化物• 甘いもの• その中でもおつまみやおやつ用の味付きナッツには、 糖分・脂質・添加物が多く含まれています。 そうして 余分な糖分や 酸化された油を体に吸収してしまうと ニキビ・吹き出物などの肌荒れの原因に。 そのため、炭水化物を過剰に摂取してしまうとこれらの栄養素も不足することになり、結果的に肌荒れにつながってしまうんです。 米やパン、パスタなど日々の食事には欠かせない炭水化物ですが、食べ過ぎは禁物。 肌荒れを防ぐためにも ビタミンの含まれた食べ物も一緒に摂ることが重要です。 しかし糖分は 内臓に負担をかけるため、過剰摂取してしまうと肌荒れを起こしてしまう原因に。 実際に毎日アイスなどの甘いものを食べていた方が、糖分を摂ることを止めてみたらずっと悩んでいた肌荒れが改善したという例もあるようです。 完全に食べないようにする、というのはむずかしいかもしれませんが食べる量を調節するように心がけてみてくださいね。 さらに毎日飲酒する方は全く飲酒しない方に比べ、肌が乾燥によってダメージを受けているため、肌荒れだけでなく シワも多い傾向に。 年齢が上がれば上がるほど アルコールが抜けにくくなるので、肌荒れを防止するためにも 飲む頻度や飲む量を減らしていくことが重要です。 肌荒れを早く治す方法 いくら気をつけていても肌荒れしてしまうときはありますよね。 そんなときはこれからご紹介する13個の方法を試して、早めに治してしまいましょう!• スキンケアを見直す• 洗顔・クレンジングを見直す• 布団・枕を清潔にする• 良質な睡眠をとる• 食生活を見直す• タバコをやめる• ストレスを解消する• UVケアをしっかりとする• 便秘を解消する• 古くなりすぎた化粧品を使わない 11. マスクを長時間つけない 12. 婦人科を受診する• 気候や生活の変化によっても肌の状態は変わり、敏感になってしまうことも。 その時の 肌の状態に合わせてスキンケア用品を変えてみるなど一度見直してみることをおすすめします。 また、ふだん忙しい方ほどささっと適当に済ましてしまう・・・なんてことも少なくないはず。 しかし短時間でスキンケアを済ませるために化粧水などを 肌に強く押しつけたり、こすって浸透させようとするなど、雑にケアしてしまうのはNG。 なるべくていねいにゆっくりとケアしてあげるのが肌荒れ改善への近道ですよ。 ここでは洗顔・クレンジングでやってはいけないNGポイントとその理由をご紹介します。 枕カバーをなかなか洗っていない、めったに布団は干さないという方は要注意です。 ずっと不潔なままにしていると 菌・ダニがどんどん増殖し、どんなにケアしてもそれが原因で肌荒れがずっと治らない・・・という状況に。 定期的に 枕カバーを洗う・ 布団を干す、または布団クリーナーで除菌するといったようにメンテナンスすることを心がけましょう。 とはいっても、どのようにしたら睡眠の質が上がるのか知らない方も多いのではないでしょうか。 ここでは睡眠の質を良くする方法をご紹介していきます。 すぐに試せるものばかりなので、今晩から取り入れてみてくださいね。 寝る三時間前までに食事を済ませる• シャワーだけで済まさず、ぬるめのお湯にゆっくりとつかる• 寝る直前にはスマホ・PCなどを使用しない• 肉や魚が不足していると、 タンパク質など美肌を保つために必要な成分をバランスを摂ることができません。 肌荒れを改善するだけでなく防止するためにも 禁煙は避けられません。 肌はストレスを受けると バリア機能が低下し、 肌荒れが起きやすくなるだけでなく 治りにくい状態になってしまいます。 ストレスを解消するには 軽い運動や アロマを炊くなど自分の身体や心がもっともリラックスする方法を日常に取り入れてみてくださいね。 肌荒れを悪化させないためにも UVケアは毎日しっかり行いましょう。 また曇り空の日でも紫外線は降り注いでいるので、天気が良い日以外も意識して使用するようにしてみてくださいね。 便秘になると腸内環境が悪化し、アンモニアなどの有害物質が血液中に取り込まれてしまうことで 肌のターンオーバーが妨げられてしまいます。 そして使い続けるうちにだんだんと 菌が繁殖するなど不潔な状態になり肌荒れの原因にもなってしまうんですよ。 化粧品の使用期限は以下が目安となります。 しかしマスクは 摩擦によるダメージによって肌に負担をかけてしまうので肌荒れには逆効果に。 さらにマスク内の湿度が高くなることで 雑菌・ニキビの原因菌が繁殖しやすい状態にもなってしまうんですよ。 どうしてもマスクをしたい場合は 肌にやさしいマスクを使用する・ マスクを長時間つけっぱなしにしない・ マスクが当たる部分の保湿ケアをするなど工夫が必要です。 また、皮膚科に通っても改善しないような重度な肌荒れの場合も、低用量ピルによって3ヶ月ほどでほとんど治るとか。 ピルと聞くとハードルが高く感じる方も多いかもしれませんが 1日1錠飲むだけなので、何をしても肌荒れが治らなかったという方は1度試してみてはいかがでしょうか。 診察を受ければ思わぬ原因がわかることもありますよ。 また、市販の薬が肌に合っていない場合、さらに悪化してしまう可能性も。 あまりにもひどいと感じたら、放置しすぎずに 適切な処置を受けることをおすすめします。 肌荒れに効く栄養素 肌荒れを治すためには 内側からケアすることも重要です。 なるべく意識して取りたい栄養素や食品をチェックしていきましょう。 ビタミンB6• ビタミンC• ビタミンA• 鉄分 5. 皮膚の新陳代謝をアップさせ、肌に ハリ・ツヤ・うるおいをもたらす効果もありますよ。 さらにコラーゲンの合成を促す効果もあり、 ハリをつくるのにも役立ちますよ。 乾燥などの肌荒れや 色素沈着、 角質層が厚くなってしまうのも防ぐ効果もありますよ。 また、血流も改善してくれるので くすみを防いでくれる効果もありますよ。 肌荒れだけでなく、体の健康を保つためにも必要とされているんです。 ここでNG習慣を見直して、肌荒れしにくい生活を心がけましょう!• メイクを落とさず寝てしまう• メイクスポンジ・ブラシのお手入れをしていない• スクラブケアを頻繁にしている• 毎日お酒を飲む• 睡眠時間が6時間以下• それだけでなく、 微生物・顔ダニの温床になる・ ターンオーバーが乱れる・ 毛穴が広がる・ ニキビ・吹き出物ができやすくなるなどなど・・・お肌に悪いことづくし。 ついつい忘れてしまうという方は、家に帰ったらすぐにメイクを落とす習慣をつけましょう。 洗う頻度の目安としてはパウダー類に使用しているものは 1ヶ月おき、リキッド類に使用しているものは 2週間おき程度が目安です。 日常的に使っている方も多いと思いますが、何事もやり過ぎは禁物です。 スクラブを頻繁に使いすぎると 乾燥・ バリア機能の低下・ 肌に負担がかかるなど肌荒れの原因になるデメリットもあります。 お酒に含まれる 糖質やハイカロリーなおつまみによって 皮脂分泌が過剰になってしまい、 ニキビができてしまいます。 それだけではなく、体内の水分を奪ってしまうので 肌の乾燥の原因にも。 毎日飲酒しているという方は飲む量を減らすなど、工夫するようにしてみてくださいね。 しかし睡眠時間が6時間以下の日が続いてしまっているという方は要注意。 睡眠不足によって肌は 免疫力が下がる・ にきびが悪化する・ ホルモンバランスが乱れるなどの影響を受けてしまいます。 最低でも 6時間は眠らないと肌荒れが悪化してしまう可能性も。 もし規則正しく睡眠を取ることが難しいというときは、朝に 太陽の光を浴びるのがおすすめ。 睡眠リズムが整いやすくなりますよ。 特にスマホを触った後など、清潔ではない状態で触ってしまうのはNG! 触る癖があるという方は意識してなるべく触らないようにしてくださいね。

次の

マスクする方注目!肌荒れの原因とマスク選び・スキンケアのコツ

肌荒れ 原因

読みたいページへジャンプ• 毎日のマスクで肌荒れはする? 結論から言うと、 毎日のマスクでの肌荒れは、何かしら自分に合っていないのが原因です。 ちゃんと自分に合ったものを使えば肌荒れはせず、むしろお肌へのメリットの方が大きいです。 また、自身の肌質によっても合うマスク、合わないマスク」などがあるのでその点も気を付けるべきです。 毎日のマスクによる肌荒れの原因 それでは、そんな肌荒れの原因を1つずつ解説していきます。 マスクの材質 最近では、使い捨てマスクとして不織布マスクを利用することが増えました。 ですが、 不織布が意外と硬く、肌に摩擦が起こりやすいもの。 摩擦による刺激は肌のバリア機能を低下させ、肌の乾燥や肌荒れの原因になります。 マスクの形状 顔の大きさが人それぞれなように、マスクもサイズが様々です。 自分の顔のサイズに合ったものを着用しないと 摩擦や押しつけられたような痕が残ることもあります。 小さすぎて、頬の真ん中くらいまでしかないようなマスクも、頬への摩擦でかぶれたりすることがあるので注意です。 マスクによる乾燥 でぷれ 毎日のマスクによる肌荒れの症状 毎日のマスク着用による肌荒れの原因を説明したところで、次は肌荒れの内容を紹介していきます。 マスクによる肌荒れも、原因が違えば症状も違うのでしっかりと把握しておきましょう。 かゆみ マスクに付着した花粉やホコリ、汚れが肌の刺激となり、かゆみを引き起こします。 かゆみによって赤く炎症を起こして、その後に肌荒れに繋がることも多々あります。 かぶれ(接触皮膚炎) 上記の、肌のかゆみが悪化すると肌のかぶれ(接触皮膚炎)になります。 口周りが赤くただれて粉をふくことと、軽度のかゆみがあり、熱めのお湯で洗顔するとヒリヒリと刺激が現れます。 かぶれを放置すると、肌に赤みが残った状態が続いてしまうので危険です。 ニキビ マスク着用によって、鼻から顎にかけてがマスクで覆われます。 水蒸気による乾燥• マスク、ゴムによる摩擦• マスクの接触面の皮脂が吸着 などなど、 マスクはニキビの天敵に近いほど相性が悪いです。 口唇ヘルペス あまり知られていませんが、 口唇ヘルペスにも繋がります。 肌が乾燥すると表面のバリア機能が低下して、細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまうのです。 そうなると、口唇ヘルペスなどができやすくなり、湿疹も起こりやすくなります。 口周りに雑菌があるという点では、ニキビと症状は似ています。 毎日のマスクによる肌荒れの5つの対策 マスクによる肌荒れの原因と症状を把握したところで、 ここからは具体的な対処法を解説していきます。 原因や症状によって、対処法は変わるので自分の肌荒れがどれにあてはまるのかしっかりとチェックしてみてください。 マスクをはずす時間を作る 休憩時間や、仕事中でもマスクを着用しなくても良い場面では、 意識してマスクをはずす時間を作るようにしましょう。 常に着用している場合と比べ、肌への負担が少なくなるとともに、通気性を高めることでニキビ予防にもつながります。 ただし、マスクを外した直後は肌表面の水分が蒸発するので、乾燥しやすい状態です。 出来ることなら、 午前と午後の休憩時間に軽く保湿をした方がいいです。 肌に優しい、敏感肌用の保湿クリームを使用しましょう。 マスクにガーゼを挟む マスクと顔の間にガーゼを挟むのも、肌荒れ防止に有効な方法です。 これは、吐息により排出された水分をガーゼに吸い取らせることで、マスク内側の湿度を下げてムレを防ぐからです。 ウイルス対策でマスクを着用するときは、ガーゼ素材のマスクより効果が高い不織布マスクを選ぶ人が多い傾向にあります。 素材そのものが水分をいくらか吸うガーゼ素材のマスクと比べ、不織布マスクは蒸れやすい素材のため、特にガーゼを挟む方法は効果的です。 間に入ったガーゼが肌とマスクの摩擦も防ぎますので、こすれによる肌荒れの対策にもなります。 内側に挟むガーゼは、着用するマスクと同じくらいのサイズが望ましいです。 長時間マスクを使用するときは、複数枚のガーゼを用意しておきましょう。 挟んでいるガーゼが湿ってきたら、交換することでいつでも使用感が良い状態で過ごせます。 洗って使いまわせるので使い捨てのもったいなさがありません。 さらに、 マスクの在庫不足で手に入らない場合も、ガーゼのみを交換すればいいのでコスパの面でもいいですよ。 自分に合ったサイズのマスクを選ぶ マスクは、 自分の顔のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。 選ぶ際のポイントとしては• 鼻に頬、フェイスラインに隙間が出来ない• それ以外は肌との接触する面積が小さい• 話してもマスクがずれることがないもの これらを最優先事項において、自分に合ったマスクを選びましょう。 できるだけ刺激の少ないマスクを選ぶ マスクは肌に直接触れるものです。 敏感肌やアレルギー体質など肌が弱い人は、マスクをするだけで肌に負担をかけることになります。 そのため、 肌荒れを防ぎたいならマスクの素材にこだわりましょう。 一般に、不織布マスクよりもガーゼ素材のマスクのほうが肌に優しく、肌荒れを起こしにくい傾向があります。 ガーゼ素材であれば、何度も洗って使用できるため、常に清潔な状態で着用することも可能。 とはいえ、毎日洗ってしっかり干して乾かすのを手間に感じる人もいるかと思います。 毎日の使用が難しいようであれば、 肌の調子が悪いと感じたときだけでもガーゼ素材のマスクにするなど、使い分けをしましょう。 マスクの素材にも、不織布よりも肌に優しい.

次の