井上 尚弥 プロフェッショナル。 井上尚弥『あの沸かした時代を取り戻したい』ボクシングへの熱い…彼のファイトに多くの人が熱狂する理由

井上尚弥『あの沸かした時代を取り戻したい』ボクシングへの熱い…彼のファイトに多くの人が熱狂する理由

井上 尚弥 プロフェッショナル

「プロフェッショナル」が井上尚弥に密着 【】 いよいよ今夜放送! さん。 毎日2時間ほどのトレーニングを行うという井上選手の所属ジムを訪れると、まず注目したのが練習前の所作。 ボクサーの命とも言える拳を守るバンテージは、数分で巻く選手もいる中、井上選手は毎回必ず15回巻いて、ナックル部分のクッションを作るなど、拳を痛めないように細心の注意をはらいます。 また、トレーナーの父・真吾さんの「基本に徹する」という教えを守る井上選手は、パンチを出す時の肩の入れ方、腰の回転や踏み込みなど、普段の練習でも基本動作を考えながら、徹底的に確認しているとのことでした。 元世界王者・長谷川穂積が語る井上尚弥の凄さとは? そんな井上選手の強さについて、元世界3階級制覇王者の長谷川穂積さんは「スピード5、テクニック5、ディフェンス・パンチをよける能力5、アマチュアも含めた経験も5、パワーがマイク・タイソン」と、全てに秀でているとした上で、そのパンチ力を絶賛。 また、長谷川さんは「スパーリングも含めて100で打ってるでしょうね試合の時も。 でも、100で打つということは、空ぶった時のパンチをもらう。 相打ちになった時に、まともにもらうってことを考えるんで。 100で打ちたいんですけど、80、70でしか打てないのがボクサーなんですけど、彼はスパーリングでもそうですけど、試合でも100で打ちますからね」とコメント。 そうしたパンチの強さを生み出すのは、井上選手の強靭な脚力。 弟・拓真選手との合宿の場面では、低酸素マスクつけ、3日間で合計100キロを走り込む井上選手の姿が映し出されました。 あの破壊力抜群のパンチを生み出す土台は、こうした地道な努力で形成されたものなのでしょう。 井上尚弥が語る理想のボクサー像とは? 井上選手がプロになる時、所属ジムに出した条件が、「マッチメイクは強い相手でお願いします」。 この言葉を発した理由について、井上選手は「自分がプロ転向する時のプロボクシング界が好きじゃなかった。 勝てる相手を選んで試合をするそれがテレビで流れちゃうっていう時代だったんで」と、当時のプロボクシング界に疑問を持っていたことを吐露。 続けて、井上選手は「自分はそうじゃないと思ったし、やっぱりボクシングっていうのは真剣勝負、どっちが勝つかわからない試合をするからお客さんが熱くなるわけで。 辰吉丈一郎さんだったり、畑山隆則さんだったり、あの沸かした時代を取り戻したいのがあったんですよ。 それはパフォーマンスで客を引きつけるんじゃなくて、ボクシングを見に来たお客さんで溢れ返したかったんですよ」と、自身が思い描く理想のボクサー像について明かします。 激闘のドネア戦を終えた井上選手は、「プロフェッショナルとは?」という問いかけに、「自分の極めた、決めた道で、その力を見せる。 力だけを見せる。 ボクシングだけでファンを引き寄せる」と語り、番組を締めくくりました。

次の

井上尚弥に敗れた男たちの「その後」 2団体統一王者となった田口、44歳元王者は今なお...: J

井上 尚弥 プロフェッショナル

日本ボクシング史上最も優れたボクサーと言われる、 パワー、スピード、テクニック、経験、ディフェンス、全ての項目がぶち抜けていており、今まで日本で数多く誕生した世界王者とは1周りも2周りもレベルが違うことは周知の事実である。 のプロ契約書には「 弱いやつとは戦わない。 常に強いやつとのマッチメイクを条件に試合をすること」が記載されているそうだ。 そんな男にとっての プロフェッショナルとは、 自分が極めた道だけで力を示すこと、ボクシングであれば試合でファンを魅了すること、だとプロフェッショナル仕事の流儀で放送されていた。 この発言には、井上選手が世間の視聴者ではなくボクシング界全体に伝えたい事が含まれているように思える。 「 」 、この名前を聞いて何を想像するだろう。 「 どんなもんじゃーーい」と声高に叫び、ボクシング以上のパフォーマンスでファンを見せようとするスタイルだ。 とは大きく異なり、自分の試合だけではファンを魅了できないため、試合外のパフォーマンスで帳尻合わせしようとするのである。 「 相手選手に対するリスペクトを欠いたり、弱い選手とばかり試合を重ねてベルトを守ろうとする姿勢」について、選手は好まない事を主張していた。 ボクシングファンにとって、亀田との名前を並べるのはやめてほしいという人も多いくらいだ。 亀田は確かに幼い頃からの訓練で身に付けた実力があり世界王者にもなったが、ボクサーというより エンターテイナ ー だ。 一方、は ボクシングをより深く追い求める 職人である。 その違いを明確に自覚していたからこそ、プロフェッショナル仕事の流儀で「 自分にとってのプロフェッショナルとは、自分が極めた道だけで力を示すこと、ボクシングであれば試合でファンを魅了すること」と考えらえられる。 ボクシング界で最も権威ある米専門誌「」が16日、全階級のボクサーを格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を更新。 ()で優勝した スーパー&王者・(大橋)が順位を1つ上げ、自身初の世界3傑に入る快挙を達成した。 同誌の格付け評議会では伝説の名勝負となった決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦に対する評価が二分する形となったが、井上の「勢い」が評価されたという。 シンプルに言うと、両腕の殴り合いで 世界で3番目になったという事だ。 パウンド・フォー・パウンド(PFP) というのは、ボクシングには色んな階級がある中で、もしも全選手が同じ体重であるならば誰が一番強いのかというランキングである。 世界人口は、77億人とされているが、その中で3番目だ。 ボクシングはお金があまりかからないスポーツなので、西アフリカ諸国や南米、先進国と世界中に世界王者が存在し、比較的平等なスポーツである。 競技人口も入念に測れば、とてつもない人数になるだろう。 そんな中で、3番だ。 のような完成度を築く事が出来るボクサーは、日本で今後出てこないかもしれない。 その強さに、シリーズ後、ようやく日本社会がついてきたが時すでに遅し。 来年の2試合は米国で行われる事になっており、世界でその強さを見せつける日々が待っている。 rwandabox.

次の

ボクシング・井上尚弥がNHKの密着番組でわかりやすすぎる「亀田ファミリー批判」で波紋 (2019年11月14日)

井上 尚弥 プロフェッショナル

日本ボクシング史上最も優れたボクサーと言われる、 パワー、スピード、テクニック、経験、ディフェンス、全ての項目がぶち抜けていており、今まで日本で数多く誕生した世界王者とは1周りも2周りもレベルが違うことは周知の事実である。 のプロ契約書には「 弱いやつとは戦わない。 常に強いやつとのマッチメイクを条件に試合をすること」が記載されているそうだ。 そんな男にとっての プロフェッショナルとは、 自分が極めた道だけで力を示すこと、ボクシングであれば試合でファンを魅了すること、だとプロフェッショナル仕事の流儀で放送されていた。 この発言には、井上選手が世間の視聴者ではなくボクシング界全体に伝えたい事が含まれているように思える。 「 」 、この名前を聞いて何を想像するだろう。 「 どんなもんじゃーーい」と声高に叫び、ボクシング以上のパフォーマンスでファンを見せようとするスタイルだ。 とは大きく異なり、自分の試合だけではファンを魅了できないため、試合外のパフォーマンスで帳尻合わせしようとするのである。 「 相手選手に対するリスペクトを欠いたり、弱い選手とばかり試合を重ねてベルトを守ろうとする姿勢」について、選手は好まない事を主張していた。 ボクシングファンにとって、亀田との名前を並べるのはやめてほしいという人も多いくらいだ。 亀田は確かに幼い頃からの訓練で身に付けた実力があり世界王者にもなったが、ボクサーというより エンターテイナ ー だ。 一方、は ボクシングをより深く追い求める 職人である。 その違いを明確に自覚していたからこそ、プロフェッショナル仕事の流儀で「 自分にとってのプロフェッショナルとは、自分が極めた道だけで力を示すこと、ボクシングであれば試合でファンを魅了すること」と考えらえられる。 ボクシング界で最も権威ある米専門誌「」が16日、全階級のボクサーを格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を更新。 ()で優勝した スーパー&王者・(大橋)が順位を1つ上げ、自身初の世界3傑に入る快挙を達成した。 同誌の格付け評議会では伝説の名勝負となった決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦に対する評価が二分する形となったが、井上の「勢い」が評価されたという。 シンプルに言うと、両腕の殴り合いで 世界で3番目になったという事だ。 パウンド・フォー・パウンド(PFP) というのは、ボクシングには色んな階級がある中で、もしも全選手が同じ体重であるならば誰が一番強いのかというランキングである。 世界人口は、77億人とされているが、その中で3番目だ。 ボクシングはお金があまりかからないスポーツなので、西アフリカ諸国や南米、先進国と世界中に世界王者が存在し、比較的平等なスポーツである。 競技人口も入念に測れば、とてつもない人数になるだろう。 そんな中で、3番だ。 のような完成度を築く事が出来るボクサーは、日本で今後出てこないかもしれない。 その強さに、シリーズ後、ようやく日本社会がついてきたが時すでに遅し。 来年の2試合は米国で行われる事になっており、世界でその強さを見せつける日々が待っている。 rwandabox.

次の