エアコンランド。 「エアコンランド」「エアコン本舗」などエアコン販売3社、引き取りエアコンの横流しで、家電リサイクル法に基づく是正勧告

業務用エアコンのレンタル料金

エアコンランド

平成6年式 トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78)のエアコン修理にて入庫です。 今年の2月頃に、板金修理にて、エアコンガスチャージを実施したした車両ののですが、 エアコンが効かなくなったとのことで点検を実施。 調べてみるとガスがほとんど、はいっていない様子。 このような場合、逆算して考える必要があります。 ガスをいれてすぐに効かなくなるのなら、わかりますが、 作業を実施したのが2月の真冬で、おそらく納車以降、 エアコンを使うことはなかったはずです。 あるいは、エアコンを使っていても、北海道ではエアコンが効いているのかどうかわからないのが 実際のところで、雪が解けて暖かくなったところでエアコンを作動したところに、 効かないのがわかることが多いのです。 実際、今回の点検時にガス漏れ点検を行なうも、 そんなに反応がでないことからも、 長期にわたって漏れていたことが想定されるわけです。 探査剤を注入後、エアコンサイクルを作動させ、圧力を高めたところで、少し放置、 暗くなったところで、紫外線を照射してみます。 その結果、レシーバータンクのパイプ周辺から、目視で確認ができました。 (黄色く見える部分が漏れ箇所) おそらく、ここが漏れ箇所だと思われるのですが、 エアコン配管を一通り点検してみると、 怪しいところがいくつか確認できました。 ガス漏れ検知器でも、あまり反応が出ることはなく、 実際のところ、どのくらいの漏れ量なのかは、判断ができないものでした。 おそらく、レシーバー部分の配管のつなぎ目である、Oリングを交換すれば この部分での漏れは解消されるものと思われますが、 他の怪しい部分を考えると、いつもれるのかは、推測しにくいものがあります。 高年式の車両のエアコン漏れ修理の場合、このようなケースが非常に多く、 どこまで修理するべきか、判断に迷うことは珍しくありません。 そして、このようなケースでの修理方法はいくつかありますが、 おそらくガスがもれるのは1~2ヶ月くらいかかっていると想定できます。 その場合に有効な修理方法としては、エアコンガス漏れ止め剤があります。

次の

格安中古エアコン販売[1年保証あり]

エアコンランド

平成6年式 トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78)のエアコン修理にて入庫です。 今年の2月頃に、板金修理にて、エアコンガスチャージを実施したした車両ののですが、 エアコンが効かなくなったとのことで点検を実施。 調べてみるとガスがほとんど、はいっていない様子。 このような場合、逆算して考える必要があります。 ガスをいれてすぐに効かなくなるのなら、わかりますが、 作業を実施したのが2月の真冬で、おそらく納車以降、 エアコンを使うことはなかったはずです。 あるいは、エアコンを使っていても、北海道ではエアコンが効いているのかどうかわからないのが 実際のところで、雪が解けて暖かくなったところでエアコンを作動したところに、 効かないのがわかることが多いのです。 実際、今回の点検時にガス漏れ点検を行なうも、 そんなに反応がでないことからも、 長期にわたって漏れていたことが想定されるわけです。 探査剤を注入後、エアコンサイクルを作動させ、圧力を高めたところで、少し放置、 暗くなったところで、紫外線を照射してみます。 その結果、レシーバータンクのパイプ周辺から、目視で確認ができました。 (黄色く見える部分が漏れ箇所) おそらく、ここが漏れ箇所だと思われるのですが、 エアコン配管を一通り点検してみると、 怪しいところがいくつか確認できました。 ガス漏れ検知器でも、あまり反応が出ることはなく、 実際のところ、どのくらいの漏れ量なのかは、判断ができないものでした。 おそらく、レシーバー部分の配管のつなぎ目である、Oリングを交換すれば この部分での漏れは解消されるものと思われますが、 他の怪しい部分を考えると、いつもれるのかは、推測しにくいものがあります。 高年式の車両のエアコン漏れ修理の場合、このようなケースが非常に多く、 どこまで修理するべきか、判断に迷うことは珍しくありません。 そして、このようなケースでの修理方法はいくつかありますが、 おそらくガスがもれるのは1~2ヶ月くらいかかっていると想定できます。 その場合に有効な修理方法としては、エアコンガス漏れ止め剤があります。

次の

ランドクルーザープラド エアコン修理

エアコンランド

平成6年式 トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78)のエアコン修理にて入庫です。 今年の2月頃に、板金修理にて、エアコンガスチャージを実施したした車両ののですが、 エアコンが効かなくなったとのことで点検を実施。 調べてみるとガスがほとんど、はいっていない様子。 このような場合、逆算して考える必要があります。 ガスをいれてすぐに効かなくなるのなら、わかりますが、 作業を実施したのが2月の真冬で、おそらく納車以降、 エアコンを使うことはなかったはずです。 あるいは、エアコンを使っていても、北海道ではエアコンが効いているのかどうかわからないのが 実際のところで、雪が解けて暖かくなったところでエアコンを作動したところに、 効かないのがわかることが多いのです。 実際、今回の点検時にガス漏れ点検を行なうも、 そんなに反応がでないことからも、 長期にわたって漏れていたことが想定されるわけです。 探査剤を注入後、エアコンサイクルを作動させ、圧力を高めたところで、少し放置、 暗くなったところで、紫外線を照射してみます。 その結果、レシーバータンクのパイプ周辺から、目視で確認ができました。 (黄色く見える部分が漏れ箇所) おそらく、ここが漏れ箇所だと思われるのですが、 エアコン配管を一通り点検してみると、 怪しいところがいくつか確認できました。 ガス漏れ検知器でも、あまり反応が出ることはなく、 実際のところ、どのくらいの漏れ量なのかは、判断ができないものでした。 おそらく、レシーバー部分の配管のつなぎ目である、Oリングを交換すれば この部分での漏れは解消されるものと思われますが、 他の怪しい部分を考えると、いつもれるのかは、推測しにくいものがあります。 高年式の車両のエアコン漏れ修理の場合、このようなケースが非常に多く、 どこまで修理するべきか、判断に迷うことは珍しくありません。 そして、このようなケースでの修理方法はいくつかありますが、 おそらくガスがもれるのは1~2ヶ月くらいかかっていると想定できます。 その場合に有効な修理方法としては、エアコンガス漏れ止め剤があります。

次の