魔女 の 宅急便 なぜ 魔法 が 弱く なっ た。 魔女の宅急便のキキの魔法が弱くなった理由。

【魔女の宅急便】キキが魔力が弱まった理由は?キキとジジは話せるようになったの?

魔女 の 宅急便 なぜ 魔法 が 弱く なっ た

タイトルと本文は必ずしも一致するとは限らないのです。 最近、初見映画を観れてないです。 録画している映画が増え続ける一方です。 今月は1作品も消化してない。 HDDがパンクしてしまうのではないのか?と不安になる。 でも、少し無理をしてでも「観たい!」と思える作品が今のところ溜まってる訳ではないので、まぁいいか。 って感じもする。 年が明けてから大掃除を始めました。 年を越す前もなんとなく大掃除をしたのですが、そのやり残しをしています。 主に掃除したのはCD。 CDって嵩張るんですよね。 しかも等にぶち込んだら、CDは用無しになることも多いです。 それでもたまにCDで聞いたりもしますが、なくても良い。 だから処分しようと思ったんですが、やっぱり大好きなアーティストのCDを処分するのは躊躇してしまい、CD収納用のラックを購入しました。 これです。 色々と検索した結果 のアイテムが便利そうで、手に入れやすさや見た目のシンプルさに惹かれて購入。 思ったよりたくさん収納できるのでオススメです。 まぁ、正直、部屋を片付けたいのであればCDは処分すべきなんだろうけど、なんとなく捨てれないという最悪の状況ではあります。 CDってアーティストに対するお布施みたいなもんだよね。 3週間ほど待てば、レンタル開始するし、3000円でアルバムを買って、2400円くらいでメルカリとかで売ることもできるし、CDという媒介が時代遅れな気がするけど... という話はまたの機会にでも取っておきましょう。 んで、あとは自室のフローリングにワックスを塗りました。 床の磨き掃除をしていたところ、くすみが気になり、気になりだしたら、いてもたってもいられなくなって、次の日にはワックスを塗りました。 ワックスといえば「」な気がします。 使いやすくて、オススメ。 冬だったので、乾くか心配ではありましたが、薄く塗れば大丈夫でした。 ただ、前回 数年前 に塗ったワックスを剥離せずに塗ったので、ムラができました。 当たり前なんだけどね。 なので、GWあたりに剥離をしてからワックスを塗る計画を立てました。 2016年にやりたいことが1つできました。

次の

魔女の宅急便のラストシーン!ジジが言葉を話さなくなった理由は魔法の力がなくなったから?

魔女 の 宅急便 なぜ 魔法 が 弱く なっ た

トンボへの恋心、成長に伴う身体と心のバランスの変化 どちらも影響していると思います。 原作ではトンボがキキの箒を折ってしまうというくだりがあり それはトンボの存在がキキに変化をもたらしているという事を描いているのだと思います。 しかし、映画に於いては箒を折るのは魔法の力が弱くなって焦るキキ自身だったので 映画はトンボが果たしている役割を原作とは少し違えているのではないかと思います。 映画でもトンボとの関わりがキキの魔法の衰弱と絡めて描かれています。 キキはお使いでトンボの家へ行き、彼が人力飛行機の操縦士だということを知ります。 そして、飛行機の動力部である自転車の試運転にお付き合いして二人乗りで海に行く。 キキが飛べなくなったのはそこから歩いて家へ帰ってきて ジジの言葉が分からなくなっている事が分かってからでしたね。 街に飛行船がやってきて、飛べなくなって焦っているキキを見降ろして トンボが空を飛んでいる。 それでもトンボはキキが飛べなくなったことに そんなに大きな影響は与えていないだろうと私は思います。 キキがグーチョキパン店にお世話になる時 ジジが小麦粉だらけの部屋を歩いて「明日になったら白猫になっている」というセリフが出てきますが この黒ネコが白猫になるというのが後のキキを言い当てているのではないかと思うのです。 いわゆる伏線ですね。 黒い魔女が白いパン屋さんに白くされるという図式。 黒い色は魔女の色で魔法を象徴しています。 そしてその黒を白くされるというのは魔法を失うということです。 これは人物の内面を色で表現しているのではないかという意味です。 故郷を離れ、馴れない都会で一人暮らしを始めたキキにとって暮らしそのものが修行といえます。 特に魔法の修行をするわけではなくキキが本来もっている空を飛ぶという能力(個性)を 新しい環境であるコリコの町で生かして暮らすというのが魔女としての修行になる。 たった13歳の少女ですから暮らすだけでも大変です。 大げさにいえば毎日がキキにとっては戦いだったでしょう。 なんとなく自分は魔女なんだから皆から受け入れてもらえるという期待は 街の人のよそよそしい態度で、来た早々打ち砕かれてしまう。 そんなキキにとって、自分を受け入れてくれて街の中で生き生きと暮らしているオソノさんは 身近にいてお手本になる存在だったのではないでしょうか。 憬れの存在は近所に住んでる白猫の飼い主のお姉さんだったかもしれませんか 一番影響を受けるのはオソノさんだったと思います。 オソノさんも善意でキキの面倒をみるのですが それはキキを普通の女の子として扱うことになり 魔女としての彼女の力、魔法の力を殺いでしまう。 キキがテーブルの上で一緒に食事をしていたジジに 寝込んだキキの代わりに食べ物を与える時 オソノさんはジジの食事を床の上に餌として置きます。 もちろん善意の行為です。 そのようにしてオソノさんは結果的にキキの心を変えていったのではないでしょうか。 飛ぶことが唯一の魔女の証だったキキは変わっていく自分の心に必死に耐えなければなりませんでした。 そうしたキキの閉じた心を開かせたのはトンボです。 二人で自転車で転んだ時、眼鏡のずれたトンボの表情を見てキキは心からの大笑いをしますが それまでオホホという感じで笑っていたのに、豪快なオソノさんそっくりの笑い方で笑っているように私には思えます。 キキがそんなに笑ったのは、トンボのその表情は映画の冒頭でロープに足を取られて転びかけた時見られたキキのお父さんの表情にそっくりだったからです。 普段からお馴染みの表情だったのでしょう。 その笑いはキキがいままで変わるまいと頑張ってきた心が、蕾が花開くように一気に開いた瞬間だったのではないでしょうか。 しかし、その心はもはや幼かった頃の何も考えずに飛べたあの心とは違っていた。 キキが魔法を使えなくなった(一時的ですが)のはその瞬間だったのではないかと私は思います。 私はキキとスケートの浅田真央選手がダブるのですが、真央選手が恋をしたのかは分かりませんが大人になっていく心の変化というのは、そう思います。 具体的には迷いなのではないでしょうか。 幼い頃は世界はもっと単純だったと思います。 それだけにやりたい事、好きな事に集中でき、何より自分に正直でいられたでしょう。 大人になるにつれていろんな考えがあることを知っていきます。 その中に本当の自分が埋もれて分からなくなってくることもあるのではないでしょうか。 それと身体的変化はとても影響が大きいと思います。 男女問わずそうでしょうが特に女性は別人になるといってもいいほど劇的に変化すると思います。 女性は生物学的にも人間の基本形で生命を生み出せる神秘的な存在です。 その身体のしかも変化をコントロールするのは大変な事でしょう。 それでも天性の才能を持っているのだから、挫折、苦悩を経て今の新たな自分を見つけ、今年世界戦で優勝し女王に返り咲いた安藤美姫選手のようにキキも真央選手もいづれ大人の女性として力強くガンガン魔法を使っている事でしょう。

次の

魔女の宅急便のキキって何で急に魔法が使えなくなったの?「少女が大人になる、モラトリアムからの脱却」「女の子はわかるってパヤオが言ってた」

魔女 の 宅急便 なぜ 魔法 が 弱く なっ た

もくじ• html 実際魔女とほうきには昔から伝わる関係があったようです。 実際は飛んでいなかった?! 魔女を描写するとき、ほうきで空を飛んでいることが多いのですが、 実際には空を飛ぶなんてことは、やっぱりなかったみたいです! 実は、本当に空を飛んでいるのではなく、 意識だけ、精神だけが空を飛んでいるような、 もしくはそれ以上の気分になっていたそうなんです 魔女は英語で言うと、『Witch ウィッチ 』ですが、 このWitchの古い英語は『Wicca』となります。 Wiccaは元々、『賢い女性』を指す言葉で、 薬を調合したり、病人の治療をしたりしていたようです。 そんな風にしていたわけで、 自分の身の回りを常に清潔を保つために掃除を怠らなかったので、 Wiccaはほうきを持っているイメージが民衆に強くつきました。 またWiccaたちはとても賢いので、 民衆たちには理解のできないものを調合していき、 不思議な薬を完成させることができます。 それだけでも民衆からしたら不思議だし、 なによりも得体の知れないものを作っていることで、 恐ろしく不気味に感じたのでしょう。 そのうえ、Wiccaたちには特別な催眠の秘薬がありました。 それをほうきに塗り、その上にまたがると、 途轍もない快楽を得られるんだそうです。 その光景もまた、民衆を不思議がらせたことでしょう。 そういったことを、当時盛んだった魔女狩り裁判で、 魔女として拷問された人々が 「ほうきにまたがり空を飛んで、サバトへ行った」 と自白したことを皮切りに、この『魔女はほうきで空を飛ぶ』という説が有名になったそうです。 実際には空を飛んでいないけど、 空を飛ぶような快楽が、魔女たちにはあったみたいです。 ほうきでないとダメな理由とは? 上で紹介した通り、魔女は賢い女性のことを指しますが、 それ以外にも巫女だったりシャーマンのような役割を持った人のことも指します。 ほうきには元々、 呪術的な信仰の対象であったり、 産婆さんの象徴であったりもしたので、 賢い女性=魔女=ほうきという図式が成り立ったのではないでしょうか? 必ずしも魔女はほうきに乗っているというわけではありません。 熊手や豚、ヤギのしっぽなんかでも飛んでいたそうです。 ほうきの柄が意味するものは? ほうきの柄に女性がまたがることは、 『性的な意味合い』=『キリスト教的にアウト』であるということらしいです。 キリスト教では性的な快楽をタブー視しており、 魔女たちの行いである『ほうきにまたがる行為』は、 宗教的に良くないこととされていました。 また、女性上位という考え方も、キリスト教の教えとは合わなかったようで、 キリスト教の教えに沿わない人たちを魔女狩りと称して、処刑していたそうです。 どうしてほうきだけが特別扱いされたのかわかりませんが、そこにはほうきならではの理由や、 象徴としての意味があったとされています そのほかにも、結婚式でほうきを飛び越える儀式をしたり、 今もイギリスの田舎の方では「幼い女の子はほうきにまたがってはいけない」 と言い伝えられています。 キリスト教的には、人は垣の中にいて、 外に出れば戻ってくることはできないとされていました。 中と外を行ったりできたのは、神だけだったのです。 しかし、『魔』も同じように中と外を自由に動けたので、 キリスト教徒は『魔』をとても嫌いました。 ほうきはその垣とする考えもあり、 それをまたぐ・越えるものを同じ『魔』として扱いました。 その『魔』は男性よりも女性が多かったので、 『魔女』という呼び方が広がっていったそうです。 photo-ac. エニシダはしなやかで、折れにくくほうきにはぴったりの素材です。 その原因がスパルテインと呼ばれる成分で、 現代では劇薬として扱われていて、 不整脈などを起こしてしまうようです。 エニシダはとても美しく、鮮やかな色の花を咲かせるそうで、 花言葉は『純潔』『上品』『清楚』など、 上で挙げてきた魔女の印象とは、似ても似つきませんね。 日本で葉の落ちた竹の枝を束ねてほうきにしたように、 あちらではエニシダの枝を束ねて、実用的なほうきとしていたのでしょう。 魔女につきまとう黒のイメージ 魔女といえば黒いマントを羽織っている、 というようなイメージを持ちますよね。 どうして黒というイメージが強いかというと、 やはりイラストの魔女たちは黒いマントを羽織っていて、 ほうきに乗っていることが多いからだと思います。 なぜ魔女=黒なのかというと、 黒には悪いイメージがあるからです。 このイメージというのは最近になってできたもので、 特に歴史的な理由とかはないみたいですね。 ただ、魔女狩りが流行っていたころ、 白魔女と呼ばれる人々もいたようで、 この白魔女は同じ魔女でも悪いことをしない魔女として、 民衆から支持を得ていたそうです。 pakutaso. html 魔女のほうき星雲と呼ばれる、 星の爆発によって生まれた、 星の残骸がはくちょう座の近くに存在するんです。 その見た目はとても美しく、青や赤が主体の色となっています。 この美しい魔女のほうき星雲の色は、 星の爆発によって暴れまわるガスと周辺のガスがぶつかり合うことで生まれます。 その見かけはなんと満月の3倍以上もあり、 天文写真で見かけると、その美しさに見とれてしまうほどです。 魔女気分で飛びたい人へ なんとこの日本に、 魔女気分で飛べる場所が存在するんです! その場所というのが、香川県にある 小豆島オリーブ公園なんです!.

次の