肩 甲骨 はがし やり方 セルフ。 肩甲骨はがしの効率的なやり方! セルフで徹底的にはがしてやるにはどうすれば!?

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ|OTONA SALONE[オトナサローネ]

肩 甲骨 はがし やり方 セルフ

「筋膜はがし」や 「筋膜リリース」とも呼ばれ、 様々なテレビ番組で紹介されて、 話題沸騰中なんですよ! 今日は「肩甲骨はがし」で肩こり解消できる ストレッチのやり方を紹介しますね。 「肩甲骨はがし」とは? 「肩甲骨はがし」という恐ろしい名前のストレッチですが、 実は 恐ろしいほど肩こり解消に効果がある方法なんです。 以前「世界一受けたい授業」でも医師が、 効果的な肩こり改善方法として紹介していました。 整体院でも施術を受けることができますが、 「肩甲骨はがし」の魅力は、 自宅でセルフケアできる という所です。 お金をかけずに自宅で好きな時間に リラックスしてストレッチでき、 即効性もあるのが人気の秘密。 特別な道具を用意しなくても良いのが 嬉しいですよね。 さらに肩こり解消だけでなく、 様々な体の不調を整えてくれます。 「肩甲骨はがし」の効果 「肩甲骨はがし」には肩こり解消以外にも たくさんの効果が期待できます。 期待できる効果を紹介していきます。 肩こり解消 肩甲骨まわりの筋肉を柔らかくほぐすことで、 血流が改善し肩こり解消できます。 猫背解消(姿勢矯正)&腰痛改善 肩甲骨まわりの筋肉をほぐすことで、 丸まった背中が自然に伸び、 正しい姿勢に矯正されます。 姿勢が悪いことが原因で起こる腰痛も 同時に改善することができます。 体のラインを美しくする効果 肩甲骨まわりの筋肉をほぐすことで 正しい姿勢になります。 姿勢を正すことで 背中がスッキ リし、 体のラインが美しくなる効果があります。 ダイエット効果は? 肩甲骨はがしにはダイエット効果があると 以前ネットでも話題になっていたのですが、 直接的な効果は残念ながら無いようです。 体のラインはキレイになりますが、 脂肪燃焼効果はないため、 体重減少には繋がらないみたいですよ。 参考記事がありましたので、 興味のある方は見てみて下さい。 自宅でできる「肩甲骨はがし」のやり方 自宅で簡単にできる「肩甲骨はがし」ストレッチの やり方を紹介します。 YouTubeに解説動画がありましたので、 見ていきましょう。 肩甲骨まわりの筋肉の状態をチェック 両腕を背中に回して(片方は上から、もう片方は下から)、 両手をつなぎます。 指先がどのくらいの所まで組めるかを チェックしておきます。 準備運動 両肘を曲げて肩に指先を乗せた状態で、 肩を外側に5回、内側に5回まわします。 肩甲骨はがしストレッチのやり方 その1 両肘を曲げた状態で横に開きます。 横に開いた状態から、腕を真上に伸ばします。 腕を下ろして、胸を張ります。 背中が丸くなったり、前かがみにならず、 背筋が伸びた状態にします。 胸を張って背筋が伸びた状態のまま、 左右に上体をひねります。 これを3セット~5セット行います。 上体が前に倒れてしまったり、 背中が丸くならないように、 胸を張って背中を伸ばすようにしましょう。 腕が持ち上がるギリギリの所まで 手を上げたら、 左右に上体をひねります。 3セット~5セット行います。 ストレッチが終わったら・・・ 準備運動と同様に、 両肘を曲げて肩に指先を乗せ、 肩を外側に5回、内側に5回まわします。 そして最初にやった肩甲骨まわりの 筋肉の状態チェックをします。 最初よりも指先が組めるように なっているはずです。 私も少し指先が組めるようになった 感じがします。 毎日続けるとかなり効果がありそうです! 「肩甲骨はがし」で実感できたこと 「肩甲骨はがし」ストレッチを始めてから、 今日で3日目になりますが、 体全体が軽くなった実感があります。 今まではPCに向かっていると 背中が丸くなりがちで、 肩や腰に負担を感じていました。 ストレッチを始めてからは、 特に意識しなくても 背筋が自然に伸び、 正しい姿勢を保ったまま PCで作業できるようになりました。 姿勢が正しくなると、 目とPC画面との距離も遠くなったので、 目も疲れにくくなった感じがします。 仕事中、気軽にできるストレッチなので、 気分転換になって良いですね。 そうそう!そういえば私、 最初に大きな失敗をしてしまいました。 肩甲骨はがしは危険なの?(追記:2017年1月24日) 「肩甲骨はがし」がブームになり、 2年以上経ちましたが、 今でも 「筋膜はがし」「筋膜リリース」と、 テレビで紹介されることが多いですよね。 注目されたことで出てきた噂が、 「肩甲骨はがしは危険!?」というもの。 ネットにも危険だという情報を、 よく見かけるようになってきたので、 じっくり読んでみたところ、 一つの事実に行き当たりました。 それは、「肩甲骨はがし」に関する、 認識の違いがあるということ。 危険だと断言している発信元は、 ほとんどがプロの整体師さんによる、 情報なのですが・・・ 2通りの情報があることに、 気付いてしまったんです。 肩甲骨はがしに関する認識の相違点 私達がテレビや本で見かける、 筋膜リリース(筋膜はがし・肩甲骨はがし)は、 肩こり解消用のストレッチですよね。 でも、ネットに転がっている、 肩甲骨はがしは危険という情報には、 私達が一般的に認識しているものとは、 性質の全く異なるものがありました。 危険な肩甲骨はがしは全くの別物! それは、 水泳を上達させるための、 肩甲骨はがしというもの。 昔、子供が上手く泳げないのは、 肩甲骨がくっつきすぎているからという、 独自の見解を持っている、 スポーツクラブの指導員がいたのだそう。 そこで肩甲骨を無理矢理はがすため、 子供達同士で下敷きやしゃもじを使い、 お互いの肩甲骨の間を、 擦ったり叩いたりさせたんだとか。 想像しただけで恐ろしいですよね。 この危険な剥がし方が、 広まりつつあったため、 プロの整体師さん達が、 「肩甲骨はがしは危険」と注意を促した、 ということなんです。 つまり、今注目を浴びている、 肩甲骨はがし(筋膜はがし、筋膜リリース)とは、 性質が全く違うものなんですね。 もう1つ、危険だと言われている、 理由があります。 痛みがあるのに肩甲骨はがしをやるのは危険 肩甲骨はがしストレッチをする時に、 注意事項として必ず挙げられるのは、 痛みがある場合や、 ストレッチ中に痛みが出た場合には、 すぐに中止するということ。 肩甲骨はがしストレッチが危険だと、 注意を促しているプロの整体師さんが、 口を揃えて言っているのが、 痛みがあるのにやるのは危険、 ということなんです。 痛みが出ているのにも関わらず、 ストレッチを続けることで、 痛みが悪化してしまいます。 整体院での施術では、 患者さんの様子を察知して、 すぐに施術を止めることは可能ですが、 セルフだと自己判断になりますよね。 注意事項を守れば問題ありませんが、 守らずに痛みがあるのに続けると、 危険だと注意を促してくれているわけ。 肩甲骨はがしストレッチ自体が、 危険なものというわけではない、 ということがわかりましたね。 肩甲骨はがしが肩こり解消に効果的な理由 2017年1月20日にTBSで放送された、 「金スマ」に筋膜研究の第一人者、 理学療法士で医学博士、 首都大学東京の教授、竹井仁先生が、 出演されていました。 肩甲骨はがし(筋膜はがし、筋膜リリース)が、 なぜ肩こり解消に効果的なのか、 丁寧に解説してくれましたよ。 筋膜は全身を覆うボディスーツのようなもの まず筋膜はがしの筋膜とは、 どんなものなのかと言うと・・・ 筋膜とは筋肉を包む、 伸縮性のある膜のことを指します。 繊維の束である筋肉を、 正しい位置や形に留める、 重要な役割があるんですね。 筋肉を包むと言っても、 筋肉だけを覆っているわけでなく、 筋肉の中にまで入り込んで、 全身を包み込んでいるんだとか。 体全体に繋がっている膜なので、 「第2の骨格」とも言われています。 つまり、人間の体は、 筋膜というボディスーツに包まれ、 体の状態を保っているんですね。 筋膜と肩こりの関係性はどうなのか? では、この全身を包む筋膜と肩こりに、 どんな関係性があるのでしょうか? 竹井先生によれば、 肩こりの真の根源は筋膜にあるとのこと。 従来の肩こり解消法と言えば・・・ 整体、ストレッチ、マッサージ等ですよね。 これらの従来の肩こり解消法は、 筋肉の硬さを一時的に柔らかくする、 という点では効果はありますが、 根本的な解消には繋がらないんだとか。 筋膜の歪みを正すことで、 根本的な肩こり解消になるそうです。 筋膜の歪みとは一体何なのか? では、筋膜の歪みとは、 一体何なのでしょうか? 肩の内部を超音波で見てみると、 「僧帽筋」と「肩甲挙筋」の、 2層に分かれていますが、 間に挟まれているのが「筋膜」。 筋膜が歪んでいると、 筋膜がぎゅっと寄り集まって、 厚くなってしまうんだとか。 これが 肩こりの元凶となる部分。 歪んでいなければ、 筋膜が寄り集まらずに済み、 真っ直ぐ滑らかになりますが、 歪んだ筋膜の周辺の筋肉は、 硬くなってしまうそう。 これは、筋膜の歪みが、 血流を圧迫しているからなんです。 筋肉が硬くなり肩こりになるのは、 この 筋膜の歪みにより、 血液の流れが悪くなるからなんですね。 筋膜が歪んでしまう原因 筋膜が歪む原因は次の通りです。 ・悪い姿勢。 ・横向きになって寝る時に、 下になる方の肩甲骨が前になってしまって、 巻き込み肩になり筋膜がねじれる。 ・長時間の同じ姿勢。 ・疲労。 つまり、慢性的な肩こりを解消するには、 筋膜の歪みの解消が重要なんですね。 ということで、 肩こりの根本的な解消には、 筋膜の歪みが解消できる、 肩甲骨はがしが効果的なんです。 でも、慢性的な肩こりの原因は、 肩の筋膜の歪みだけではありません。 肩こりの原因は肩の筋膜の歪みだけではない 肩こりというくらいですから、 肩の筋膜の歪みだけが、 原因のような気もしますが、 実は肩だけが原因ではないそう。 筋膜は全身で繋がっているので、 肩こりの原因は、 肩の筋膜の歪みだけに限らないのだとか。 例えば、手首が疲れていたとしましょう。 手首が疲れると筋膜が収縮し、 引っ張られて歪んできます。 すると、筋膜を引っ張られまいとして、 肩が余分な力を入れて、 筋膜を戻そうとするんですね。 そのため、肩が張り肩こりになる、 ということなのです。 肩の筋肉だけをほぐしたところで、 肩こりが治らない理由は、 そこにありました。 よって肩の筋膜の歪みだけでなく、 歪んだ全身の筋膜を正しく戻さないと、 肩こりの根源を排除できない、 ということなんですね。 歪んだ全身の筋膜を正しく戻し、 肩こりの根源を取り除くのに、 効果的なのが、 肩甲骨はがしストレッチなわけです。 肩甲骨はがしにおすすめの本を紹介 肩甲骨はがしストレッチ用の、 おすすめの本があるので紹介しますね。 それは筋膜研究の第一人者である、 金スマにも出演された、 竹井仁先生の著書です。

次の

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ|OTONA SALONE[オトナサローネ]

肩 甲骨 はがし やり方 セルフ

最近、肩こりがひどく、身体のだるさや頭痛などの症状がある方はいませんか? 実は、パソコンでの作業や長時間のスマホなどの使用で、筋肉が硬く 肩甲骨の可動域が狭くなることで神経が圧迫され、身体のだるさや頭痛などの症状が起こってしまうんです。 Contents• 肩甲骨をゆるめれば肩こり・猫背改善、バストアップ効果も! 肩甲骨はがしと聞くとなんだか怖そうですが…肩甲骨をべりっとはがすわけではなく、 肩周りの筋肉を柔らかしてくれるストッチのことです。 IT社会の現代PCやスマホの利用で、大人だけでなく若い子も肩こりに悩まされています。 つまり同じ姿勢をとっていることで筋肉が固まり、 肩甲骨の動きが悪くなってしまっていることが原因で、猫背の原因にもなっているんです。 そこで、肩甲骨はがしで肩甲骨の筋肉を柔らかくすることで、肩こりだけでなく 猫背も改善できるというわけなんです。 そして女性に嬉しい バストアップ効果ですが、なぜ肩甲骨はがしでバストアップできるのかというと、 リンパの詰りが解消できることで バストアップ効果が期待できるんです。 胸はエストロゲンが血液で乳腺に運ばれ大きくなるのですが、肩こりで筋肉が硬くなっていると、肩周辺のリンパも圧迫され血液の循環が悪くなります。 肩こりがバストアップを妨げているわけなんです。 そこで、肩甲骨はがしで肩周りの筋肉をほぐしてあげることで血液循環をよくし、 バストアップ効果が期待されるんです。 脳に十分な血液が回らないことで、頭痛はもちろん、イライラや立ちくらみ、めまいなどの症状を引き起こしてしまうのです。 また、リンパや血管の圧迫で頭皮までも硬くし、 薄毛や抜け毛の原因にもなっているんです。 肩甲骨と骨盤の動きは連動しているため、肩こりで肩甲骨の動きが悪くなると骨盤のゆがみにも影響し、見た目にも変化が出てきてしまいます。 まず、骨盤がゆがむことにより 下半身に脂肪が付きやすくなります。 これは、骨盤のゆがみが原因でリンパが圧迫され、老廃物が流れなくなってしまっているからです。 また、骨盤がゆがむことで筋力が落ち、便秘になったり腰痛に繋がってしまうので、肩甲骨周りをほぐし 筋肉を柔らかくすることで、リンパの流れが良くなり 骨盤のゆがみも解消されていきます。 女性の多くが悩んでいる、 便秘や下半身の脂肪などの原因が肩こりだったとは驚きですよね。 しっかりと肩甲骨はがしのストレッチを行い、筋肉を柔らかくして、血液やリンパの流れをよくしていきましょう。 まずは自分の肩甲骨がどんな状態なのか、セルフチェックをしてみましょう。 それから上に向かって動かすことができればOK。 出来ない場合は、筋肉が硬くなっていたり、 猫背になっている可能性があります。 出来ない場合は、 筋肉がろっ骨に張り付いている可能性があります。 いかがでしたか?今の肩甲骨の状態を把握し、肩甲骨はがしをした後の状態と比べてみてくださいね。 肩甲骨はがしで血液やリンパの流れを良くすることで バストアップ効果があります。 なので、肩甲骨を動かすことで細胞が活発になり脂肪を燃焼してくれるんです。 筋肉が硬くなることで猫背にもなってしまいます。 肩甲骨をほぐすことで 猫背も改善できますよ。 その猫背を治すことが フェイスアップ効果に繋がるわけです。 胸の高さまで手をおろしたら、 状態を左右にひねります。 これを3~5セット行います。 下に下げたら 左右に動かし、 元の位置に戻ったらいったん力を抜きます。 これを3~5セット行います。 続けてやることで筋肉が柔らかくなっていきますよ。 道具を使った肩甲骨はがしの方法 今回はどの家庭にもあるタオルを使った、肩甲骨はがしの方法をご紹介します。 タオルの 真ん中を肩甲骨に回し、タオルの端を左右の手で持ちます。 (脇からタオルが出てくるようにセットします) 2. 肩甲骨を動かすイメージで、タオルを持った 手を交互に前に出します。 (背中を洗うような感じですね) 3. 肩甲骨の下までタオルを下げ、 2の動きをします。 次にタオルを 身体の前で、引っ張るように 両手で持ちます。 (左右の手は肩幅より少し広く開きます。 ) 5. 腕を上げます。 頭の後ろにタオルが来るように腕を下げます。 呼吸をしながらゆっくり行ってください。 肩甲骨はがしの動画 百聞は一見にしかず、ということで動画での肩甲骨はがしのやり方をご紹介します。 自分の身体に合ったストレッチ方法を選んでみましょう。 肩甲骨はがしのまとめ 肩甲骨はがしで肩こりを改善することで、 肩こり改善だけでなく様々なメリットがありましたね。 \ SNSでシェアしよう! / ボディーケアの達人 l 女性の健康・美容ケアの総合情報サイトの 注目記事を受け取ろう• php on line 460.

次の

肩甲骨はがしは自分で簡単にできる!ストレッチのやり方やセルフチェック方法を徹底解説!

肩 甲骨 はがし やり方 セルフ

肩甲骨が癒着すると? ひどい場合は猫背になり、お腹の筋肉やお尻の筋肉が上手く使えなくなるのでお尻がたるんでしまう。 姿勢が悪くなると血行も悪くなるので肩こりになったりもする。 肩甲骨は三角形の骨で天使の羽みたいな感じです。 肩甲骨はいろいろな筋肉がついています。 だから背中をスライドするように縦横、自在に動かせる。 この筋肉が癒着してしまうと肩甲骨が動かせなくなり姿勢が悪くなります。 本来は背骨の近くにある肩甲骨が外側にズレてしまいます。 外側にズレて徐々に上に上がってしまう。 肩甲骨をはがすと肩の動きも良くなり、首の動きも良くなり背中に溜まった脂肪も燃えやすくなります。 下準備、皮膚を引っ張る。 いきなり肩甲骨についてる筋肉を直接動かそうとしても動きません。 まず 皮膚から剥がします。 肩甲骨周辺の皮膚を軽くつまんで上に引っ張る。 皮膚がくっついている場所は滅茶苦茶痛いです。 場合によってはつまめない事もあります。 無理せずできる範囲でやりましょう。 皮膚をつまんで上に持ち上げた時に痛くない場所は筋肉と皮膚が癒着していないところ 皮膚をつまんで上に持ち上げた時に痛い場所は癒着しています。 正直、場所によっては滅茶苦茶痛い、鋭い痛みが出るので無理せず気長にやっていきましょう。 肩甲骨を全体的に動かす 肩甲骨は肩を動かせば動きますが肩甲骨だけを動かす場合は 手を肩、僧帽筋において置くと肩の関節がロックされて肩が回らなくなります。 こんな感じで肩をロックします。 右の肩甲骨を動かす場合は右手を右肩において肩を回すように時計回り、反時計回りに10回回します。 実際にやってみましたが思った以上に動かなくてびっくりです。 なんか肩甲骨の背骨に近い方が刺激されている感じがします。 小胸筋をほぐす 肩甲骨から前側の肋骨についている小胸筋をほぐしていきます。 ここの筋肉が固くなると肩甲骨を前に倒してしまう。 猫背の原因になります。 やり方は肩の頂点から手のひら1個分を斜め下にズラします。 ズラした所を指3本で抑える、押す感じですね。 そうするとコリコリした部分があると思います。 そこを押して指を引っ掛けるように斜め下に圧をかける。 この状態でフリーな方の腕を真っ直ぐ伸ばし大きく肩を後ろに回します。 抑えた指が動いてしまいますが動かないようにしっかり力を入れて耐える。 そうすると小胸筋がストレッチされて伸びます。 回す回数は10回くらいです。 肩甲下筋と前鋸筋を緩ませる。 体の外側にある肩甲骨と筋肉の癒着をはいでいきます。 皮膚を引っ張り癒着をはがした後に前鋸筋をほぐしていきます。 前鋸筋が猫背とか二の腕のたるみの大元、原因になります。 凝り固まっていると、どんなに二の腕を引き締めるエクサイズ、筋トレをしても効果が薄い 普段から腕を振っていれば大丈夫なのですがしっかり腕を振れていない人が多く 前鋸筋と肩甲下筋は常にほぐしておいた方がいいです。 前鋸筋は肋骨についているインナーマッスルの事 肩甲骨の外側から脇の下にかけてある筋肉を前鋸筋と言います。 これが無茶苦茶に固まっていて肩甲骨と癒着して大変な事になっています。 肩甲下筋は肩甲骨の裏側についている筋肉。 裏側の筋肉なので普通にストレッチをしても伸びたりしない筋肉。 前鋸筋をほぐす まず、ほぐす方の腕を上に挙げます。 そうすると前鋸筋が見えるので肋骨に沿って横にほぐしていきます。 指でグリグリとほぐしていきましょう。 場所によっては結構、痛いかもしれないので無理せず気長にやりましょう。 肩甲骨下の角周辺が一番、固くなっていますのでそこを重点的にほぐします。 触って分かるくらいゴリゴリしていました。 肩甲下筋のほぐし方 肩甲骨下の角に指を添えて、そこから親指を脇の下に押し込むとゴリゴリした筋肉にぶつかります。 骨の内側から親指が入るようになります。 親指でグリグリと肩甲骨から剥がすようなイメージでほぐしていきます。 脇の下から肩甲下筋が触れるのでほぐせるのですが滅茶苦茶痛い kesuikemayakuは痛みに強い方なので大丈夫ですが人によってはかなりきついかもしれません。 デスクワーク、パソコンを使う人やスマホを使っていると肩甲下筋は固くなりやすいです。 グリグリと肩甲下筋をほぐしていくと肩が軽くなったように感じたら終了です。 ほぐし終わったら鏡をチェックしてみてください。 ほぐした方の肩は下がっているはずですよ。 脇の下に指を突っ込むので抵抗があるかもしれないけど蹂躙するようにゴリゴリするのがポイント バンザイをして肘を体に寄せる 最後にストレッチとしてバンザイをしてから肘を曲げて体よせていく運動をします。 肩甲骨をグッと背骨に寄せていくイメージ バンザイ、肘を体に寄せる、バンザイ これを10回繰り返す。 これをする事で外側にズレた肩甲骨が真ん中に寄って下に下がってきます 肩甲骨が正常な位置に戻るように動かしてあげます。 kesuikemaykuが実際にやってみたら背中がす~っとしたというか滞っていたものがスムーズに流れるのを感じて超気持ちいい まとめ 肩甲骨はがしをする事で肩こり、首コリ、猫背、四十肩、五十肩、ストレートネックなども改善できます。 実際にやってみて分かったのですが思った以上に肩甲骨がガチガチなっていました。 最初に肩甲骨周辺の皮膚をひっぱり伸ばすのがポイント。 結構、マイナー筋肉を動かすから痛かったり動かしづらかったりするけど効果は抜群です。

次の