女児失踪事件。 群馬県女児失踪事件 保険金 父親

失踪・行方不明事件ランキング20選!解決・未解決別で紹介【2020最新版】

女児失踪事件

テレビで度々報道される失踪事件ですが、ニュースにならないものも含めると行方不明者の数は毎年10万人に上ると言われています。 この数を聞くと、自分には無縁なこととは思えない怖さを感じませんか? 家出や事件性のなく、忽然と姿を消してしまう行方不明に対して、『神隠し』という言葉が使われます。 神隠しは、もどういうので、なぜ起こるのでしょうか? 謎の多い『神隠し』と呼ばれる事件でも、考えられる原因はいくつかあります。 中には後日、実際に解決しているケースもあります。 これらを読み解くことで、今も未解決となっている事件を推理することはできるかもしれません。 神隠しと言われる事件の真相に迫ってみました。 日本で起きた神隠し事件17 【真相】と【考えられる原因】 興味のあるところから読んでくださいね• 神隠しとは ある日突然、何の前ぶれもなく人が忽然と姿を消してしまう現象のことを『神隠し』と言います。 神様や物の怪の仕業としか思えないような不自然な状況で人が消えることからこの名がつきました。 昔の日本は現代のように交通網が整備されておらず、山や森で人がいなくなることがほとんどでした。 そのため、山の神や森の神の仕業であると考えられていたようです。 神の中には天狗や鬼などの物の怪も含まれていたため、 『 天狗隠し』や 『 鬼隠し』とも呼ばれていました。 また、神隠しに遭いやすい人、そうでない人がいるとも言われています。 神隠しに遭いやすいのは、小さな子供や知的障害者、産後の女性などとされています。 精神的に不安定なとき、ふと神隠しに遭ってしまうのかもしれません。 ただ、はっきり意志を持った大人でも、精神的に弱っているときは心に隙間ができてしまうものです。 そんな小さな隙に、ブラックホールは入り込むのでしょう。 古くから伝わる神隠しの言い伝え それでは、日本では実際にどんな神隠しがあったのか、古くから伝わる言い伝えを見ていきましょう。 きつねにさらわれた幼児 新潟県に伝わる言い伝えでは、木こりの娘である幼児がある日忽然と姿を消しました。 両親は毎日探し回り、狐が棲む穴に赤飯を備えて歩きました。 行方不明後しばらくして、繰り返し探しても見つからなかった場所で、息絶えた女の子が発見されたそうです。 姿を消してから何日も経っていたにも関わらず、その子は肌つやもよく、栄養状態もよく、まるで眠っているかのような姿だったそうです。 女の子があまりに可愛いためにきつねがさらい、自分の子のように育てていたのではないかと言い伝えられています。 消えた花嫁 岩手県雫石村の農家では、嫁入りに向かう娘が馬に乗っていました。 家の者が祝言の準備に少し手間取っている間に、花嫁は忽然と馬上から消えてしまいました。 捜し歩いても見つからぬまま、半年ほど経ったある冬の夜のことです。 消えたはずの花嫁が村の商店に酒を買いにやってきました。 商店にいた店主や客は、驚きのあまり言葉が出ずにただ立ち尽くしていたと言います。 すぐに後を追いかけるも、娘の足跡すらなかったそうです。 その後、村では酒を買った娘は店を出てすぐに天へ引き上げられたのだろうと語られました。 サムトの老婆 岩手県松崎村サムトと呼ばれる地域のとある家に娘がいました。 ある秋の日、家の裏にある木の下に草履をそろえて脱いだまま、行方知れずとなってしまいました。 30年後、その家の家族の元へ行方不明となった娘が老婆となって突如戻ってきました。 老婆は家族に会いたいがために、自ら神隠しから生還してきたと言います。 それから毎年家族に会いに戻ってきましたが、その日は決まって嵐になりました。 嵐とともに帰って来る老婆をいつしか人々は迷惑に思い、老婆が入ってこられないようまじないをかけて村境に石碑を建てました。 それ以来、老婆が現れることはありませんでした。 鳥取県にある水木しげるロードには、この『サムトの老婆』像があり、よく見ると一筋の涙を流していることに気づきます。 神隠しにまつわる有名な伝説となっていますが、切ない話ですね。 神隠しから生還した少女 明治時代の千葉県君津市で、かくれんぼをして遊んでいた少女が行方不明になりました。 村人たちは森や山、川の底まで探しましたが、少女は見つかりませんでした。 しかし、1週間ほど経ったある日、家の軒下で呆然と立ち尽くしている少女が発見されました。 少女は、草むらに隠れていたら、急に体が重くなり、声が出せなくなったと語り始めました。 村人が自分を探していることも知っていたが、動けないまま、日暮れの頃、氏神さまの杉の上に引き上げられたと言います。 姿の見えない声が『1週間後に返す』と言い、気づいたら家の前に戻っていたそうです。 その声の主は何者で、何のために少女を隠したのでしょうか。 盛岡から東京へ移動した少女 大正12年、関東大震災の直前のこと、地元に住む男性が山道で泣く少女を発見しました。 話しかけるも泣くばかりであったため、男性はその子を最寄りの日向和田駅に連れて行きました。 駅長は少女の格好や方言から、東北地方の子供だと見当をつけ、調査の末、盛岡で行方不明になっている少女であることがわかりました。 鬼ごっこをして遊んでいたところ、夕方に行方不明となり、翌日東京で発見されたのです。 幼い少女が一夜にして遠くへ移動していることから、天狗による神隠しであると言い伝えられています。 これらの話のように、 昔の日本では、人の失踪は神隠しによるものとされ、伝説として語られてきました。 真相はわからないままです。 では、現代の神隠し事件にはどんなものがあるのでしょうか? 現代の神隠し 未解決事例 今も未解決となっている 現代の神隠し事件を見ていきましょう。 赤城神社の神隠し 1998年、千葉県に住む主婦である志塚法子さんは、家族で群馬県にある赤城神社を訪れたときに姿を消してしまいました。 その日は雨が降っていたため、法子さんの夫と叔父だけが神社に向かい、他の家族は車で待機していました。 しかし、法子さんは『せっかくだからお賽銭をあげてくる』と言い残し、101円だけを握りしめて参道を上って行ったそうです。 その後、法子さんの娘が駐車場から境内とは別の方向で佇む法子さんを目撃したのを最後に行方がわからなくなっています。 後日、何者かに傘を差し出す法子さんの姿が映りこんだホームビデオが送られてきましたが、解決には至っていません。 室蘭女子高生失踪事件 2001年、当時16歳だった千田麻未さんは、バイト先の講習を受けるためにバスに乗りました。 しかし、麻未さんは下車予定のバス停で降りずに、3つ先のバス停付近で同級生と挨拶する姿が目撃されています。 その後、近隣ショッピングモールのコスメコーナーで買い物をする姿が監視カメラで確認されたのを最後に行方がわからなくなっています。 最後に会っていると思われたバイト先の店長が取り調べられましたが、店長は麻未さんは来なかったと供述し、未解決事件となりました。 徳島県幼児行方不明 1989年、当時4歳だった松岡伸矢くんは家族で訪れていた親戚宅で父親が目を離したわずか40秒の間に行方がわからなくなってしまいました。 父親が伸矢くんと当時2歳の弟、従兄弟の子供の3人を連れて散歩から戻りました。 父親は弟を家の中に入れてから玄関に戻ると、すでに伸矢くんの姿はどこにもありませんでした。 親戚宅は山の中にあり、人通りも少なく隣家とも離れています。 僅かな時間で幼児の足で遠くまで行くことは考えられないため、神隠し事件と言われています。 温かいココアを残したまま失踪 1991年、当時小学2年生だった加茂前ゆきちゃんは午後2時ごろ帰宅しました。 午後3時半頃にゆきちゃんの姉が帰宅したときに、すでにゆきちゃんの姿はなく、テーブルの上にはまだ温かいココアが残されていました。 事件当時、家には夜勤明けの父親が寝ていましたが、異変には気づかなかったと言います。 当日、友達からの遊びの誘いにも、ゆきちゃんは『約束がある』と言って断っていたそうです。 いつも着ていたピンクのジャンパーもそのまま置いてあり、どこへ消えてしまったのかは謎のままです。 失踪事件の3年後、ゆきちゃんの自宅には怪文書が届いています。 たけのこ掘り行方不明事件 2005年、当時5歳だった香川県の大西有紀ちゃんは、母親と小学3年生の姉と一緒にたけのこ掘りへ出かけていました。 『もう1本取ってくる。 』と言って、竹林に入ったまま戻ってきませんでした。 当時は竹林の中の池に転落したものとみて捜索がされましたが、池の水を抜いても見つからず、未解決事件となっています。 警察犬による追跡では、4頭の犬全てが同じ場所で動きを止めたため、誘拐事件であるとの見方もされているようです。 しかしながら、その場所には車両が進入できるようなスペースはありませんでした。 岡山鍾乳洞高知大生失踪事件 2008年、岡山県にある、日咩坂(ひめさか)鐘乳穴で調査に入った高知大学3年生の男子学生が洞窟内の奥にある地底湖で遊泳している最中に失踪しました。 この洞穴は県の天然記念物となっており、洞窟に入るには届け出が必要であるにも関わらず、サークルの学生たちは届け出を出していなかったそうです。 この事件も未解決のままですが、男子学生の失踪後にSNSへのログインの形跡があったり、日記が消されていたり、不可解な事が起きています。 また、地底湖も遊泳できるような場所ではなく、なぜその場所で遊泳しなければならなかったのか疑問視されています。 一体、なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか? 7. 坪野鉱泉肝試し失踪事件 1996年、富山県にある廃旅館へ肝試しに行ったと見られる女性2人が姿を消しました。 家族に肝試しに行くと告げたまま、連絡が取れなくなったそうです。 警察の捜索もむなしく2人は今も見つかっていません。 車内に複数の人骨があり、県警は2人のものとみて確認を急いでいる。 引用元: 8. 深夜小児行方不明事件 1991年、福島県に住む当時7歳の石井舞ちゃんは、深夜の自宅から忽然と姿を消してしまいました。 自宅には祖父母、父母、兄弟2人、父親の姪、姪の恋人、母親の友人の子供2人がいたそうです。 舞ちゃんは母親の友人の子供たちと一緒に寝ていましたが、子供たちが夜中に目を覚ましたとき、すでに舞ちゃんの姿はありませんでした。 そのとき不在であった姪の恋人である20歳の男性が疑われましたが、友人に会うために乗車したというタクシードライバーの証言が取れたため不問となりました。 実際に起きた神隠し事件の真相 今も未解決の神隠し事件をご紹介してきましたが、解決に至った事例はないのでしょうか? 次は、当時は神隠しと言われた事件でも、その後,、 解決に至った事件の真相に迫ってみたいと思います。 群馬県女児失踪事件 1990年、群馬県に住む当時小学5年生だった女の子が父親が女児の友達の家の近くに車で送っていったのを最後に行方がわからなくなりました。 女児の友達の家には行っていないことがわかり、車を降りてから友達の家に行くまでの間に事件は起きたと考えられました。 その1週間後、女児の遺体が近くの雑木林で発見され、殺人事件として捜査が開始されました。 翌日、犯人逮捕に至りましたが、事件の真相は 保険金目的の父親による殺害という悲しいものでした。 茂原女子高生神社神隠し事件 2013年、千葉県に住む当時高校3年生の女子が突如、行方不明となりました。 警察の捜索でも全く足取りがつかめなかったため、神隠し事件と言われました。 しかし2ヶ月半が経過したある日、衰弱し泥だらけの制服を着て神社でうずくまる女子高生が発見されました。 この事件の真相は、両親からの 望まない信仰強要に悩んだ女子高生がした家出だったのです。 広島一家行方不明事件 2001年、広島に住む一家が、愛犬含む家族ごと行方不明となってしまいました。 この家には祖母、父母の3人とペットの犬が暮らしており、結婚を控えた長女は独り暮らしをしていました。 玄関の鍵が閉まっていたこと、翌日の朝食の準備がされていたこと、通帳や携帯電話などがそのまま残されていたことから突発的なものと考えられました。 何のトラブルも考えられない家族だったそうですが、その1年後にダムの湖底に沈む一家の車が発見されました。 車中から家族4人と愛犬の亡骸が発見され、 無理心中であると断定されました。 家族全員と愛犬を連れて心中しなければならなかった理由は、一体何なのでしょうか。 新潟少女監禁事件 1990年、新潟で当時小学4年生だった少女が行方不明となりました。 母親の届出により警察が捜索にあたりましたが、ついに少女を発見することはできませんでした。 それから約10年が過ぎた2000年のある日、別件である家に訪れた保健所職員が、中に女性が監禁されているのを発見し、保護に至りました。 この加害者宅には加害者の母親も同居していましたが、少女の存在には気がつかなかったと言います。 にわかには信じがたい事件ですが、このような 拉致監禁事件は実際にいくつか起きています。 神隠し 考えられる原因 さて、これまで実際に起きた未解決事件と、解決された事件の真相をお伝えしてきました。 これからは、 神隠しの現象について考えられる原因について考えてみましょう。 5つの説を挙げてみます。 家出とは考えにくい失踪の場合、警察は拉致・誘拐を疑うでしょう。 事実、神隠しと言われた失踪者がのちに自らの意志で帰って来ることもあるからです。 この説は捜査上でも拉致・誘拐の先に考えられることでしょう。 現代ではあまり考えられませんが、昔はそういった風習を隠すために神隠しが利用されていたそうです。 山中では、このような獣に襲われ、連れて行かれたと考えることもできるかもしれません。 何らかの拍子に今私たちがいる世界とは別の次元に飛ばされてしまったと考える説です。 まとめ 未解決となっている神隠し事件にも、私達が気づけないだけで、解決可能な事件が存在しているかもしれません。

次の

【怖い&未解決事件】三重小2女児失踪事件

女児失踪事件

【5月2日 AFP】英国人女児マデリン・マクカーン()ちゃんが失踪してから3日でちょうど10年となる。 事件が起きたポルトガル南部のリゾート地プライアダルス()は、謎に包まれたこの事件の影にいまだに苦しんでいる。 「正直、住民たちはみんな疲れ切ってしまっている。 10年も経ったのだから、全て忘れてしまいたい。 この事件によって、この美しい場所に悪いイメージが付きまとうのは残念。 また英ロンドン()出身で、この町に45年間暮らしているという作家のデービッド・S.ジョーンズ()さんも、「プライアダルスがこんな目にあうのはおかしい。 偽ニュースが多すぎる」と語気を強めた。 宿泊施設「オーシャン・クラブ()」の部屋5Aのブラインドは閉じている。 マデリンちゃんは2007年5月3日、両親が近くのレストランで友人らと夕食をとっている間にこの施設から姿を消した。 4歳の誕生日を迎える数日前のことだった。 事故か誘拐か、それとも殺人事件なのか? 10年の歳月が流れ、ポルトガル警察やロンドン警視庁()による捜査や捜索活動には膨大な時間と人員が投じられたが、事件はいまだ謎に包まれたままだ。 両親のケイト・マクカーン()さんとゲーリー・マクカーン()さんは、娘が誘拐されたことを確信しており、「どんなことがあっても」捜し出すと断言している。 失踪から10年が経過するのを前に母親のケイトさんは、「恐ろしい年月の節目。 失われた時間」とフェイスブック()に書き込んだ。 英警察は、2011年に新たな捜査に着手したが、2015年にその規模を縮小。 またロンドン警視庁は今月、捜査の「重要な」線を追い続けていると明らかにしたばかりだ。

次の

山梨小1女児行方不明…そっくり類似の小説が存在!事件真相のヒントとなるか?【小倉美咲ちゃん】

女児失踪事件

出典記事名の実名対策について: 記事名にの除外条件を満たさない被害女児の実名が含まれる出典を提示する際は、この箇所を姓. 名イニシャルでは実名が推測されやすくなるため推奨しません。 女児では元の記事名を崩します。 泉南郡熊取町小4女児誘拐事件 場所 日付 (平成15年) 概要 小学生女児誘拐事件 行方不明者 当時小学4年生の女子児童 被害者 不明 動機 不明 泉南郡熊取町小4女児誘拐事件(せんなんぐんくまとりちょうしょうよんじょじゆうかいじけん)とは、(15年)に七山地区で発生した。 による正式な呼称は 泉南郡熊取町における小学生女児に対する未成年者略取誘拐事件。 ()現在も特定やに至っておらず、不明女児も依然として未発見となっている。 また、事件が解決していないために事件も起こった(参照)。 概要 [ ] 2003年(平成15年)5月20日、熊取町の小学校に通う4年生の女児はであるを終えて同級生3人と一緒に帰宅。 女児の自宅から560離れた地点ので同級生3人と別れ、さらに別の同級生が女児の自宅から400m離れた地点で女児を目撃したのを最後に忽然と姿を消した。 女児はいつも自宅から50m離れた所にあるバス停の前を通って帰っていたが、同じ頃バス停に停車していたの運転手および乗客は女児を目撃していない。 18時半頃になって、家族が女児が帰宅していないことを学校に連絡。 その日のうちに付近のの協力を得てしたものの、現在に至るまで発見につながる有力情報もなく、女児が当時身につけていたやなどの遺留品も発見されていない。 失踪当日4台の不審車両が目撃されていた(後述)。 さらに、(平成26年)11月に新たな目撃証言がされた。 の指定事件となっており、女児の発見や被疑者の検挙に繋がる情報に対し300万円の懸賞金がかけられている。 事件発生当日の状況など [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年11月) 起床 いつもより一時間早く起き、準備をした。 登校 いつも通り家を出る。 小学校 に、バスで出かける。 14時30分頃 小学校へ戻る。 14時40分頃 見学日だったため、普段より30分早く帰宅。 「いつも待ち合わせて帰る近所の子」とは帰らず、同級生3人と帰る。 14時57分 七山交差点。 他の3人より60m先を歩いていたが、3人とあいさつをして別れた。 交差点から自宅まで560m 14時59分頃 「一度家に帰り、自転車で遊びに行こうとしていた同級生の男児B」とすれ違う。 すれ違った地点から、自宅まで400m。 「遅いねバイバイ」と言われ、女児は笑顔を返した。 15時00分頃 男児Bが目撃した地点から50m離れた丁字路で、白色のクラウンに男と小学生くらいの女の子が乗っていたのを目撃。 助手席には白い服を着た女の子が俯いて座っていたという。 商店から自宅まで350m、男児Bとすれ違った地点からは50m先である。 いつも通っていた商店前で、当時塗装作業していた男性や商店近くを歩いていた親子は女児を見ていない。 当初、塗装作業をしていた男性は自宅の南東約200mの路上を女児が1人で歩いているのを目撃していた、と報道されていたが、男性は「リュックの女の子を見たけど、顔は見ていない」と話していたため、女児本人かは定かではない。 商店から自宅まで300m、男児Bとすれ違った地点からは100m先である。 15時15分〜25分 バス停で発車の時間待ちのため停車していたバスの運転手や乗客たちは女児を見ていない。 近くの前を通った男性看護師も、女児を見ていない。 近所の集会で付近住民が公民館に集まっていたが、目撃者や声などを聞いたという証言がない(悲鳴があっても聞こえなかった可能性がある)。 自宅まで50m、男児Bとすれ違った地点からは350m先である。 なお、このバス停は後に廃止された。 17時00分 兄が、女児が帰って来ていないことに気づく。 18時30分 家族や付近の住民で探し始める。 19時30分頃 警察に通報。 その後、誘拐を想定し警察が女児宅に待機していたが、電話はかかってこなかった。 14時59分に男児Bとすれ違ってから自宅までの400mの間に連れ去られたといわれていたが、その100m先の商店や通行人には目撃されていないため、商店の近くに行くまでの間に女児の身に何かが起きたと考えられ、での連れ去りということで捜査が進められているが、進展していない。 報道された捜査内容 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年11月) されたものや警察より発表された状況など• 女児がいつもの下校時刻より30分早く帰っていることから、が特定の女児を狙ってさらったとは考えにくいため、計画的な誘拐ではなかったという警察の見方もある。 女児は性格が大人しく、「人見知りをするタイプで、知らない人についていくことは考えにくい」とのことで、顔見知りの人物に車に乗せられたのではないかという視点でも捜査が進められている。 女児が無理矢理乗せられたか、または誘われて車に乗った瞬間の目撃証言がない。 また悲鳴を聞いたというような証言もない。 付近に交通事故や転落が起こった形跡はない。 極めて短時間のうちに女児を連れ去っていることから、自動車だけでなくオートバイでの連れ去りも視野に入れた捜査をしている。 付近の山林やダムも捜索し、周辺のため池の水も抜いて調べたが、何も出てこなかった。 目撃情報 [ ] 不審車両 [ ] 事件当日、通学路の付近で10台あまりの車が通行していたが、赤いスポーツカーと白のバン以下の車種が捜査線上に挙げられている。 なお、現在に至るまで所有者や車種、などについてはいずれも特定できていない。 この2台はいずれも、現場近くの路上で駐車されていたことが確認されている [ ]。 黒っぽいが、女児が姿を消す前から七山地区で5回の目撃証言があり、現場付近を徘徊していた可能性が指摘されている。 また、女児の消えた15時頃、自宅前を猛スピードで走り去るところを近隣住民が目撃している [ ]。 白色のセダン(、もしくは)が、現場近くの路上に停められており、運転席に「短髪の男」が乗っていたという目撃証言がある [ ]。 (平成26年)11月に出された新たな目撃証言として、車種不明の白色の乗用車の情報が寄せられている。 なお、先述の2台と同じ車種という可能性も指摘されている。 不審者(2018年・平成30年に公表された情報) [ ] 2018年(平成30年)5月、泉佐野署捜査本部は、事件当日の15時頃 (前述の男児Bによる目撃時間から僅か1分後)に女児の自宅から南西に約350メートル離れた丁字路(男児Bが目撃した地点から50メートル)で、白色のクラウンに男と小学生くらいの女の子が乗っていたという新証言を2013年(平成25年)5月に得たことを明らかにした。 目撃者によると邪魔な位置に白いクラウンが停まっており、タクシーが迫る中で追い越しの際に白いクラウンを見ると運転席に座っていた男と目が合い、助手席には白い服を着た女の子が俯いて座っていたという。 事件当時の女児は小学校の制服である白いブラウスを着ており、服装が一致しているため大阪府警はこの目撃を有力視し、車の女の子は被害女児であると見ている。 目撃されたクラウンは角張った車体が特徴で、1983年(昭和58年)から1990年(平成2年)製の旧型車両。 対象車両は約2300台であり、当時の所有者に事情を聞くなどしているが有力な情報は得られていない。 その他 [ ]• 女児は自宅近くに通りかかった際、学校が指定した普段の通学路から外れ、車の通り抜けられない小道を通って帰宅する日もあったらしい。 (平成26年)、発生から10年以上経過してが執り行われた。 なお、で女児は20歳を迎える。 (平成21年)にのが、元担当刑事の証言を根拠として「不明女児がにされた」とする記事を発表し、不明女児のリスト入りが近いと報じた 事がある。 同会代表のはこの報道の時点で本事件の存在を把握しており、らへの強い関心を公言している著名人も本事件の拉致の可能性を指摘しているが 、2019年(令和元年)現在リスト入りは確認されておらず、不明女児は特定失踪者としては扱われていない。 関連事件 [ ] 誘拐未遂事件• 事件の2か月前(2003年〈平成15年〉3月)にも、熊取町内の女児(小学6年生)が下校途中に男に声をかけられ、車に連れ込まれそうになる事件が起きていたことも判明したため、本事件との関連も指摘されている [ ]。 詐欺事件• 事件から1年2か月経った2004年(平成16年)7月、に住む無職の男女計2名がし、女児の父親に「(女児は)にいるようだ。 会うには金がいる」とうその捜索話を持ちかけ、「」の名目で10万円を騙し取る事件が発生。 2008年(平成20年)11月までに約470回にわたり「お宅の娘さんを助けたが、救出に費用がかかった」といううその話を持ちかけ、以後「女児の捜索費」「救出後の生活費」などの名目で総額約7,000万円余りを騙し取ったことが明らかになったため、同年12月6日に大阪府警が詐欺容疑でこの男女をした。 詐欺犯は騙し取った金を生活費や遊興費(ギャンブル)などでほとんど浪費したという。 この詐欺事件のが堺支部で行われ、(平成21年)に、の女に2年4年のが言い渡された。 同年に、の男に懲役9年の刑が言い渡された。 名誉毀損事件• (平成22年)、に行方不明になった女児を「誘拐し、殺害し、樹海に捨てた」などと中傷する書き込みの事件が発生。 警察はの方針で捜査を開始し、2月4日に容疑者の男を名誉毀損容疑で逮捕した。 脚注 [ ] 以下の出典において、記事名に被害女児の実名が使われている場合、その箇所を姓. 警察庁 [ ]• 産経WEST. 2014年11月20日. [ ]• 産経ニュース 2018年5月2日8時42分• 毎日新聞 2018年5月2日 [ ]• スポニチアネックス. 2003年5月25日. の2004年10月29日時点におけるアーカイブ。 朝日新聞. 2014年1月12日. 2014年1月13日閲覧。 [ ]• 西岡昌紀 2017年5月24日• MSN産経ニュース. 2008年12月6日. の2008年12月7日時点におけるアーカイブ。 2009年5月22日. の2009年10月7日時点におけるアーカイブ。 毎日新聞. 2009年10月5日. [ ]• 読売新聞. 2011年2月4日. の2011年2月7日時点におけるアーカイブ。 2011年2月4日閲覧。 外部リンク [ ] 以下の外部リンクにおいて、リンク名に被害女児の実名が使われている場合、その箇所を省略および未記入としている• [ ]• - 熊取町 この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の