ブリーダー 年収。 クワガタのブリーダーは副業として成り立つのかを検証しました。

メダカの養殖は儲かる?副業に!その方法と気になる年収は?!

ブリーダー 年収

昨今話題の。 私としてはどこ吹く風なのですが、なんだかいろいろ話題になっていますね。 大して意味のなさそうなものもありますが、なかでも注目されたのが「副業の推奨」です。 これは法律でしなければいけないとか、企業が許可しなければいけないとかではなく、あくまでで推奨するという話。 ただでさえ忙しいのにそんなもんできるかーいという声も聞こえてきますが、趣味としてならどうでしょう? というわけで今回は、「熱帯魚は副業になりえるのか」という話を、本業熱帯魚屋だった私が解説していきます。 結論から言えば、 やり方によってはホームブリーダーは本業にもなりえますが、好きこそ物の上手なれの理論が働きます。 ついでに関係のほかの副業もご紹介してみようと思います。 熱帯魚は副業になりえるのか さて、 そもそも熱帯魚は副業になりえるのかというお話。 これは 間違いなく「なる」と言えます。 実際私は今も熱帯魚関係で小遣い稼ぎしていて、来年には規模を拡大して、いずれ本業と半半の収入を目指しています。 ただ、あくまで専門性の高い分野なので、素人が利益目的に始めて何もせずにお金になるなんていう類の副業ではありません。 しかし、しっかりやれば儲かるというのは私の経験上も間違いなく、今はそれを本業にしてしまっている人たちもとても多いです。 実際いくら稼げるのか では実際いくらになるのか。 これは本気度や狙う分野にもよるので一概には言えませんが、あくまで私の例だと一番調子のいい時期で月10万円程度は稼げていました。 実働時間は1日3時間程度、土日は5時間程度になったかと思います。 本業のほかにこれだけ時間をかけると考えると大変ですが、ここはやはり好きだからできること。 むしろ、元々熱帯魚が好きじゃなければ、お金にならないとまでは言いませんがあまりおすすめはしません。 当時は熱帯魚業界も上り調子で、出せば売れるといった状態でした。 今はさすがにそこまでではなく、当時よりは難しくなっています。 熱帯魚を副業にする方法は では、実際にどうすればお金になるのか。 熱帯魚系、関係の副業にはいくつか種類があります。 簡単なものから大変なもの、もっといえば簡単でそこそこお金になるものや大変なのにお金にならないものもあるので、初期投資して始めようと考えているならある程度この段階で想像しておかなければなりません。 ・ホームブリーダー ぽんと思い浮かぶのが、熱帯魚・を繁殖させて売るブリーダー業じゃないでしょうか。 まぁ一番一般的な方法といえば一般的な方法で、これもお金にならないわけではありません。 私もこれがメインです。 ただし一番プロに近いので、それなりの知識や経験、設備やコネクションなども必要です。 ホームブリーダーで稼ぐ方法 ホームブリーダーは意外と販路が広く、 ちゃんとやれば熱帯魚専門店に卸すこともできます。 熱帯魚専門店で、そこそこいい個体がびっくりするほど安い個体が出ているときはホームブリーダーから買い取っている場合もありますね。 熱帯魚店に卸すのであれば、ある程度安定して繁殖させ、綺麗で状態のいい個体を作出する必要があります。 それには飼育だけでなく、遺伝的な組み合わせなど専門的な知識も必要です。 ホームブリーダーから間口を広く買取しているショップもあるので、そういったお店を相手にするのもひとつの方法ですが、やはり雑多な繁殖では二束三文、買取拒否の場合もあるので専門的な知識は必須です。 あとは ネットオークションで販売するのもひとつの方法ですね。 などで熱帯魚を検索すれば、山のように出品されているのがわかります。 これは熱帯魚をパッキングし、発送するノウハウが必要なので詳細はいずれ別記します。 いずれにせよ、ほかの副業に比べ販路が広いことは間違いありません。 狙うべき種類は 熱帯魚とひとくちに言っても、よく熱帯魚店で扱っている品種だけでも千種類に上るのでどれを商売にするか決めて、専門性を持たせるのがおすすめです。 私は本格的にやっていたのはショーベタでしたが、正直お勧めしません。 手間がかかりますし、1ペアから50匹生まれても、利益が出るようなグレードの固体はせいぜい3,4匹だからです。 1匹2000円で卸せたとしても8000円。 販売まで4ヶ月程度かかるので、かなり水槽の本数が必要になります。 熱帯魚専門店に卸していましたが、ベタだけの売り上げは一番いいときでもせいぜい月3万円程度でした。 調べればすぐにわかってしまうので名指ししてしまいますが、 今狙い目なのは 変わりメダカです。 厳密には熱帯魚ではないですね。 いわゆる品種改良されたメダカで、熱帯魚や和鯉顔負けのカラフルな個体が多く作出されています。 繁殖も容易で、卵にも高値がつくので発送も比較的楽です。 これ面白いもので、ネットオークションなどでも飼育目的の人が買うということが少ないんですよね。 優良個体を繁殖させて販売し、またそれを買った人が繁殖させて販売するという投資のような形で高値が維持されているんです。 基本的な飼育のノウハウは必要ですが、2019年5月現在もっともおすすめと言えます。 の栽培 知識があまりなく、気軽にはじめたい場合におすすめなのがの栽培です。 栽培するに当たって熱帯魚ほど種類による違いがなく、販売も簡単というメリットがあります。 リスクは少ない反面、売り上げを狙うのは少し困難。 万単位の売り上げではなく、なるべく手間をかけずに千円単位の売り上げを狙うならこちらのほうがおすすめです。 の栽培で稼ぐ方法 の繁殖方法は根を這わせて新しい眼を出したり、自体が伸びて枝分かれしていくなど様々です。 いずれにせよ、増やすためにある程度スペースが必要です。 魚を観察するための水槽である必要はなく、工具を入れるためのコンテナボックスや浅い発泡スチロール箱、種類によってはルにポリ袋をかぶせる方法でも可能です。 注意点としては、スネール(巻貝)などの混入を防ぐこと。 スネールがついているはどんなに綺麗でも売れません。 お店かられた段階でついている場合もあるので、専用の駆除剤や、CO2の高濃度添加などで駆除しておくと安心です。 ある程度確保できたら、ネットオークション。 といきたいところですが、実はトレンドはオークションではありません。 販売はほとんどフリマサイト、つまりメルカリなどに移っていて、かなりコンスタントに売れています。 手数料が多めに取られますし、気軽にコメントが来るので対応が少し面倒ではありますが、販路としてはかなり優秀です。 おすすめの種類 利益を出すためにおすすめの種類としては、需要が高く、コンスタントに増えてくれる種類です。 具体的にはマツモ、類、浮き草系です。 玄人好みの高級にも増えやすいものがありますが、育成がシビアだったり、発送時に痛んでしまうこともありますし、なにより数が売れないのでおすすめしません。 捕り子 これは悪い例として解説しておきますが、河川や池から生体を採取して販売する副業もあります。 ただしおすすめしない方法で、最悪逮捕もありえるので避けたほうがいいでしょう。 捕り子とは 捕り子とは、生体卸業者や専門店から依頼を受けて、自然の生体を採取する人のことです。 店頭に並んでいる日淡はたいてい天然モノで、捕り子が採取したものです。 ただしこの捕り子はかなり嫌われ者で、各地でトラブルが絶えません。 簡単に言えば自然を破壊する密猟者だと思われていることが多く、というか実際にはほとんどがそうなので、自然を愛する地元住民から眼の敵にされていて、管理する漁協とのトラブルも絶えません。 また、川からすくった落ち葉などを山のように積み上げてそのまま捨てていく不届き者もいるので、かなり問題になっています。 最近は地元住民だけでなくネットでも問題視されていて、気軽にネットオークションに流そうものならあえて落札して通報されたり、晒されたりすることもあるので、避けたほうがいい副業です。 私もショップから頼まれて、川(用水路)の管理者に許可を得てを捕獲する捕り子をしたことがありますが、「漁」になるので法律的にもかなり細かく、漁具なども指定があります。 川に生息する小型魚でこれをすべて守っていると商売にならない数しか取れないので、利益を目的にした捕り子のおそらくほとんどは法律を破っているのではと思います。 法律を守った上で、生態系を破壊しない範囲でやるならいいかもしれませんが、そこまでのリスクを背負った上でやるほどのメリットはありません。 少なくとも、大量に取れそうなであっても私はもうやりません。 (100匹とって昼飯代にもならなかったので) というわけで 熱帯魚関係の副業はこんな感じです。 どれもいわば「好きならやれる」といったもので、ちゃんとやろうとするならけっこうたいへんです。 1部屋まるごと明け渡す覚悟で、リアルタイムでトレンドを知り、愛情を持って優良な個体を増やすことは必須です。 ただそれだけ本気でやれば本業にもなりえますし、知り合いにも何人かお店を出して本業にしてしまった人がいます。 手軽にやるならがお勧めで、ちょっとした収入の足し程度なら十分なりえるでしょう。 勘のいい方ならお分かりかと思いますが、本当に儲かるものはここで公開していません。 いずれにせよ、どのジャンルもあなたがお金を出したように、お金を出してもほしいという方はいるはずです。 今を楽しんでいる方は、自分の得意分野や好きな分野を伸ばして商売にするのもいいかもしれませんね。 charars.

次の

まじめなブリーダーは年収360万円 「繁殖」のビックリ慣習 WEDGE Infinity(ウェッジ)

ブリーダー 年収

【この記事の目次】• 昼は普通のサラリーマン、夜はクワガタブリーダー 趣味が昂じてクワガタムシの養殖、販売サイドビジネスをしているサラリーマンのGさん。 そもそも養殖をお小遣い稼ぎにした理由はなんだったのだろうか。 聞いてみたところ、以下のような答えが返ってきた。 「単純に、自分が卵から育てたクワガタをみんなに見てもらいたかった。 養殖して販売するというのは、その手段の一つでした」 なるほど、そういうことだったのか。 曰く最初はあまり儲からなかったけど、それでも満足していたという。 それが現在では、 月収にして200,000円に達することもあるそうだ。 一体何がどうなったら、そんな金額を得ることができるのだろうか? いくつかその秘訣を聞いてみた。 まずGさんが養殖しているのは、国産オオクワガタ。 日本に生息しているクワガタの中でも、特に人気の品種だ。 このオオクワガタ、飼育環境によっては体長が80ミリに迫る大型個体に育つこともあるという。 そんな個体は、 ネットオークションで数万円で落札されるそうだ。 そう、Gさんは主に育て上げた成虫を、オークションに出品しているというのである。 しかし、立派に大きく育った成虫を、手離して惜しくないのだろうか。 「いや、全然。 僕は大型の個体より、50ミリ以下の個体の方が好きなんです。 こうした個体は市場価値がないので手元に残し、大事に育てます」 そう、Gさんはどっちかと言えば立派なオオクワガタより、こじんまりとしたオオクワガタに魅力を感じるというのだ。 成虫のサイズを左右するのは、幼虫時代の栄養の摂取状況にある。 これがなかなか調節が難しいようで、ある年などは80ミリ超えを記録する個体が次々に誕生し、非常に寂しい思いをしたそうだ(笑)。 逆に言えば、それだけ良い栄養状況をキープできているということだろう。 幼虫の餌といえば朽木だが、Gさん曰くサイズを大きくするには、それだけでは心許ないという。 何やら秘密がありそうだが、それ以上は教えてくれなかった。 素晴らしい個体を作り出し、顧客を掴む! Gさんのオオクワガタは、一部でリピーターを生むほどには人気だそうだ。 こうしたリピーターは、クワガタ以外にもGさんの持つ物を欲しがるという。 それが 飼料や飼育環境ノウハウだ。 餌は何が良いのか、マットはどういうものを使っているのか。 こういうことを知りたいというのである。 そしてこれがまたお金に繋がる。 実はGさんの飼育しているオオクワガタは、 特別に調合した餌を与えられているというのだ。 幼虫の場合は朽木を何種類もブレンドしてみたり、成虫の場合は特製のゼリーを作っている。 これによって丸々と大きく肥えた幼虫が。 そして何年も越冬に耐える体力の成虫が誕生するのである。 幼虫の段階でサイズが決まるため、幼虫の飼料については何度聞いても教えてはもらえなかったが、成虫用のゼリーについては、そのレシピを譲り受けることができた。 というのも、僕は2014年に捕獲したアカアシクワガタのオスを、結構大事にしている。 間もなく寿命が訪れるはずだけど、できるかぎり長生きしてほしい。 これをGさんに話したところ、「他言しないなら」と、秘密の配合表をプレゼントしてくれたのだ。 このレシピ、正直驚いた。 まさか牛脂を含有するなんて(あ、書いちゃった)。 クワガタに限らず、別のビジネスのヒントにもなるかも? まとめてみると、Gさんは生体を大きく育てるための努力をして、立派な成虫を誕生させ、これをオークションで売る。 さらにマットや餌も販売して、リピーターを逃がさないようにしていると、こういうわけだ。 成虫売り切りならシーズン以外は収入にならないが、大きな幼虫を育てるための飼料も売り出すのであれば、いつでも収入に繋がる。 見方を変えれば、これは別のサイドビジネスにも繋がるヒントになりそうだ。 (文/松本ミゾレ).

次の

副業ブリーダーで成功するには?|犬・猫のブリーダー

ブリーダー 年収

ペットブリーダーの平均年収• 本格的にやるかサイドビジネスとしてか、趣味の延長かなど関わり方によっても変わってきますよ。 一般的な目安として犬や猫の場合ペットショップの買い取り価格は店頭価格の10~20%、つまり1匹1~2万程度といわれています。 犬や猫ほどの利益にはなりませんが、熱帯魚や昆虫、爬虫類等のブリーダーをしている人もいますよ。 動物のブリードだけで生計を立てる人もいますが、365日自営業のような形態で、一般的な職業に比べると年収は多いとはいえません。 犬のブリーダー、年収や仕事内容、資格は? 年収 300万円前後 仕事内容 交配、繁殖、販売、展覧会やショーへの参加 資格 動物取扱業 販売をする場合 有名ブリーダー直販サイトに登録しているブリーダーの数は1435人です。 ブリーダーの形態は様々で、自宅で繁殖を行い販売する家庭的なブリーダー、優秀な血統を残すことやショーへの参加を中心に行うブリーダー、掛け合わせを研究し品種改良を行うトップブリーダーなどです。 年収を「繁殖した犬の売値から飼育費や設備費などを差し引いた金額」と定義すると、規模によりますが「300万円前後」のことが多いです。 主な仕事内容は、犬の「日常的な世話」「繁殖」「販売」「展覧会やショーへの参加」などです。 必要な資格 繁殖した子犬を無償提供する場合は必要ないですが、販売を行うためには「動物取扱業」の届出が必要です。 その際に必要な動物取扱責任者の条件として「実務経験」「動物系の専門学校の卒業」「動物関連資格取得」のうち、いずれかに該当していなければなりません。 猫のブリーダー、年収や仕事内容、資格は? 年収 300万円前後 仕事内容 交配、繁殖、販売、展覧会やショーへの参加 資格 動物取扱業 販売をする場合 有名なブリーダー直販サイトに登録している猫のブリーダーは480人います。 ペットタイプの繁殖をしているブリーダーやショーやコンテストで活躍できる猫を狙っているブリーダーまで様々いるので一概には言えませんが年収は犬のブリーダー同様300万円前後が多いです。 主な仕事は、猫の「日常的な世話」「繁殖」「販売」「展覧会やショーへの参加」などです。 必要な資格 犬と同じように無償提供であれば必要ないですが、販売を考えているのであれば「動物取扱業の届出」を提出しなければなりません。 血統書の発行や純血種の猫を繁殖する「キャッテリー」を名乗るには、「CFA」や「TICA」などの団体に正式に認定されている必要がありますよ。 熱帯魚のブリーダー、年収や仕事内容、資格は? 年収 相場による 仕事内容 繁殖、販売 資格 特になし 熱帯魚の品種改良を行っているブリーダーの方はいます。 一般的には、希少価値の高い種類などを繁殖してペットショップに買い取ってもらうことで生計を立てます。 個人レベルでの繁殖は販売ルートの確保が難しく、市場のニーズにも左右されるため収入を得るのは難しいと思っておかなければなりません。 熱帯魚のブリードを考えているのであれば、副業として行うことをおすすめします。 必要な資格 犬や猫とは違い動物取扱業の資格は必要ありませんが、熱帯魚の飼育に関する豊富な知識が求められます。 しかし、条例などで細かく規定されている場合もあるので開業を予定している都道府県に直接問い合わせてみてくださいね。 ブリーダーは命を扱う責任ある仕事! 現在「パピーミル」のような悪質なブリーダーが社会問題となっています。 自らの利益のためにずさんな管理下で無理な交配を行ったり、売り物にならない犬を保健所に持ち込むなど殺処分増加の原因にもなっていますよ。 ブリーダーはただ動物の繁殖を行うわけではなく、命を扱う責任ある仕事だということを忘れないでくださいね。

次の