光回線 速度 目安。 ソフトバンク光の通信速度が遅い?改善方法と測定方法について

2020年版インターネット光回線速度の目安平均/遅い際出来る対策は?

光回線 速度 目安

アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。 このページ以外のウェブページはすべて閉じる。 すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。 あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。 スピードテストはなんのため? 光回線やでも、のサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。 このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。 この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。 」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。 今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。 なぜ通信速度を調べるべきなのか? 通信速度を測定することで、今お使いののに役に立ちます。 例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、 スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。 インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。 スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。 またADSLからに変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。 スピードテストの結果から分かることは? このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。 また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。 1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。 1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。 1000Mbpsイコール1Gbpsです。 つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。 よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。 ビットとバイト8ビット bit, b の8倍が1バイト(byte, MB)です。 ビットとバイトは異なるので注意しましょう。 スマホのの単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。 下り速度と上り速度の意味・違いは? 「 下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。 つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。 一方、「 上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。 具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。 ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。 下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。 レイテンシ(Latency)とは? 回線速度に加えて、このスピードメーターでは、 レイテンシを計測することが可能です。 レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。 遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。 レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。 レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。 ジッター(Jitter)とは? ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。 ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。 例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。 「通信速度の速い」インターネット回線とは? 今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。 下り速度が速い• 上り速度が速い• レイテンシが低い• ジッターが低い これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。 「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。 毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの? スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今の インターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか? これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。 インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。 自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、 必要な速度を選ぶことが重要です。 ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。 しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。 代表的なものは以下のようです。 NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合• 光回線の配線方式(集合住宅の場合)• プロバイダによる接続サービスのキャパシティー• 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか インターネットの速度が遅いなと思ったら? 具体的な対策方法• 回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。 ただし、原因や理由は複合的な場合もあり、すぐに原因をみつけることはできるかもしれませんが、以下にすぐにできるものも紹介していますので、試してみることをおすすめします。 周辺機器など、1つずつポイントを確認していきましょう。 それでも改善しない場合、はじめて回線を疑うことができるでしょう。 ルーターの電源を一度切る 電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。 ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。 )の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。 LANケーブルで直接つないでみる でインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。 無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。 LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。 測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。 Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。 この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。 何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、 速度低下の原因になっている可能性があります。 ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。 ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。 Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。 インターネットプロバイダーやサービスを変更する 色々試してみても、 インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。 すでに光回線の人は、の提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。 フレッツ光以外の光回線(自社回線)を検討してみる ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにの光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(やなど)を検討してみましょう。 いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。 まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

次の

▷ インターネットのスピードテスト

光回線 速度 目安

インターネット回線を選ぶ時に重要になるのが「回線速度」です。 光回線、WiMAX、ポケットWiFiなど様々なインターネット回線では「業界最速!」「下り最大〇〇Mbps」など、自社サービスの回線速度の速さをアピールしています。 料金がどれだけ安くても、回線速度が遅いと使い物になりませんからね。 ただし回線速度がどれくらい必要かは、どのようにインターネット回線を利用するかで変わってくるので、人によって必要な回線速度は違います。 この記事では、 どれくらいの回線速度があれば快適にインターネットが使えるか、利用目的別に目安の回線速度を紹介しています。 インターネット回線を選ぶときの参考になると思いますのでぜひご覧ください。 この記事の目次• ネット回線速度について 快適な回線速度は10Mbps以上 まず一般的に 快適に利用できるネットの回線速度は、下り10Mbps~30Mbps程度になります。 10Mbpsあれ、インターネットの閲覧やメールの送信、HD動画をみるなど、ほとんどの作業が快適に利用できるでしょう。 ただし動画配信サービスで 4K高画質動画をみる人は20Mbps、オンラインゲームをやる人は30~50Mbpsあったほうが安心できます。 回線速度は「下り」の速度が大事 回線速度には「下り(ダウンロード)」と「上り(アップロード)」2つの通信速度があります。 この2つのうち 大切なのは「下り」の速度です。 下り(ダウンロード):インターネットや動画をみる、メールの受信など• 上り(アップロード):動画のアップロード、メールの送信など 多くの人は動画をYoutubeにアップしたりするよりも、インターネットでサイトや動画をみることのほうが圧倒的に多いはずです。 そのため上りの速度が少し遅くてもあまり問題なく、下りの速度が速いほうが快適にインターネットを利用できます。 頻繁に動画をアップするYoutuberのような方でない限り上りの速度はあまり重要ではありません。 多くの人にとって下りの回線速度のほうが大事なので、インターネット回線は、上りよりも下りの速度の方が通信速度が速く設定されています。 また「最大通信速度」と記載されている時は「下り」の速度を表しています。 回線の最大通信速度と実測値は違う 「30Mbps程度の速度なら、どんなインターネット回線でも問題ないんじゃない?」と思うかも知れません。 確かに光回線やWiMAX、ポケットWiFiなどの、インターネット回線の通信速度をみると「下り最大1Gbps」「通信速度最大1,237Mbps」などと記載されています。 しかしこの 回線速度は「最大」と表記されているとおり最大の理論値であり、実際に利用した場合の通信速度ではありません。 回線速度のカタログに書いてある最大回線速度は、「最適な環境を用意して、最高のパフォーマンスを発揮した時にでる」実際の環境ではありえない数値です。 実際に契約して利用する時は、 最大速度の3~6割程度の速度になると思っておいたほうがいいでしょう。 このように インターネットの回線速度は「ベストエフォート」型の表記になっていることが一般的です。 「ベストエフォート」とは、「最大限の結果がでるように努力する」という意味です。 年明けや災害時は、急激に通信量が増えるので、回線が混雑してインターネットが利用できなくなりますよね。 これは、インターネット回線のほとんどが、ベストエフォート型だからです。 ベストエフォート型の場合、通信事業者は最大速度がでるように努力しますが、回線が混雑したり、設備のトラブルがあった場合は速度は安定しません。 無線の場合は周囲の電波状況や、電波を受信する端末によっても通信速度は大きく変わってきます。 ベストエフォート型と対照的に、一定の通信速度を保証する「帯域保証型」の回線もあります。 通信速度を常に保証してくれますが、専用の電波帯域や通信回線、メンテナンス要員などが必要になるため、料金が非常に高額になります。 帯域保証は、銀行の基幹システムや大手企業のネットワークシステムなど、絶対に落とすことができないネットワークに利用されるので、個人が利用できるものではありません。 わたし達が普段使うインターネット回線は、すべてベストエフォート型です。 回線速度の目安 必要な回線速度は「どのように利用するか」によって変わってきます。 インターネットの利用方法は人によって様々だからです。 オンラインゲームをガッツリやる人と、LINEやSNSを軽く利用するだけの人では、必要な回線速度が変わってきますよね。 どれくらいの回線速度があれば快適に利用できるか、目的別に回線速度の目安を紹介します。 利用方法 回線速度の目安 LINEやTwitter、SNSの利用 100Kbps サイトを見る 1Mbps 動画をみる 1~20Mbps オンラインゲームをする 30~50Mbps LINEやSNSの利用 LINEやツイッターなどの SNSを利用する時の通信速度の目安は100K bps~1Mbpsです。 LINEは、文字だけのメッセージなら約35KBとデータ量が非常に少ないので、通信速度が100Kbps程度でも十分です。 スマホを使いすぎて128Kbpsに速度制限されていても、LINEのメッセージやメールの送信はかろうじてできます。 ただし 画像や動画を受信する場合、回線速度は1Mbps程度は必要になります。 またLINEやツイッターなどのSNSは起動した時に一度にデータを同期(ダウンロード)します。 時間をあけて起動したり、友人やフォローしている人数が多いと起動した時のデータ量が多くなるので、100Kbpsだとなかなか厳しいものがあります。 SNSを快適に利用したければ、回線速度1Mbps以上を目安にするといいでしょう。 サイトをみる回線速度の目安:100Kbps~1Mbps• 文字だけのサイト:100Kbps• 画像のあるサイト:200Kbps• 動画のあるサイト:1Mbps YOUTUBEなど動画をみるときの回線速度の目安 動画をみる時はどれくらいの回線速度が必要になるのでしょうか? 動画は、画質によって必要になる回線速度が変わってきます。 目安として、 Youtubeの動画をみるときに必要になる回線速度は以下の通りになっています。 動画の解像度 推奨される持続的な速度 4K 20 Mbps フルHD 1080p 5 Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 7 Mbps 関連リンク「」 動画は高速な回線回線が必要なイメージがありますが、じつは 高画質(HD)までの動画なら、5Mbps程度の回線速度があれば十分みることができます。 スマホの場合は画面が小さいので、SD動画でも十分綺麗な画質で動画をみることができます。 そのため、通信速度はあまり必要なく1. 5Mbps程度あれば十分でしょう。 4Kの高画質動画をみる場合は、データ量が一気に増えるため20Mbps程度の通信速度が必要になります。 4K動画に対応した動画サービスはYoutube以外でも増えてきましたが、実際に4K対応した動画数はあまり多くはありません。 視聴するテレビなどの端末も4K対応している必要があります。 フルHD(1080p)でも十分キレイだと個人的には感じていますが、高画質動画にこだわりがあり 4K動画をがっつり見たい人は下り20Mbps以上を目安にするといいでしょう。 高画質(HD)までは5MbpsでOK• スマホも1. 5Mbpsあれば大丈夫• 4K動画をみるなら20Mbps以上推奨 オンラインゲームの回線速度の目安 回線速度が最も必要になるのが、インターネットでオンラインゲームをする場合です。 オンラインゲームをする時の回線速度の目安は30Mbps以上です。 カードゲームなどあまり動きがないゲームなら10Mbps程度でもプレイできますが、目まぐるしく状況が変わる動きが激しいゲームだとカクつきが気になってきます。 30Mbps以上の回線速度があれば、安定したプレイが可能になります。 ただし FPSや格闘ゲームなど、少しのタイムラグが命取りになるようなゲームは50Mbps以上あったほうが安心です。 オンラインゲームをメインでガッツリやる場合は、回線速度が安定する有線の光回線を選ぶといいでしょう。 参考リンク• 10Mbpsでもプレイはできるが、カクつくこともある• 30Mbps以上あればスムーズにプレイ可能• FPSや格闘ゲームなどは50Mbps以上を推奨 オンラインゲームをする時はPING値(応答速度)も重要 FPSなどのオンラインゲームをする時は、通信速度も大事ですが「PING値」と呼ばれる応答速度がとても大切になります。 「PING」は日本では「ピング」、海外ではそのまま「ピン」と読み、サーバーまで通信ができるかネットワークを確認する時に利用します。 「PING値」は、サーバーにごくわずかな量(32バイト)の通信を送って、その通信が帰ってくるまでの応答速度 を指しています。 単位は「ms」で1000分の1秒で表しています。 数値が少ないほど応答速度が速く、1秒間により多くの通信ができることになります。 10ms:0. 01秒毎に通信する• 100ms:0. 1秒毎に通信する PING値の目安は以下のとおりです。 PING値(応答速度) 内容 1~15ms 高速。 FPSをする人向け 16~35ms 速い。 オンラインゲームをする人向け 36~50ms 普通。 一般的な速度 51~100ms 遅い。 オンラインゲームをしている時に、PING値が遅いと、相手プレイヤーの動きにタイムラグができてしまいます。 例えば、PING値100msのプレイヤーは0. 1秒毎しか通信できないのに対して、10msのプレイヤーは、0. 01秒毎に通信できる場合、1秒間の通信量には10倍の差が生まれています。 この場合、マウスの細かい動きが即座に反映される10msのプレイヤーのほうが圧倒的に有利になります。 オンラインゲームをする時はPING値は「35ms」以下を目安にしましょう。 その中でも少しのタイムラグが命取りになる FPSなどは「15ms以下」が理想です。 ただしPING値は、サーバーの距離によっても変わります。 海外のサーバーだと距離が遠いのでPING値は遅くなります。 あくまで目安として考えるといいでしょう。 逆に オンラインゲームをしない人はPING値はあまり気にする必要はありません。 PING値については「でも詳しく紹介しているので良かったらあわせてご覧ください。 PING値は次に紹介する回線速度を測定するサイトで測ることができるので気になる方は測定してみるといいですよ。 ネットの回線速度を実際に測定してみよう ベストエフォート型のネット回線速度はあくまで理論値なので、実際に利用したときの回線速度とは異なります。 実際の回線速度が知りたい人は、回線速度を測定できるサイトで実測値を測ってみるといいでしょう。 回線速度とPING値が簡単にわかる「speedtest. net」 回線速度を測定するサイトは、プロバイダなどが提供しておりいくつかあります。 おすすめのサイトは、回線速度とPING値(応答速度)が同時に測定できる「speedtest. net」です。 このサイトでは、最初に最も通信速度がでる近くにあるサーバーが自動的に選ばれます。 そのため通信速度がどれくらいでているのか正確に測定することができます。 手動で別のサーバーを選択して測定することも可能です。 スマホ用のアプリもあるので、スマホで携帯回線の通信速度も簡単に測ることができます。 広告が周りに多いのが少し邪魔ですが、総じて使いやすいツールです。 無料のWiFiスポット「Wi2」で回線速度を測定してみたところ、下りは「約1. 5Mbps」なのになぜか上りの速度が「38Mbps」もありました。 多くの人が利用するので通信速度はあまり速くはありませんが、これくらいの速度でも、ウェブサイトを閲覧したり、メールをしたりする分には全く問題ありません。 関連リンク 簡単に下りの回線速度がわかる「FAST. COM」 簡単に下りの回線速度だけ知りたい人は、「FAST. com」がおすすめです。 動画配信サービスの「Netflix」が行っているスピード測定サイトです。 広告なども一切なく、ページを開くだけで、回線速度を測定してくれるのでとても手軽です。 ネット回線速度が遅いなら、乗り換えがおすすめ ネット回線速度が遅いと感じたら、回線の乗り換えを考えましょう。 インターネットの通信速度を改善する方法は「ルータの再起動」「有線ケーブルの交換」などいくつかあります。 関連リンク しかし回線速度が遅い場合、インターネット回線自体に問題があることが多いです。 端末周辺のネットワーク環境をどれだけ改善しても、上位回線である「インターネット回線自体」の通信速度が遅いと、その部分がボトルネックになって通信速度は上がりません。 ネット回線速度を改善させるためには、別のネット回線に乗り換えてしまうのが一番速いです。 ここでは乗り換えにおすすめのインターネット回線をいくつか紹介していきます。 光回線 NURO光 「NURO光」はSo-netが提供する光回線です。 最大通信速度2Gbpsとなっていて、他社の光回線の1Gbpsに比べ2倍の回線速度になっています。 戸建ての場合は月額4743円と料金もリーズナブルです。 他社の光回線では戸建ての光回線は5000円を超えるところがほとんどなので、料金的にもお得ですね。 「NURO光」は、サービスの提供エリアが限定的で利用できる人が少ないのが欠点ですが、サービスエリアに住んでいる人であれば、おすすめの光回線です。 サービス提供エリアは関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)です。 「とにかく高速で快適な通信環境を手に入れたい」という人は、NURO光に切り替えるといいでしょう。 高画質動画を長時間みたい• オンラインゲームをがっつりやりたい• とにかく高速な通信が欲しい auひかり 「NURO光」がエリア対象外の人は、auが提供する「auひかり」を利用するといいでしょう。 auひかりは最大回線速度1Gbosですが、利用者から速度が速いと評判です。 NURO光と同じく「ダークファイバー」を利用しているので、実測値が高く安定しているようです。 料金は戸建てのファミリータイプで5100円となっています。 NURO光よりは高いですが、光回線のサービスとしては一般的な料金ですね。 auユーザーが契約すると、スマホの月額料金が割引されるセット割が適応されるので、auユーザーはとくにお得です。 高画質動画を長時間みたい• オンラインゲームをがっつりやりたい• スマホがセット割引になるauユーザー WiMAX 「WiMAX」は、 KDDIグループの「UQコミュニケーションズ」が提供するポケットWiFiです。 関連リンク 無制限で利用でき最大回線速度「1,237Mbps」と非常に高速なので 、固定回線のかわりとしても十分通用します。 ポケットWiFiは数多くありますが、通信速度が速く無制限で使えるのでおすすめできるポケットWiFiです。 「4Kなどの高画質動画を長時間みる」「オンラインゲームをがっつりやる」という人でなければ、 光回線ほどの高速通信は必要ありません。 工事不要で月額料金が安く外でも使えるので「WiMAX」を選ぶといいでしょう。 また マンションで固定回線を利用していて「通信速度が遅い」と感じた時の乗り換え先としてもWiMAXはおすすめです。 マンションの固定回線は共用のため、光回線であっても他の住人と同時に使用すると通信速度は大きく落ちてしまいます。 そんなときの乗り換え先に便利です。 WiMAXを利用するなら「GMOとくとくBB」が一番おすすめです。 関連リンク キャッシュバック金額が最も高いので、月額当たりの費用が一番安くなります。 WiMAXは通信速度や端末、利用できるエリアなどはどのプロバイダを選んでも同じなのでお得なキャンペーンをしているプロバイダがおすすめです。 auユーザーが契約すると、スマホの月額料金が割引されるセット割が適応されるので、auユーザーはとくにお得です。

次の

2020年版インターネット光回線速度の目安平均/遅い際出来る対策は?

光回線 速度 目安

快適なインターネット生活を送るための速度は? まずは、光回線がどれくらい速いものなのかという点を、確認しておきましょう。 光回線にかぎらず、一般的に 下りの速度が「 100Mbps」出ていれば、快適にインターネット通信が行えると言われています。 まずは、サイト閲覧や動画視聴などを快適に行うための速度目安を確認しておきましょう。 ・サイト閲覧、SNS閲覧……1Mbps~ ・動画視聴……5Mbps~ ・4K動画視聴……25Mbps~ ・オンラインゲーム……100Mbps~ 一般的には、上記の速度が出ていれば快適に利用することができると言われています。 一般的な光回線の通信速度は下り最大1Gbps 平均的な光回線各社の通信速度は、下り最大1Gbpsであることがほとんどです。 つまり、上記で挙げたサイト閲覧などを快適に行うための必要速度は、十分満たしています。 にもかかわらず、実際の動作がモッサリしてしまうことも少なくありません。 カタログスペックはベストエフォート型 光回線の公式HPやパンフレットに掲載されている「下り最大1Gbps」といった数値は、「 ベストエフォート型」 と呼ばれる理論値です。 ベストエフォート型の意味するところは「確実にその速度が出せることを約束する」というものではなく、「 ある一定の条件下でのみ、その速度を出すことが理論上可能であるため、その速度が出せるように努力する」といったものになります。 つまり、ほとんどの場合、記載されているそのままの数値が出ることはないのです。 光回線を導入しているのに遅いと感じてしまう原因は、ここにあります。 自宅の光回線の速度を調べて確認する方法 自宅の光回線が遅いと感じるなら、実際にどれくらいの速度が出ているのかを測定してみましょう。 自宅の光回線の速度を調べるためには、以下のサイトが便利です。 インターネットの通信速度をオンライン上で無料計測できます。 計測方法は簡単です。 以下のサイトにアクセスし、「 GO」のボタンを押すだけ。 それだけで、速度の計測結果が表示されます。 このサイトで調べることができるのは、以下の3項目です。 ・Ping値 ・Download 下り ・Upload 上り それぞれチェックを入れ、規定値以上の数値が出ているのかを確認してみましょう。 戸建てとマンションでは条件が異なる 戸建てとマンションでは、同じ理論値であっても条件が異なります。 戸建てプランが1家族1本の光ファイバーを独占できるのに対して、マンションプランの場合は1本の光ファイバーを同じ建物内の住人で分け合う形式となるためです。 そのため、マンションプランを利用していると、 利用者の多い土日や夜などの時間帯で速度が遅くなってしまうことがよくあります。 光回線が遅いと感じる5つの原因について 戸建てプランとマンションプランで条件の違いはありますが、そういった回線独自の特徴以外で、自宅の光回線が遅いと感じる原因を挙げてみました。 ・モデムやルーターが原因 ・接続の問題 ・接続している端末の問題 ・Wi-Fi接続先の問題(無線接続の場合) ・回線の問題 1つずつ、順番に確認していきましょう。 モデムやルーターが原因 モデムやルーターが古い機種の場合、性能が低く光回線の速度を活かしきれないことがあります。 ルーターによっては100Mbpsまでしか対応できないことがありますので、まずは 自宅のルーターが何Mbpsまで対応しているのかを確認しましょう。 接続の問題 接続が有線接続か無線接続かでもインターネットの通信速度は変わります。 一般的に、 有線接続の方が無線接続よりも速い速度で通信できると言われています。 接続している端末数の問題 ルーターに接続している端末が多いほど、通信速度が遅くなってしまいます。 PCだけでなく、スマホ、タブレット、ゲーム機など、 何台の端末がルーターに接続されているのかを確認しましょう。 Wi-Fi接続先の問題(無線接続の場合) Wi-Fiの規格には2種類(2. 4GHzと5GHz)があります。 (各端末のWi-Fi情報に表示されるとき、末尾が「a」と「g」で表現されます。 ) 末尾「a」と「g」の違いは以下の通りです。 〇 「g」の特徴〇 ・2. 4GHz ・障害物に強い ・電波が遠くまで届く ・電子レンジなどに干渉するため接続が不安定 〇 「a」の特徴〇 ・5GHz ・障害物に弱い ・他の無線ルーターとの干渉のリスクが低いため通信が安定する ・通信距離が長くなると電波が弱くなる ・「11ac」という新しい規格で接続できるため、通信速度が速くなる可能性がある 現在、速度が低下してしまっている端末が、「g(2. 4GHz)」と「a(5GHz)」のどちらで接続されているかを確認してみましょう。 回線の問題 速度に満足がいかない場合、回線自体が混雑していたり、そもそもの速度が出ない回線であったりすることも少なくありません。 たとえば、ADSLやCATVの場合、最大速度が光回線に比べて遅いです。 そのため、 光回線の方がインターネットの通信速度が出しやすいと言えます。 また、インターネットの接続規格にはIPv4とIPv6がありますが、IPv4にしか対応していない回線の速度は、遅くなってしまうことがあります。 接続方式にもPPPoEとIPoEという2つの方式がありますが、IPoEの方が速い通信が可能です。 つまり、IPv6規格かつIPoE方式に対応している回線を利用することで、インターネットの通信速度が上がる可能性があるということですね。 IPv6やIPoEについて、詳しくはこちらの記事をご確認ください。 光回線が遅い場合の改善方法 では、具体的にどのような対処をすれば、光回線の速度は改善されるのでしょうか。 先に挙げた光回線が遅くなる原因別に、改善方法を見ていきましょう。 モデムやルーターが原因の場合の改善方法 原因がモデムやルーターにある場合は、 まずは機器を再起動してみましょう。 モデムやルーターは、電源を入れっぱなしにして長く使い続けていると「 熱を持つ」「 ログがたまる」「 回線が混雑する」などの不調を起こしてしまうことがあります。 そんな時は、一度電源を抜き、放電してから再接続してみてください。 この作業を行うだけで、上記3つの問題が解消され、通信速度が改善される場合があります。 ただし、モデムやルーターの機種が古い場合は、光回線を活かしきることができないことが速度低下の原因である場合も考えられます。 その場合は、 新しい機種に買い替える必要があります。 接続の問題が原因の場合の改善方法 基本的に、無線接続よりも有線接続の方が通信速度は速いです。 現在、無線接続の速度に満足できていないなら、一度 有線接続を試してみましょう。 有線接続をする場合は、LANケーブルでモデム(またはルーター)とPCをつなぐことになりますが、その際には「 カテゴリ6」 以上のLANケーブルを用意することがポイントです。 古い規格のLANケーブルでは光回線の速度を活かしきれず、速度に変化が出ない場合があります。 無線接続のまま改善したい場合は 無線接続のままでの改善を考えるなら、 ルーターの位置を変更してみましょう。 具体的には、障害物や電子レンジ、コードレス本や、水回りを避けて、背の高い家具のうえに置くのがおすすめです。 また、ルーターの電波は同心円に広がりますので、 壁際ではなく部屋(または家) のなるべく中央に設置するようにすると、家のどこにいてもWi-Fiが繋がりやすくなります。 接続している端末の問題 ルーターに接続している端末が多いと、インターネットの通信速度は遅くなってしまいます。 接続している端末の数を減らしてみましょう。 そうすることで通信速度が向上する可能性があります。 Wi-Fi接続先の問題(無線接続の場合) 前述の通り、Wi-Fiの接続先には2. 4GHzと5GHzの2種類があります。 状況に応じて、この種類を切り替えてみましょう。 それだけで、通信速度が改善される可能性があります。 回線の問題 通信速度が遅い原因が回線にある場合は、利用時間帯を変えるか、回線を乗り換えるしか解決策がありません。 その場合は、「 IPv6規格のIPoE方式に対応している回線」 に乗り換えるのがおすすめです。 根本的な解決を目指すならば回線の乗り換えがおすすめ 光回線の速度が遅いと感じたら、まずは上記でご紹介した方法を試してみてください。 それでも思ったほど改善しない場合は、根本的な解決が必要です。 おもいきって、速度の速い回線に乗り換えることを検討してみましょう。 NURO 光は下り最大2Gbpsの超高速回線 ネット回線に高速さを求めるのでしたら、 NURO 光がおすすめです。 NURO 光の特徴は、主に以下の4点です。 ・回線速度が2倍 ・価格が安い ・IPv6対応のONUを無料貸し出し ・お得な特典がたくさんある それぞれ、ご紹介していきます。 回線速度が2倍 一般的な光回線は通信速度が下り最大1Gbpsであるのに対し、 NURO 光の速度はその2倍。 下り最大2Gbpsです。 光回線のなかでも、より高速なインターネット通信が期待できます。 11ac における通信で最大 1. 3Gbpsとなります。 11acに対応していない場合があります。 価格が安い 光回線の月額利用料金の平均は、5,000~6,000円。 そんな中、NURO 光の月額利用料金は プロバイダ料金込みで4,743円(税別)。 乗り換えるだけで、速さと安さの両方を手にできます。 IPv6対応のONUを無料貸し出し NURO 光から無料で貸し出されるONUには、無線LAN機能が搭載されています。 そのため、自分でルーターを用意する必要がありません。 また、NURO 光のONUは、すべての機種がIPv6規格であるIPoE方式に対応しています。 状況に応じて自動でIPv4とIPv6の接続切り替えが行われるため、つねに最高の状態でインターネット通信をすることができます。 お得な特典がたくさんある NURO 光には、様々な特典があります。 ・キャッシュバック ・1年間の月額利用料金が980円(税別) ・ひかりTVとセットで1年間の月額利用料金が1,500円(税別) ~ ・3ヶ月間ワンコイン( 500円(税抜)) で使えるお試しプラン これらの特典の併用はできませんが、一人ひとりのスタイルに合わせて特典を選ぶことが可能です。 上記以外で併用できる特典もありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。 さらに、ソフトバンクユーザーの場合、「おうち割 光セット(スマホの月額使用料金の割引)」や「ホワイトコール24(通話料の無料)」というセット割も利用できます。 どちらも、ソフトバンクユーザーにとってお得な内容となっていますので、こちらの記事で詳細をご確認ください。 まとめ 自宅の光回線の速度が遅いと感じたら、まずは、現在の自分の端末がどれくらいの速度が出ているのかを確認してください。 そして、速度が出ていないことが確認できたら、原因がどこにあるのかを調べ、それに応じた対策をとるようにしましょう。 それでも速度が変わらない場合は、根本的な改善を目指すために速度の速い回線への乗り換えをおすすめします。

次の