愛の不時着 チョ・チョルガン。 愛の不時着

愛の不時着

愛の不時着 チョ・チョルガン

公開から2カ月経っても総合トップ10を維持している韓国ドラマ『愛の不時着』。 最近、周囲で見てくれる人が増えて嬉しいです。 人気の理由を要素分解すると、7~8割は 「リ・ジョンヒョクがカッコいい!」、「ユン・セリとのルがお似合いすぎて完璧」でしょう。 加えて「前半舞台の 、日常生活が興味深い」が2~3割でしょうか。 見たちは様々な角度から、このドラマの魅力を語っています。 例えば主演2人が自立してお互いを尊重しているところ、家族や友人関係を丁寧に描いているところ。 特に「 脇役描写の丁寧さ」を挙げる人がたくさんいます。 今回は、重要な脇役2人に着目して「愛の不時着」の隠れたメッセージ読み解いてみます。 焦点を当てるのは の秘密警察チョ・チョルガンと、 韓国出身の詐欺師ク・スンジュン。 全て観た方向けにネタバレありで書きますのでご了承ください。 南北犯罪者が持つ共通点とは チョ・チョルガンとク・スンジュンには複数の共通点があります。 2人とも犯罪者であり、最終回近くで殺されること。 そして、 どちらも社会構造の犠牲者であることです。 まず、犯罪者としての側面を見てみます。 チョルガンはの腐敗した官僚です。 韓国の犯罪者を北で匿う代わりに報酬を受け取り蓄財してきました。 韓国領内にあるを、人を雇って盗掘させて売り払うこともしています。 彼は自分の不正に気付いた人を躊躇せず抹殺します。 不正な蓄財の成果物を、の政府高官に分配することで、チョルガンは様々な便宜を得てきました。 ですから、なかなか捕まりませんし、捕まってとなっても、移送途中で逃げることができたのです。 そのチョルガンがに張り巡らした不正ネットワークの恩恵を受けるのがク・スンジュンです。 彼は 韓国でユン・セリの次兄から多額の金をだまし取り、に逃げ込んで身を隠します。 チョルガンから外国人向けの豪華な宿泊施設を提供されて滞在するのです。 彼らの悪事には理由がある フィクションを面白くするのは、主役のカッコよさや美しさ以上に、悪役の魅力でしょう。 どんなに主役がカッコよくても、 倒すに値しない悪役では、物語が盛り上がらないからです。 そして、悪役を描くにあたり、必要なことが少なくとも2つあります。 まず、彼または彼女が強いこと。 簡単に倒せないからこそ、面白くなるのは当然です。 そして悪事には同情に値する理由が必要です。 それにより、 単純な勧善懲悪を超え、深みのある物語が生まれます。 ク・スンジュンについて言えば、彼は 韓国の法律を破った犯罪者ですが、悪役と呼べるか分かりません。 人を物理的に傷つけることはなく、ユン・セリを守るため協力を惜しまない「正義の味方グループ」に属しています。 そもそも、スンジュンからお金をだまし取られたセリの次兄が酷い人ですから、まあ、 いいのではないか、と思えるのです。 一方、 チョ・チョルガンはまぎれもない悪者です。 自分の悪事を暴こうとしたジョンヒョクの兄を殺し、セリとジョンヒョクの命を狙い、の政府高官であるジョンヒョク実家を破滅させようとします。 その過程で、盗聴者を懐柔したり、脅迫したりするのも当たり前です。 絶対悪役であるチョルガンが韓国特殊部隊の狙撃に遭って 死ぬのは、エンタメとしてはでしょう。 けれども本人が 路上生活者だったと知ると、話は簡単ではなくなります。 ホームレスきょうだいはチョルガンの子ども時代 ドラマでチョルガンが保護者をなくした経緯は描かれませんが、 子ども時代の彼と似た暮らしをしていると思われるホームレスのきょうだいが2回、登場します。 いずれも短いけれど印象的なシーンの1回目は、ジョンヒョクの家から服を盗もうとした兄(おそらく10歳前後)に、セリが食べ物をあげる、というものです。 市場の隅にある1畳ほどのスペースで寝ていた妹(おそらく5歳前後)に、兄が「美味しいものがあるよ」と言って、もらった食べ物を渡すシーンを見て泣いてしまったのは私だけではないはずです。 2回目にホームレスのきょうだいが登場するのは、物語の後半です。 ここでは、追手から逃げていたク・スンジュンが、ホームレスの兄にほんの短時間かくまってもらう代わりに、多額の米ドルを与えます。 スンジュンがこの子にかける優しい言葉から、彼自身が経験した苦労を想像できる物悲しいシーンです。 いずれの場面にも、チョ・チョルガンは登場しません。 それでも、彼が「路上で育った」と述べたことを想起する時、このホームレスの少年は 「チョルガンに起こり得た、もうひとつの人生」に見えるのです。 人間の生命を守らない国家体制を超ミクロ視点で批判 もし、チョルガンに食べ物や優しさを与えてくれる大人がいたとしたら。 その人が見返りを求めず、同情や共感から彼の生命を守ろうとしてくれたら。 そして、 もし、チョルガンが人生をやり直せる元手を持っていたら。 教育を受ける機会や衣食住を整えられる経済力があったとしたら。 彼は、それでも残虐な軍事部長の手先となって不正や犯罪をはたらいたでしょうか。 このドラマはの庶民生活を生き生きと描き出し、 政治体制を直接に批判することはありません。 しかし、チョルガンの悲惨な人生は、 福祉やなき国家のありようを超ミクロの視点で批判しているかのように、私には見えました。 、の軍事費は比13. 3~24. 4%(2007~2017年の平均)と世界でも突出して多いのです。 豊かと言えない国で軍事を優先すれば、人々の生活が苦しくなることは明らかでしょう。 犯罪に手を染めることで階層上昇を実現したチョルガンは、自分に目をかけてくれた軍事部長がジョンヒョク父を失脚させる手伝いをします。 悪の権化のように映りますが、 彼がこんな風になってしまったのは、果たして本人だけの責任なのか。 ジョンヒョクの正義も環境由来か ドラマのヒーローであるジョンヒョクが、持ち前の正義感でチョルガンを逮捕、裁判に持ち込んだシーンを、私は落ち着かない気分で見ていました。 国内ナンバー2~3の権力者を父に、女優を母に持ち、生まれた時から家族愛、経済力、音楽の才能、容姿、知力を兼ね備えていたからこそ、彼は正義のために行動できたのではないか。 チョルガンを一生、強制労働につかせた政府は、彼に違う生き方の選択肢を与えてこなかった。 彼を追い詰めたのは、生命や安全を個人に与えなかった社会や国家体制だ、というメッセージを私は読み取りました。 資本の暴走も批判されている 『愛の不時着』の脚本家は、とてもフェアだと思います。 というのも、批判的に描かれるのはの体制だけではないからです。 韓国の資本主義もまた、このドラマは批判的に描いています。 後半で明らかになるのは、ク・スンジュンが、商社経営者の息子だった、という事実です。 彼の父が経営していた企業は、財閥企業を率いるユン・セリ父によって強引に買収されます。 家族に不幸をもたらしたユン家をスンジュンは憎んでおり、 復讐のために近づいて次兄から多額の金をだまし取ったという背景があったのです。 で、スンジュンは、ある女性に好意を抱きます。 その人のために 「良い人間でありたい」と考え、それを実行に移し殺されてしまうのです。 ク・スンジュンが死んでしまう話の流れからは、 資本の暴走がもたらす不幸が描かれていると思いました。 政権であれ資本主義であれ、富の分配が歪んでいれば、そこで犠牲になる人々がいます。 チョ・チョルガンもク・スンジュンも、メインのラブストーリーではあくまで脇役です。 彼らを「そのようにしか生きられなくさせた」社会構造を少ない情報で巧みに浮き彫りにしたことで、このドラマは、単純なロマンチック・コメディを超えて社会的なメッセージを伝えてきます。 それは、 犯罪は社会の鑑であるということ、そして、 経済政策の失敗が人を不幸に陥れる、ということです。 こうした教訓を正面から描くと説教臭くなり、マス市場には受け入れられません。 ラ&冒険活劇を間口にして多くの人を惹きつけ、自然に社会問題に目を向けさせる。 そこが優れたエンタメの価値と言えるでしょう。 rengejibu.

次の

「愛の不時着」ソン・イェジン、ヒョンビンを助けるため危機に…チェ・ジウも登場

愛の不時着 チョ・チョルガン

私が戻ったからには手出しはさせない マンボクの告白 北朝鮮ではジョンヒョク肩を落としていた そんな夜、盗聴係のマンボクが現れた ずっと盗聴していたこととムヒョクが亡くなった日 自分に渡した誕生日プレゼントの財布とお祝いの紙を見せる そして過去の話をする ジョンヒョクのお兄さんムヒョクは10年前、マンボクの息子を助けた恩人であった ムヒョクはチョ・チョルガン少佐が裏で働く悪事を掴み告発の準備をしていた。 マンボクは母の命で脅されてムヒョクを盗聴するように言われていたことから 告発する前にチョルガン少佐に知られることになった。 邪魔ものになったムヒョクをチョルガン少佐が殺したのだという。 マンボクは泣いて詫びながらセリが落とした時計と音声テープを渡す。 録音されていたのはムヒョクの愛ある弟への言葉だった。 ソウル 韓国に戻ったセリ 兄の嫁ヘジから指輪を取り戻し。 どうやって家に入ったのかをきく 母がパスワードで開けたと知らされた セリズチョイスは母とサンアが取得したとも聞かされた。 セリが母にかけた言葉は「生きて戻って申し訳ない」だった。 チョ・チョルガン少佐 ジョンヒョクはチョルガンのこれまでの悪事を時計に仕込んだICチップで お父さんの元へ送信 チョ・チョルガン少佐の裁判は逮捕されることに 追われるスンジュン 立場が悪くなったスンジュンも追われる立場に 窮地を救ったのはダンだった。 スンジョンはダンに知っていることをすべて話す ジョンヒョクからセリの脱出を頼まれたこと 急遽、地帯勤務を志願したこと スンジジュンはダンに早く想いを終わらせろ、 愛ではない執着だったと告げる チョ・チョルガン少佐裁判 チョ・チョルガン少佐裁判でジョンヒョクが 出廷してこれまでの悪事を暴く 全財産と市民権没収の上、無期懲役を言い渡される ジョンヒョクには捨て台詞 「あの女はお前のせいで死ぬ」と言い残す その後、護送車は襲撃、 チョルガンは逃亡し韓国に向かう チョルガンはジョンヒョクに電話で 「今からあの女の首をとるために韓国に行く」と脅す.

次の

愛の不時着ソ・ダンがさんが浅野温子さん?あとチョ・チョルガンがあの

愛の不時着 チョ・チョルガン

愛の不時着の 各話のネタバレは以下からご覧ください。 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 (最終回) 韓国ドラマ「愛の不時着」の1話のあらすじは? 早速、韓国ドラマ「愛の不時着」の1話のあらすじから紹介しますね。 1話の冒頭は 大財閥の娘で自分のファッションブランドを上場企業にまで成長させた ユン・セリ ソン・イェジン)が俳優とのスキャンダルをパパラッチされる場面です。 しかしパパラッチを逆手にとり自社の製品や株価を上場 させるやり手の実業家。 実家は大財閥のクイーンズグループ。 会長であるユン・セリの父ユン・ジュンピョン(ナム・ギョンウプ)が執行猶予で釈放される。 家族での夕食の場で、クイーンズグループの後継者が発表される。 3人兄弟の長男ユン・セジュン(チェ・デフン)は労組委員長への暴力事件、次男ユン・セヒョン パク・ヒョンス)は投資詐欺に合い巨額の損失を出している。 その中で、セリが久々に家に顔を出し、経営手腕を評価され 後継者に指名される。 その場でセリは長男、次男をクビにすると宣言。 次の株式総会で後継者として発表すると父から伝えられる。 次期会長になることも決まり、自社の事業の拡大も順調で上機嫌のセリは、事業拡大のためのスポーツ部門のパラグライダーの商品テストをセリ自身で行う。 この パラグライディングで竜巻に巻き込まれ、北朝鮮が管轄する非武装地帯に墜落してしまいます。 墜落したセリを発見したのは北朝鮮の軍人、 リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)。 第5中隊の中隊長としてまっすぐな性格の為、侵入者としてセリを捕えようとする。 逃げるセリを追いかける最中、地雷を踏み身動きできなくなるリ・ジョンヒョク。 部隊のチャン・マンボク(キム・ヨンミン)やピョ・チス(ヤン・ギョンウォン)に逮捕の命令を出す。 しかし、 足の速さに自信のあるセリは追手から逃げ切り北朝鮮の鉄柵を越えてしまう。 森を抜け、ついた先は小さな村。 韓国に戻ったと安堵したが、暗い街の様子や人々の暮らしの様子を見て北朝鮮にきた事に気づく。 そこに保衛部チョ・チョルガン(オ・マンソク)を乗せた軍用トラックが通りかかり、 セリが見つかる直前にジョンヒョクが現れ助ける。 びっくりしながらも、ジョンヒョクの顔を見て笑顔を見せるセリ。。。 が第1話の内容です。 さて、そんな展開の1話からはじまった韓国ドラマ「愛の不時着」ですが、最終回のラスト結末はどのようになったのでしょうか? スポンサードリンク 韓国ドラマ「愛の不時着」の最終回ラスト結末のネタバレは? 韓国ドラマ「愛の不時着」の最終回はこんなラスト結末が待っていました。 ネタバレがありますので、未見の方は注意してくださいね。。 愛の不時着の前半は北朝鮮が舞台で話が進んでいきます。 セリを韓国に脱出させるために第5中隊の部隊とともに計画を立て、度々実行にうつすジョンヒョク。 その過程で、だんだんと心が近づきそうになる2人だが、ジョンヒョクの婚約者 ソ・ダン(ソ・ジヘ)の存在や韓国と北朝鮮という国の問題、韓国に帰るセリという事実が2人を引き離します。 何とか韓国に戻りさっそく仕事に精を出すセリだが心に空いた穴を埋めることができずにいた。 同じころジョンヒョクはチョルガンの悪事を明かそうと奔走している中、 チョルガンから韓国に渡りセリを殺しに行くと宣言されセリを守るためジョンヒョクも脱北する。 最終話では、国家情報院に連行された第5中隊の隊員たちとジョンヒョクが北朝鮮に帰還させられる。 禁断戦(休戦中の国惹かれる軍事境界線)の前で、最後に会いに来たセリが手錠をかけられているジョンヒョクを見てしまう。 意志とは関係なく禁断戦を超えてジョンヒョクの元に駆け寄るセリ。 セリの体を心配し、禁断戦を越えてセリを抱きとめるジョンヒョク。 興奮するセリに、君と出会えて事に感謝している。 会いたいと心から願えばきっと会える。 愛してる。 と涙をこらえながら伝える2人。 離れ離れになってからも、セリの部屋にメモを残したり、予約メールを使ったサプライズを準備していたジョンヒョク。 そのサプライズでセリも日々の生活を取り戻していく。 最後のメールで 、「エーデルワイスの咲く国(スイス)で会おう。 」と伝える。 その約束の為、クラシック音楽教育を支援する財団を設立しスイスの大学に通うようになる。 時がたち、 スイスでパラグライディングをし着地をした目の前にいたのはジョンヒョク。 再会してから、1年の内2週間スイスに滞在しジョンヒョクと生活を共にするようになる。 疑問(謎)ジョンヒョクは召喚除隊で国立交響楽団に入ったことになっているが、自由に外出できるものなのか。 それではここからは韓国ドラマ「愛の不時着」の私の感想をお伝えしますね。 スポンサードリンク 韓国ドラマ「愛の不時着」の感想は? シーズン2あり!? こちらが韓国ドラマ「愛の不時着」を見た私の感想となります初めは北朝鮮に不時着からの恋愛ドラマ?とあり得ない設定に戸惑いましたが、コメディ要素やサイドストーリーにもとても面白くどんどんと引き込まれていきました。 北朝鮮のキャストで私が大好きなのが社宅村住む村人たち。 奥様方の井戸端会議の風景やご近所同士で食べ物を分け合ったりする風景は昔の日本の風景を思い出すシーンもありました。 1話の中に笑いあり、緊迫するシーンあり、胸キュンあり、涙あり。。。 そして、所々に家族愛について考えさせられる場面もあます。 「愛の不時着」には恋愛ドラマだけない要素が沢山あるところが魅力的でした。 ただジョンヒョクは召喚除隊で国立交響楽団に入ったことになっているが、自由に外出できるものなのでしょうか?謎として気になるところです。 さて、シーズン2はあるのかどうかの予想ですが、韓国でも人気のあったドラマだけにシーズン2はなくとも、サイドストーリーとして北朝鮮の第5中隊のストーリーを是非見たいところです。 A post shared by subinyu1106 on Dec 14, 2019 at 11:53pm PST ジョンヒョのク部下。 韓流好きでドラマから取得した知識が豊富で、流行や文化にもとても詳しい。 チェ・ジュウの大ファン。 ユ・スビン 1992年11月6日生まれ。 180㎝。 2016年映画「カーテンロール」でデビュー。 ドラマ「刑務所のルールブック」「チェックメイト!正義の番人」などに出演。 最近では2020年4月スタートのバラエティー番組「注文をパダヨ」にレギュラー出演。 チョ・ピス役のヤン・ギョンウォンと共演しています。 韓国ドラマ「愛の不時着」のキャスト タン・ジュンサン(クム・ウンドン役) 愛の不時着の 各話のネタバレは以下からご覧ください。 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 (最終回) 韓国ドラマ「愛の不時着」まとめ 「愛の不時着」は分断された韓国と北朝鮮を背景とし、韓国の財閥の娘と北朝鮮の将校とのラブロマンス。 出会いがパラシュートの不時着というありえない設定や北朝鮮の人々の暮らしを細かく再現しているところなど、ロマンス以外にも興味が惹かれるポイントが多数あるドラマです。 主役の2人の魅力も絶大ですが、脇を固めるキャストのサイドストーリーも作りこまれています。 時間軸を戻して、過去と現在が結びついていく様も見どころの一つですね。 何度もみたくなってしまう「愛の不時着」是非ご覧ください。

次の