スマート ex 発券。 きっぷを受取って乗車する|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

きっぷの受取方法・箇所

スマート ex 発券

目次 CLOSE• きっぷの受け取りのルール 受け取りが必要なケース• 2名以上を予約した場合• スマートEXで交通系ICカードが未登録の場合• EX予約のe特急券で予約した場合 2名以上で予約した場合、必ず切符の受け取りが必要です。 ICカードが利用できるのは会員本人だけです。 本人以外が利用するには、人数分の切符を発券し、きっぷを受け取って乗車する必要があります。 スマートEXの場合は会員画面よりご自身で交通系ICカードを登録します。 この作業を行っていないと利用できるICカードがないため、きっぷを受け取って乗車する必要があります。 EX予約では、e特急券での予約が選択可能です。 乗車券を別に買う場合です。 e特急券は人数に限らず発券して切符を受け取る必要があります。 ICカードは特急券と乗車券がセットですが、乗車券を別に買うe特急券は受け取りが必須になるのです。 受取が必要なのかよくわからない場合は、予約内容を会員画面で確認してください。 「きっぷ」「IC未登録」「IC乗車不可」のいずれかの表示があれば受け取りが必要であることを意味します。 発券や受け取りは、いつから、いつまで EX予約、スマートEXで予約が完了した瞬間から、新幹線が発車する1分前まで受け取りができます。 EX予約、スマートEXでは1か月先の列車が予約ができます。 受け取りは一番早くて1か月前、一番ギリギリで乗車時刻の1分前まで受け取りができます。 早く受け取って損することと言えば変更時です。 発券してしまうと通常の切符同様に、1回までしか変更ができなくなります。 2回目の変更からは一度払い戻しとなるため、手数料が発生するリスクがあります。 発券するまではEX予約、スマートEXは何回でも無料で変更できます。 受け取り場所 切符の発券や受け取りはみどりの窓口か、自動券売機、受け取り専用機でできます。 自動券売機や受け取り専用機は、新幹線の改札口付近にあります。 みどりの窓口は少し離れている場合もあります。 不安な場合は、JR東海公式サイトのでご確認下さい。 受け取りが可能な人数 予約時や、受け取り時に人数制限はありません。 ただし、1度の操作で予約、受け取り人数に制限があります。 予約は1回の操作で6名までです。 発券は1回の操作で4名までです。 それぞれ人数が超える場合は2回、3回と操作が必要になりますが、上限はありません。 乗車券は購入が不要 EXきっぷは、乗車券と特急券が一体となった切符です。 新幹線駅までの切符が別に必要ですが、新幹線の乗車駅から降車駅までの区間は含まれていますので、誤って乗車券を購入しないようご注意ください。 EX予約・スマートEXの発券と受け取り手順 20年3月からの受け取り方法変更 EX予約・スマートEXの発券方法が、20年3月21日より変わりました。 受け取りにクレジットカードが利用できなくなりました。 受け取りコードを事前に発行するという面倒な作業が増えました。 EX予約の場合はEX-ICカードでも発券は可能です。 EX予約できっぷ受取に必要なもの変更 旧 2020年3月20日まで 新 2020年3月21日から 「EX予約ICカード」または「予約クレジットカード」と、パスワード 「EX予約ICカード」または「受取コード」と、パスワード きっぷの発券や受け取りに必要なもの 事前に予約し、きっぷを発券するのに必要なのは、EX-ICカードまたは、受取コードとパスワードです。 EXカードはEX予約専用のカードなので、スマートEXの方は受取コードとパスワードが必ず必要です。 予約用のクレジットカードも念のためにもって置いた方が無難です。 発券後に万が一払い戻す場合はクレジットカードが必要なので新幹線に乗る日は携帯していきましょう。 受取コード発行手順 EX予約、スマートEXのどちらでも共通の方法です。 スマートEXでは必須。 EX予約でEX-ICカードを携帯しない場合は必須の作業です。 受取コードの発行は乗車前までに実施しておく方が良いですよ。 乗車当日に駅でも可能ですが、列車の遅れがあるなどバタバタする可能性もあるため。

次の

スマートEXの会員登録、ネット予約、発券の方法について解説

スマート ex 発券

会員登録 スマートEXの会員登録は以下の手順で行います。 スマートEXホームページ()へアクセスします。 「会員登録」をタップ。 メールアドレスを入力し、「OK メール送信」ボタンをタップ。 登録したメールアドレスに届いた「会員登録メール」にあるURLにアクセス。 「規約及び特約の内容に同意します。 」をチェックし「OK 同意する」をタップ。 「氏名」「電話番号」「生年月日」「ログインパスワード」「 クレジットカード」「交通系ICカード」「メールアドレス」等の情報を入力し、「OK 確認画面へ」をタップ。 交通系ICカードの登録は任意です。 登録内容を確認し「OK 登録する」をタップ。 登録したメールアドレスに 会員IDを記載したメールが届いたら、会員登録完了です。 ネット予約 スマートEXのスマホアプリを使った予約で説明します。 EXアプリのインストール EXアプリをスマホにインストールしてください。 ログイン アプリを開いて、会員IDとパスワードを入力してログインします。 新規予約 新規予約で乗車日、時刻、乗車駅、降車駅、人数を指定します。 列車選択 列車の一覧から乗車する列車を選択します。 商品選択 指定席の空席状況が表示され、座席を選択します。 確認して「予約を続ける」をタップします。 予約確認 予約内容を確認して「この内容で予約する」をタップすれば、予約は完了します。 メール受信 予約後、登録したメールアドレスに予約された旨のメールが入ります。 このあとで空席があれば予約の変更も可能です。 予約は簡単にできますし、メールで予約の確認ができるのがいいですね。 発券の方法 スマートEXでは基本的に券売機で乗車券・新幹線特定特急券を発券します。 発券手順は以下のとおりです。 「EX きっぷ受取」というマークのある券売機できっぷ受取ボタンをタッチ• 予約に使用したクレジットカードを挿入• スマートEXのログインパスワードを入力して確定をタッチ• 予約しておいた乗車券・特急券を選択して発券をタッチ• 乗車券・特急券と領収書を受け取る 発券には必ず登録してあるクレジットカードが必要ですので忘れないよう注意してください。 クレジットカードを挿入すれば、予約の内容が読み込まれます。 まとめ スマートEXは、年会費無料で東海道新幹線・山陽新幹線のネット予約ができます。 スマートEXの会員登録、ネット予約、発券の方法について解説しました。 、 みどりの窓口で並ばなくてよいのでとても便利な予約システムです。 これで割引があるともっとよいのですが。 なお、スマートEXでは特定都区市内制度が適用されませんので、東京まで行く場合は東京駅までの乗車券になり、そこからの在来線は乗車料金がかかります。 カテゴリー•

次の

新横浜から新幹線に乗るならスマートEXが便利な理由

スマート ex 発券

会員登録は簡単です。 会員登録時にクレジットカード登録が必要です。 また交通系ICカードを登録すれば そのICカードで新幹線にそのまま乗れます。 その場合は、僕がこれから書くことをする必要はありません。 そのまま、「新横浜新幹線チケット受け取りスムーズ組」 の仲間入りです。 おめでとうございます! スマートEXで新横浜駅で新幹線チケットを受け取る方法 交通系ICカードを登録しない場合 新幹線チケットを受け取るという作業が必要です。 流れとしては• 市営地下鉄で新横浜駅に到着• 新幹線窓口に向かう• スマートEXの切符受け取り機でチケットを受け取る• 新幹線に乗る になります。 全行程5分だと厳しいですね。 10分は欲しいところです。

次の