石原 さとみ 薬剤師 ドラマ。 木10ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』全話【無料】で見る!主演:石原さとみ

石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』7・16スタート それまでは『Dr.コトー』再放送

石原 さとみ 薬剤師 ドラマ

女優のが主演する木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(毎週木曜 後10:00)の初回放送日が、7月16日に決定した。 当初4月9日放送予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に最大限の配慮をするべく撮影を休止。 今月8日より、新型コロナウイルス感染症対策を十分に講じた上で、撮影を再開している。 同作は、日本の連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公。 また18日から7月9日までの同時間帯には、吉岡秀隆主演『Dr. コトー診療所2004』を再放送することも決定。 同シリーズは美しい自然に囲まれた架空の島、志木那島を舞台に、コトーの愛称で親しまれる医師・五島健助(吉岡)と島に生きる人々の交流を情緒豊かに描いたヒューマンストーリーとなっている。 今回は2004年11月に二夜連続で放送され、コトーが志木那島に来て1年たった頃の出来事を描く、第1期の続編にあたるストーリーを送る。 病との闘い、淡い恋情、家族の愛と絆など、島に生きる人々の人間模様を描いた感動作。 再編集した特別編として4週にわたって16年ぶりにして初めて再放送される。

次の

石原さとみが病院薬剤師に!連ドラ初、病院薬剤師が主人公の新・医療ドラマが誕生! この春一番の感動を呼ぶ“心の処方箋”ドラマ

石原 さとみ 薬剤師 ドラマ

フジテレビ4月期の木曜劇場では石原さとみ主演の薬剤師ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」 毎週木曜夜10:00-10:54 を放送することが決定。 そのビジュアルが解禁された。 病院薬剤師を主人公にした医療ドラマは日本の連ドラ史上初となる。 主人公・葵みどりを演じるのは石原さとみ。 みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。 それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。 1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。 チャームポイントのお団子ヘアを揺らしながら、患者一人一人と真摯に向き合っていく。 2018年7月に連載を開始して以来、知られざる薬剤師の奮闘をリアルに描写したヒューマンストーリーとして、医療従事者に関わらず多方から絶賛の声があがっている。 また、薬科大学生の間では薬剤師の現状を知るためのバイブルとしても活用されているという。 脚本を務めるのは日曜劇場「グランメゾン東京」 2019年、TBS の黒岩勉。 医療ドラマの脚本を手掛けるのは本作が初となる。 私自身、ドラマで医師や看護師を演じた経験はありますが、薬剤師が登場人物として描かれることはほとんどなかったのではないでしょうか。 患者に寄り添う大切な存在なのに知らないことばかりでした。 Q 葵みどりを演じるうえで心がけたいことは? ドラマで描かれるみどりは原作よりもキャリアを積んでいる設定なので、患者さんに寄り添う温かさや優しさを持つ一方で、冷静な部分も持ち合わせていると思います。 Q 衣装を着てみていかがですか? 薬剤師の衣装に関してはデザインから一緒に考えさせていただきました。 機能的でスタイリッシュながらも、どこかかわいさもあり、自然に身にまとうことができています。 白衣だと医師や看護師と見分けがつかなくなってしまうのでデザインの違いを意識しました。 このドラマを通じて、薬剤師にもユニホームがあることが浸透してくれたらうれしいです。 Q 視聴者へメッセージをお願いします。 薬剤師というお仕事をもっと多くの人に知っていただきたいと思います。 私自身、初めて知って驚いたことがたくさんありました。 そして、夢物語ではなく、きちんと現実を伝えていけたらと思います。 医療モノは数あれど、薬剤師はほとんど出てきません。 この原作を読んだ時に面白くて意義のある題材だと感動しました。 薬剤師は、医師に匹敵するほどの人数であるにも関わらず、ドラマや映画で薬剤師が主人公の作品はほとんど皆無です。 病院薬剤師は、医師からの処方箋に従って薬を提供するのが主な仕事。 1日に全国で処理される処方箋はおよそ220万枚。 そのうち6万枚を超える処方に疑義がかけられており、さらにそのうちの約70%は処方変更になっています。 縁の下で我々の身体と真剣に向き合っている薬剤師にスポットライトを当てたドラマを描きたいと思い、企画しました。 Q キャスティングについて 今回の主人公・葵みどりは、周囲の状況や自分が置かれている立場を弁(わきま)えつつも、患者さんのためであれば、ときに医師と、ときに患者さんと闘う、信念の強さと優しさに溢(あふ)れた人物です。 そんな葵みどりを冷静さの中に強い情熱を感じさせる石原さとみさんならば、リアルに具現化していただけると思い、お願いさせていただきました。 Q 視聴者へのメッセージ 怪我(けが)や病が治って終わりじゃない。 病院薬剤師が出す心の処方箋。 ほろっと泣けて心温まるドラマと共に、主人公・葵みどりと薬剤師のチーム感にもご注目ください。 (ザテレビジョン).

次の

石原さとみ、医療関係者から猛反発を食らった過去…薬剤師ドラマで起死回生なるか|日刊サイゾー

石原 さとみ 薬剤師 ドラマ

先日、撮影が始まり、主人公・葵みどり役の石原、新人薬剤師・相原くるみ役の西野七瀬がクランクインを迎えた。 悪天候を吹き飛ばすほどにキャスト、スタッフの士気は高く、石原と西野がスタッフに紹介されると大きな拍手が鳴り響き、院内は熱気に包まれた。 最初の撮影は、くるみの教育担当になったみどりが、くるみを連れて入院患者の投薬状況をチェックしに回るシーンから。 真摯 しんし に丁寧に一人一人の患者と向き合いながらも、病室から病室へはかなり早足で移動するみどり。 くるみは小走りになりながら懸命についていく。 同じ薬剤部のユニホームを着るみどりとくるみだが、足元にはそれぞれの個性が垣間見える。 みどりはスニーカーで、一方のくるみは厚底のブーツ。 キャリアの差が足元にも出ており、仕事に対して対照的な2人が今後どんなやり取りをしていくのか注目だ。 この日の撮影はひたすら早歩き三昧。 石原が「この現場、ずっと早歩きですね!」と監督に言うと、「でも、くるみはずっと走ってるよ 笑。 そのうち病院一周しちゃうかもね」と監督。 キャスト、スタッフに笑顔がこぼれた。 初共演の石原と西野は、撮影を続けるうちに2人のリズムをつかんできた模様。 撮影の合間は笑顔で会話しながら、心の距離を縮めていく姿が見て取れた。 同じ薬剤部の刈谷奈緒子 桜井ユキ の指示の下、羽倉龍之介 井之脇海 や工藤虹子 金澤美穂 ら病院薬剤師たちが、山のように舞い込んだ処方箋を一つ一つ確認し、調剤、監査、投薬といった膨大な作業量をスピーディーにこなしていく。 ある日、そんな薬剤部に新人の相原くるみ 西野七瀬 がやってくる。 人手不足に頭を抱える薬剤部にとっては明るいニュースだが、「向いてなかったら辞めようと思ってます」ときっぱり言い切るくるみ。 薬剤部部長の販田聡子 真矢ミキ がくるみを連れて院内を案内していると、救急センターに心停止の急患が運ばれてくる。 そこでくるみは、医師や看護師と連携して緊急処置に当たるみどりの姿を目の当たりにする。 (ザテレビジョン).

次の