セルフカット セミロング。 女性のセルフカットのやり方は?ミディアムやセミロングの後ろ髪の切り方も♡

髪をセルフカット。ボブの私の切り方

セルフカット セミロング

皆さんこんにちは。 クラッセスタイリング担当の碧 あおい です。 「カットが難しい。 出来ないよ!」 という方に オススメな裏技です。 ここまで紹介してまいりました、レイヤーカット。 カットでどうしてもうまくいかない場合の最終手段。 あるんです裏ワザが! まずは、簡単ブロッキング。 頭頂部から耳後ろまでの部分と、サイド、前髪の 4ブロックに取り分けていきます。 前髪となる部分は頭頂部から目じりにかけての三角形。 下記図の部分になります。 分け取ることが出来ましたら 裏技のご紹介です! サイドの部分を取ります。 このままハサミは入れず コームを用意し、画像のように前方向にときながら カットをしたい箇所よりも、やや短めの部分持ちます。 持った部分をゴムで結びます。 その時、 上部の髪が真っ直ぐになるよう、持ってください。 この状態のまま、ゴムに添ってカットしていきます。 この時、カットは 横に真っ直ぐ ザクザクと切って頂いて大丈夫です! 後で整えていきますので 思い切ってカットしていきましょう。 ここで重要なのが、上を真っ直ぐにした状態でカットする事。 上が真っ直ぐ、下が斜めの状態でカットすることで 段(レイヤー)になるのです! 切ってからゴムを外しますと、写真左側のようになります。 毛先がガタガタすぎて、ちょっと残念な感じです。 ざっくりとした切り口のままだと 少々不格好なので、梳きハサミで整えます。 梳きハサミを用意します。 梳きハサミはお求めいただけます。 ガタガタに見えるラインの部分を縦に取ります 梳きハサミでなじませていきます。 重要なので、もう一度。 ハサミを縦に入れる時は床に対して垂直に! 中間から毛先にかけてハサミを入れてください。 すると・・・ ガタガタに切れてしまったラインが、こんなに綺麗になじみました! そしてレイヤーカット完成です! 裏技カット方法でも、 レイヤーカットがこんなにきれいに仕上がります。

次の

カットで内巻きにできるの?

セルフカット セミロング

Contents• スポンサーリンク 内巻きになりやすくなるカット 一番内巻きになりやすい髪型はズバリ ボブです! 肩にぶつからない長さのボブだと基本的に内巻きになりやすくなります。 ボブをカットするときは基本的にイングラデーションという技法を使います。 簡単に言うと 内側の毛は短く、表面の毛になるほど長くなるようにカットすることです。 内側が短くなっていますよね。 表面の毛が内側の毛を隠しています。 このイングラデーションという技法でカットすると内に入りやすくなるのです。 本当に乾かしただけで勝手にうちに入るようになります。 ちなみに逆にハネやすくなるのがレイヤーカットです。 段が入るほど 動きが出るようになりますが、裏を返せば ハネやすくもなるということです。 内巻きになりやすくなるもう一つ方法は 顔まわりだけ前上がりにカットすることです。 まっすぐ切りっぱなしにするよりも前上がりにカットされている方が内に入りやすくなります。 ただ、ボブと違い、こちらは少し乾かす際にテクニックが必要です。 くるくるドライヤーなどを使うと誰でも簡単に内巻きにできるのでオススメです。 また、内巻きになりやすいかは、 毛先がどれくらいすかれているかも影響します。 毛先がスカスカになっているほど 毛先が動く空間が生まれ、ハネやすくなります。 毛先をあまりすかない方が収まりは良くなるのです。 スカスカな毛先をカットしボブにすることで、乾かしただけでも内巻きになるようになりました。 まとめると、ボブのような 重めのスタイルにするほど内に入りやすくなる ということです。 肩より長くなるとハネやすくなる 肩に当たる長さになったところからハネやすくなってきます。 ある程度長くなると関係なくなるのですが・・・ 例えばロブはハネやすい髪型の一つです。 内に入れる場合はきちんとした乾かし方をしないとうまく収まってくれません。 この場合、くるくるドライヤーを使った方が手入れは簡単になります。 もしスタイリングが面倒なようなら 少し我慢して伸ばすか 潔くカットするか どちらかにするのが良いでしょう。 カットだけではどうにもならない髪質もある 実際のところは髪質によるとしか言えないところもあります。 内に入りやすい髪質の場合はカットだけでも内巻きにすることはできます。 硬い直毛の髪質の場合はイングラデーションでカットしても毛先が内側に入らないです。 この場合は内巻きとは異なりますが・・・ グラデーションカットでシルエットに丸みを作ります。 前下がりのグラデーションボブ ベースはワンレングスですが、表面に少し段差を入れることでシルエットに丸みが出せます。 丸みのあるショートボブ グラデーションカットで小さな段差を作り、丸さを出しています。 このように内巻きとは異なりますが、シルエットで丸みを出すこともできるのです。 縮毛矯正をかけている場合はピーンとまっすぐになりやすいです。 このような場合はアイロンを使わないと内に入らないです。 毛先にワンカールのパーマをかけるのも手ですね。 (縮毛矯正がかかっている場合はダメージを考えると難しいかもれませんが) まとめ カットも大事ですが、きちんと内に入れやすくなるように乾かすテクニックも大切です。 はねてしまったら濡らしてもう一度内に入れるように乾かした方が良いです。 くるくるドライヤーは誰でも簡単に内巻きにできるのでオススメです。 僕は髪質によってカットの仕方を変えています。 長さによりますが、カットだけでもある程度内巻きになりやすい状態を作れてしまいます。 もしどうしてもうまくいかない場合はいつでもご相談ください!.

次の

【解決】ロングヘアこそ毛先を揃えるカットが重要!理由とセルフケア法解説。

セルフカット セミロング

皆さんは髪を切るのはどこで切られていますでしょうか。 ロングやミディアムの髪の女性であれば美容院で切られていることが多いと思います。 また、オシャレを意識したメンズの皆様も美容院で切られていることが多いと思いです。 ここでは、セルフカットについてご紹介していきます。 セルフカットとはいわゆる自分で髪を切るということです。 慣れればとても簡単です。 メンズで短髪の方やバリカンで頭を丸めているメンズの方は自分たちでセルフカットをしている方が多いです。 女性の方だと美容院に行き、セットしてもらってと何時間とかかってしまい、自分で髪を切るのはと思われがちですが、実はコツさえつかめばセルフカットも難しくなく簡単に出来ます。 以下でご紹介していきます。 初めて自分で髪をセルフカットするときに、ロングやミディアムの女性だと毛先だけの場合はそんなに緊張もなく切れると思いますが、ショートの方はやはり少し緊張すると思います。 どれだけ髪を切ったらいいのかが分からないです。 そんな場合でも、あせらず慎重に丁寧に切っていくことが大切になってきます。 どうしても最初はなれない手つきで時間もかかってしまうと思いますが、落ち着いてセルフカットすることで、大きな失敗もしないでセルフカットすることが出来ます。 常に鏡を見ながら、自分の髪が今どれだけ切られていて、あとどれくらい切らないといけないのかを把握しながら進めていきます。 自分のお気に入りの髪の長さになるように進めていきます。

次の