オレカバトル 終了。 オレカバトル非公式日めくりカレンダー企画

モンスター烈伝 オレカバトル

オレカバトル 終了

『星の章』より ダクラウイベント残り1週間、スノー君で鎮めてる 遂に終了まで1週間となったダクラウイベント、あなたはオレカ界の崩壊を止めるべく健闘しているだろうか?僕はダクラウイベントでは当初ちょろっと書いたようにもっぱら氷海騎士スノー君で「融解で大陸を沈めるなんて絶対させない!ぼくがお前を鎮めるんだ!」と奮闘する毎日。 *VS大ボスとのカットインにてさり気なくを駆使するスノー君のセンスは彼の少しおっとりとしているように見える人となりを表しているかの様でとても好きだ、こんにちはくるめろです。 現在はこんな感じに。 EXにてにこやかな顔で強力な打撃を繰り出す姿は圧巻だ。 ダクラウイベント報酬 残り1週間という訳で報酬はこれを逃すと次のイベントまでお預けになること間違い無し、また質問を頂いたりもしていたので現在判明している報酬を念のためまとめてみた。 鍵飾り 鍵飾りは勇者ポイントの報酬となっている。 800ポイントが上限となっており18種 画像DJHOP鍵から 、また金ミカエルと銀LV10をダクラウ本体戦にてスキャンすることでそれぞれの鍵飾りが手に入る。 *これまでのイベントの鍵飾りが未入手の場合800ポイント以降回収が可能。 イラストカード イラストカードは星の騎士ライト・青ケロゴン・ジバクカエルの3種。 ダクラウに本体に5回勝つことで全て回収可能となっている。 *こちらもこれまでのイベントのイラストカードが未入手の場合はそれ以降も入手が可能。 また、新規のイラストと過去イベントのイラストがランダム登場になる ? ようなので、ライト・ケロゴン・ジバクガエルを入手したい場合はダクラウ本体を狩りまくろう。 追加イラストカード それぞれの大陸の解放で追加されたイラストカード。 4つの大陸のカードとダクラウイラストの全5種。 ログインすることで入手可能。 以上となっている。 墜ちる巨星 そしてイベント1週間となった本日、ダクラウのHPゲージに遂にストップがかかった。 これまでのライシーヤ・でもゲージの途中でストップが掛かることはあったものの今回のダクラウは死亡寸前でのストップ、ダクラウは瀕死状態で残りの1週間を耐えぬくことになるのだろうか。 数mmの所で掛かるストップ。 しかしながら公式ページのダクラウは筐体と差異があり、ゲージが空状態となり数値上では既に死亡している事になっている。 星の創造主をボコボコに殴り続ける事が、この星に住まう住人として最善なのか?と頭を悩ませたバトラーも多いのではないだろうか。 しかしながらダクラウにこれ以上の切り札がない場合これから1週間、伝説の剣「ワールド」を手にしたゲージHP0のダクラウへの死体蹴りが始まってしまう。 *あまりにも強いワールド。 アブシールとサッカーラの砂縛親子がこの剣を握った場合、1ターン掛からず・ダクラウが行動する前にダクラウを出てきた穴へと叩き返せる。 *が、あまりこういう戦いは好きではない。 個人的にはこのままHPが0になったダクラウを殴り続けるのは辛い。 とは言え崩壊を止めダクラウを討伐するイベントなのだから倒さないわけにもいかない。 昨今のオレカのイベントの最後はどうしてこうも切ないのだろう。 明日 月曜 ダクラウ が誰も倒せない程のドン引きレベルに強い、超恐ろしい最終形態に覚醒している事を祈っている自分がいる。 あるいは明日のオレカ野郎の更新に合わせてダクラウは最後の覚醒を果たすのか?明日のオレカ野郎、完全に見逃せない! おまけ:巨星の核のかけら ここからはいつもどおりの妄想タイムなので嫌いな方は即効で閉じてをしましょう。 ダクラウを倒すことで稀にドロップされる巨星の核のかけら。 巨星とは文字通り大きい星 太陽の10~100倍 を指すとともに大きなことを成し遂げた人を指したりもするのだが、これが文字通りの巨星の核だった場合、バトラーやモンスターがダクラウを殴り続けることで星の核が傷付きかけらとして砕け散っている=星を崩壊へと向かせているようにも見えるのが気がかりだ。 また以前のブログでも若干触れたのだが巨星の死はの誕生にも深く関係していたりするようで、色々と妄想してた結果気づいたらこんなメモ書きが出来ていた。 いや、大丈夫です…わかってるんです…。 これ、もう既に色々と破綻してしまっているんです…。 ただ、以前も触れたようにライシーヤ・・ダクラウによる崩壊の3部作をどうしても切り離せない脳になってしまっていて。 ライシーヤは「一つの未来の星の死」を予見しそれを回避するために、星の死の根源だと見なしていたを呼び自身諸共、倒させたんじゃないかなっていう。 ていうか、そうだったらいいなぁっていう。 ライシーヤの結論 しかしながらですね、は公式の覇星神ライシーヤの説明にて 中略 感情なく全てを喰らい尽くす竜。 すべての次元はここに行き着き…闇に飲まれ消えてしまう。 すべてを知ったライシーヤの結論は? と全ての次元=未来が最終的にブラドラとの対峙へと行き着く事に言及しているのが気になって。 ある意味ではの誕生は過去にのみ縛られないとも思っている。 亜空間 =時間の概念が存在しない空間 を移動するドラゴンなのでその誕生は未来でもおかしくないような、そんなようにも感じるのだ。 そんなの存在を知ったライシーヤの結論の一つとしての「星の死の回避(前述の通り)」なのではないかっていう、そういう妄想。 EVERYTHING WENT BLACK またダクラウを前述のように巨星とするならば、巨星の死にはの誕生が伴う場合が多い。 ライシーヤを倒しても、ダクラウを倒しても逃れられることの出来ないとの対峙と崩壊の宿命。 そんな終末感を感じるのだ。 ライト君は• ライシーヤの呼び声を聞き• を召喚でき• ダクラウと共にオレカの星の礎を築いた ように、昨今の崩壊3部作の首謀者3名の全てと関係している。 ライト君がこれらに関して口を開く時に、オレカ界の崩壊の全貌が掴めるのではないかと感じているのです。

次の

モンスター烈伝 オレカバトル

オレカバトル 終了

『星の章』より ダクラウイベント残り1週間、スノー君で鎮めてる 遂に終了まで1週間となったダクラウイベント、あなたはオレカ界の崩壊を止めるべく健闘しているだろうか?僕はダクラウイベントでは当初ちょろっと書いたようにもっぱら氷海騎士スノー君で「融解で大陸を沈めるなんて絶対させない!ぼくがお前を鎮めるんだ!」と奮闘する毎日。 *VS大ボスとのカットインにてさり気なくを駆使するスノー君のセンスは彼の少しおっとりとしているように見える人となりを表しているかの様でとても好きだ、こんにちはくるめろです。 現在はこんな感じに。 EXにてにこやかな顔で強力な打撃を繰り出す姿は圧巻だ。 ダクラウイベント報酬 残り1週間という訳で報酬はこれを逃すと次のイベントまでお預けになること間違い無し、また質問を頂いたりもしていたので現在判明している報酬を念のためまとめてみた。 鍵飾り 鍵飾りは勇者ポイントの報酬となっている。 800ポイントが上限となっており18種 画像DJHOP鍵から 、また金ミカエルと銀LV10をダクラウ本体戦にてスキャンすることでそれぞれの鍵飾りが手に入る。 *これまでのイベントの鍵飾りが未入手の場合800ポイント以降回収が可能。 イラストカード イラストカードは星の騎士ライト・青ケロゴン・ジバクカエルの3種。 ダクラウに本体に5回勝つことで全て回収可能となっている。 *こちらもこれまでのイベントのイラストカードが未入手の場合はそれ以降も入手が可能。 また、新規のイラストと過去イベントのイラストがランダム登場になる ? ようなので、ライト・ケロゴン・ジバクガエルを入手したい場合はダクラウ本体を狩りまくろう。 追加イラストカード それぞれの大陸の解放で追加されたイラストカード。 4つの大陸のカードとダクラウイラストの全5種。 ログインすることで入手可能。 以上となっている。 墜ちる巨星 そしてイベント1週間となった本日、ダクラウのHPゲージに遂にストップがかかった。 これまでのライシーヤ・でもゲージの途中でストップが掛かることはあったものの今回のダクラウは死亡寸前でのストップ、ダクラウは瀕死状態で残りの1週間を耐えぬくことになるのだろうか。 数mmの所で掛かるストップ。 しかしながら公式ページのダクラウは筐体と差異があり、ゲージが空状態となり数値上では既に死亡している事になっている。 星の創造主をボコボコに殴り続ける事が、この星に住まう住人として最善なのか?と頭を悩ませたバトラーも多いのではないだろうか。 しかしながらダクラウにこれ以上の切り札がない場合これから1週間、伝説の剣「ワールド」を手にしたゲージHP0のダクラウへの死体蹴りが始まってしまう。 *あまりにも強いワールド。 アブシールとサッカーラの砂縛親子がこの剣を握った場合、1ターン掛からず・ダクラウが行動する前にダクラウを出てきた穴へと叩き返せる。 *が、あまりこういう戦いは好きではない。 個人的にはこのままHPが0になったダクラウを殴り続けるのは辛い。 とは言え崩壊を止めダクラウを討伐するイベントなのだから倒さないわけにもいかない。 昨今のオレカのイベントの最後はどうしてこうも切ないのだろう。 明日 月曜 ダクラウ が誰も倒せない程のドン引きレベルに強い、超恐ろしい最終形態に覚醒している事を祈っている自分がいる。 あるいは明日のオレカ野郎の更新に合わせてダクラウは最後の覚醒を果たすのか?明日のオレカ野郎、完全に見逃せない! おまけ:巨星の核のかけら ここからはいつもどおりの妄想タイムなので嫌いな方は即効で閉じてをしましょう。 ダクラウを倒すことで稀にドロップされる巨星の核のかけら。 巨星とは文字通り大きい星 太陽の10~100倍 を指すとともに大きなことを成し遂げた人を指したりもするのだが、これが文字通りの巨星の核だった場合、バトラーやモンスターがダクラウを殴り続けることで星の核が傷付きかけらとして砕け散っている=星を崩壊へと向かせているようにも見えるのが気がかりだ。 また以前のブログでも若干触れたのだが巨星の死はの誕生にも深く関係していたりするようで、色々と妄想してた結果気づいたらこんなメモ書きが出来ていた。 いや、大丈夫です…わかってるんです…。 これ、もう既に色々と破綻してしまっているんです…。 ただ、以前も触れたようにライシーヤ・・ダクラウによる崩壊の3部作をどうしても切り離せない脳になってしまっていて。 ライシーヤは「一つの未来の星の死」を予見しそれを回避するために、星の死の根源だと見なしていたを呼び自身諸共、倒させたんじゃないかなっていう。 ていうか、そうだったらいいなぁっていう。 ライシーヤの結論 しかしながらですね、は公式の覇星神ライシーヤの説明にて 中略 感情なく全てを喰らい尽くす竜。 すべての次元はここに行き着き…闇に飲まれ消えてしまう。 すべてを知ったライシーヤの結論は? と全ての次元=未来が最終的にブラドラとの対峙へと行き着く事に言及しているのが気になって。 ある意味ではの誕生は過去にのみ縛られないとも思っている。 亜空間 =時間の概念が存在しない空間 を移動するドラゴンなのでその誕生は未来でもおかしくないような、そんなようにも感じるのだ。 そんなの存在を知ったライシーヤの結論の一つとしての「星の死の回避(前述の通り)」なのではないかっていう、そういう妄想。 EVERYTHING WENT BLACK またダクラウを前述のように巨星とするならば、巨星の死にはの誕生が伴う場合が多い。 ライシーヤを倒しても、ダクラウを倒しても逃れられることの出来ないとの対峙と崩壊の宿命。 そんな終末感を感じるのだ。 ライト君は• ライシーヤの呼び声を聞き• を召喚でき• ダクラウと共にオレカの星の礎を築いた ように、昨今の崩壊3部作の首謀者3名の全てと関係している。 ライト君がこれらに関して口を開く時に、オレカ界の崩壊の全貌が掴めるのではないかと感じているのです。

次の

オレカバトル:星の章 融帝ダクラウ、墜ちる巨星

オレカバトル 終了

モンスター烈伝 オレカバトルとは、がするトレーグである。 概要 オレカバトルの『オレカ』とは「オレの」を略したもの。 通常のと大きく異なる点は、 はその場で印刷されることである。 には 「オレー 所有者の名前 の 名 」というように刻まれ、自分だけのが作成できる、というわけである。 名前だけでなく、や、さらに所持まで加えれば限の組み合わせが存在する。 後に、この印刷方式は様々なで取り扱われる事になる。 ゲームの流れ 大まかなの流れとしては以下の通り。 では3枚のをする。 がい、もしくは3枚に満たない場合は選んだ章のとが助っ人に来る。 違うのもできるが、その場合は「かりモン」扱いとなる。 終了後に、いくつかの相手補が登場、レで戦いたいを選んで、開始となる。 は33の戦で、動き続けるを止めて戦う方式。 このでは、したに記載されたが反映される。 この他に、を溜めて発動する技がある。 が終了すると勝敗に関係なくする。 が上昇する他、が1~2個変化する。 の変化は強制ではなく、気に入らなければ変化させないことも可。 ただし、「かりモン」はしない。 ・が可な場合はの館へ、それ以外はの化に移行する。 は1に必ず1枚排出される。 2枚を排出する場合は追加のが必要となる。 自分のは論、戦った相手に排出可ながいれば、勝敗に関係なく必ずできる。 やなどの条件が必要なや「かりモン」は排出する事ができない。 排出後は・のが表示されて終了。 並んでいる子がいたら替わってあげよう。 変遷 第5章稼動中期より記録の鍵が導入され、G のが加わった。 当初はを任意で出現させるが取り扱われていたが、期間限定のと戦えるや、記録の鍵のを変える『鍵飾り』、全部集めれば店頭ポをで排出できる『の包みくじ』などが追加された。 また、後述のオレ決定戦で中に使う専用具の購入にも使われる。 第6章稼動中期よりのでもオレカバトルが遊べるようになった。 なお、オレカバトルのではを遊ぶ事はできない。 、新7章をもって全ての章で解禁が2巡し、翌以降はの幻定復活などが行われている。 章・エリア 東西南北に4つのが存在し、それぞれのに2つずつ、計8つの章(序章~第7章、新序章~新7章)が存在している。 1ヵ毎に新が追加され、3ヶ毎に新しい章が稼動している。 新章、新の解禁方法が特殊で、付属のをする事で解禁される。 もしないと解禁されない。 この他にもや期間限定の、次世代ホェア限定のが存在する。 ストーリー オレカバトルは一般的なのようなが存在せず、各のや中の、の紹介から自分でを解いていくしかない。 なお、これらからのを集めて推測されるは、およそ ゲーとは思えないほどである。 オレ最強決定戦 期間限定で開催される大会。 これまで各店舗で行われていた『オレカバトル』とは違い、こちらは状態にあるなら、どこでも参加可となる。 まずは定された条件(の合計が6以下、2のみ、種族限定など)でを登録する。 の相手は別のが登録したで、、も同一のもの。 するとオレを得る事ができる。 (負けた場合もほんの少し貰える) このオレを溜めて全のを相手に順位を競う。 終了後は迎撃の準備となる。 ここで登録した内容が、他の相手として登場、ここで自分のがした場合もオレを得る事ができる。 迎撃の際はを有利にする大会用のを持たせたり、【召喚】で呼び出すの登録をする事ができる。 第2回であるラ杯以降は新たに店舗が出現、迎撃用のが後、稀に入手できる等の変更がされている。 KONAMIオールスター 本は発なので、が数多く参戦している。 『』の親子,『』の,『』の・・・ 特に、からへした時は一見の価値あり。 iPhone版オレカバトル の他に、のとして同様のが存在する。 基本的なの流れは変わらないが、の存在やの仕方、に勝たなければをできない等、いくつか版と異なる。 また、版で育てたは、で使用できる。 (としては排出できない) 後に大幅に、、との連動、オレ決定戦に似た『闘技場』、等が追加された。 テレビアニメ よりで放送中。 「」とで放送されている。 とでも、同年より配信中。 こちらは単独作品として配信されている。 はとの共同。 をが担当する。 関連動画 関連商品 関連チャンネル 関連項目• オレカの印刷方式を流用した向け• オレカ方式でが印刷される GRR を搭載•

次の