お願い マッスル 歌詞。 MUSIC

MUSIC

お願い マッスル 歌詞

放送の『』の。 本楽曲が収録されたは、よりに発売。 は、のためにに励むを、のが励ますというもの。 のは理想的な身体に憧れ、日々努するーらしいスなのだが、この楽曲を 足らしめているのはやはり雄が入れている合いの手。 ちなみに合いの手は実際にボディービル大会で用いられたものが採用されている。 たとえば「肩にちっちゃい重機載せてんのかーい!」は、の選手権大会での援が(本楽曲では「(商標)」から「重機」に変されている)。 本楽曲のには・とボディービルダー・尚が出演。 役の才木が役のから導され、その後才木が""の募集を見かける……という仕立てに仕上がっている。 ""のは『』。 才木が『』OPのに出演したこと、また両作品のが共通していることから、に採用されたのだろう。 関連動画.

次の

お願いマッスル 歌詞 ダンベル何キロ持てる? OP【歌詞リリ】Lyrical Nonsense

お願い マッスル 歌詞

歌: 紗倉ひびき CV:ファイルーズあい &街雄鳴造 CV:石川界人 作詞:サイドチェスト烏屋 作曲:サイドチェスト烏屋、シックスパック篠崎 編曲:シックスパック篠崎 主人公である紗倉ひびきの声優を担当しているファイルーズあいさんとエンディングも歌われている石川界人さんが歌われています。 ファイルーズあいさんは東京都出身のハーフの声優さんです。 趣味の一つが筋トレみたいなので本作にピッタリの声優さんですね。 作詞は日本の作詞・作曲家であるサイドチェスト鳥屋 別名義:鳥屋茶房 さんが手掛けられています。 」の作詞なども手掛けられている方です。 歌: 街雄鳴造 CV:石川界人 作詞: サイドチェスト烏屋 作曲: サイドチェスト烏屋、シックスパック篠崎 編曲: シックスパック篠崎 ダンベル何キロ持てる?の主人公が通うジムトレーナー街雄鳴造の声優を担当している石川界人さんがエンディングを歌われています。 石川界人さんは東京都出身の声優さんです。 2011年頃から活動されており過去にはアニメ『』の主人公である 土御門春虎の声やアニメ『』のこちらも主人公である 岩谷尚文の声などを担当されています。 本曲以外にも多数のキャラクターソングも歌われており、• アニメ『』オープニングテーマ『』• アニメ『』エンディングテーマ『』 なども歌われています! ダンベル何キロ持てる?は2019年7月より放送の原作サンドロビッチ・ヤバ子、作画MAAMによる漫画を原作としたスポーツコメディアニメ。 食べることが大好きな女子高校生の主人公 紗倉ひびきは友人から最近太ってきたことを指摘される。 友人の非情な一言からダイエットを決意した主人公だったが一人では運動が続けられず、トレーニングジムに通うことを決意する。 入会したジムで生徒会長で同級生でもあり重度の筋肉フェチの 奏流院 朱美 そうりゅういんあけみ と出会い主人公は共にトレーニングに勤しむこととなる。 本作は同原作者による漫画 『』と世界観を共有しており、度々ケンガンアシュラのキャラクターや同作品でお馴染みの舞台が登場します。 ですのでケンガンアシュラの好きな方やそうでなくともダイエットや筋力トレーニングなどに興味がある方にお勧めの作品です。 またケンガンアシュラもアニメ化が決定されており、7月31日からNetflixにて独占配信されています。 ケンガンアシュラの主題歌に関してはこちらの記事で紹介していますので良かったらご覧ください。

次の

お願いマッスルとは (オネガイマッスルとは) [単語記事]

お願い マッスル 歌詞

お願いマッスル めっちゃモテたい! お願いマッスル めっちゃ痩せたい! お願いマッスル めっちゃモテたいなら 筋肉にお願いだ! ……唐突ですが、こちらはリルカ的アニソンアワード2019受賞作にすでに選ばれた曲『お願いマッスル』のサビの歌詞です。 アニメ「ダンベル何キロ持てる?」のOPテーマ曲で、僕はこの曲を聴いて、久しぶりにアニソンにしかできない表現を突き抜けてやってくれたことに感動を覚えました。 今挙げた神曲たちと同じように、荒唐無稽でありながら、キャラクターの根っこは外さず、かつ遊びに満ちている曲はそうそう出てきません。 曲についてごく簡単に説明すると、「痩せる」「モテる」ためにジムに通う女の子の主人公と、ジムのトレーナーの爽やかイケメンマッチョによるデュエット(?)曲です。 歌詞を一見すると、 「大胸筋が歩いてる!」など、いわゆる「ボディビル大会の面白掛け声あるある」が随所に散りばめられたギャグソングのようになっています。 また、サビ前には、主役の女の子とトレーナーの男性の掛け合いとして 女:見てなさい! 男:さい! 女:さい!! 男:さい! はい! サイドチェストー!! というパートがあります。 この軽快なやりとりもギャグとして受け入れられていて、この曲がYoutubeなどに上がると、コメント欄は、 この曲爆音で聴いてたら親に「うるさい!」って言われた…… うるさい? さい! はい! サイドチェストー!!!!! というようなコメントが非常に多く、ネットで盛り上がれるのも神曲の条件のひとつに思えます。 ……っと、僕が本当に書きたいのはこういうことではなかった……。 僕は別に社会現象を研究するような人間ではないので、もっと細かくてネチっこくて、誰も気にしないところにこだわりたいです。 それは……。 最初に書いた、 お願いマッスル めっちゃモテたい! お願いマッスル めっちゃ痩せたい! お願いマッスル めっちゃモテたいなら 筋肉にお願いだ! という歌詞の「ある一点」です。 それは…… 「めっちゃ痩せたい!」ではなく「めっちゃモテたい!」の方が先に出てきて、しかも「痩せたい」が1回なのに対して「モテたい」が2回歌われるという点です! なぜなら、この事実は、この曲のスタンスをもっともよく表現していると思うんです。 というのも、アニメ「ダンベル何キロ持てる?」において、主人公の女の子は確かに「痩せることでモテたい」と考えていますし、そもそもジムへの入会の決め手は「トレーナーが好みのイケメンだったから」です。 たしかに内容的には「痩せたい」よりも「モテたい」が前面に出てきても問題はないです。 しかしながら、この「お願いマッスル」という歌が、 ジムに通って筋肉をつけて自分の願望を叶えよう! お願い筋肉さん! というテーマの、いわば「筋肉賛歌」のような形を取っている以上は、並の作詞家ならば、 お願いマッスル めっちゃ痩せたい! お願いマッスル めっちゃモテたい! お願いマッスル めっちゃ痩せたいなら 筋肉にお願いだ! とするはずです。 「痩せる」のが目的であり、「モテる」はその副産物と考えるのが作詞的な常道だと思います。 ではなぜ、「お願いマッスル」はそうしなかったのか? なぜ論理的な流れに逆らってまで、「痩せたい」よりも「モテたい」を強調したのか? その理由が、この曲の本質だと僕は思います。 僕が思うに、その理由はシンプルです。 「痩せたい」よりも「モテたい」の方が語感がいいからです。 「パ行」「バ行」「マ行」は上下の唇をくっつけて発音するので、歌詞の中で最も音のアクセントになりやすいです。 次点で、「カ行(ガ行)」「タ行(ダ行)」なども、喉や舌で勢いをつけて発音するので、アクセントとしてある程度計算できます。 「ア行」「サ行」「ハ行」「ヤ行」は音としては弱めなので、基本的には力強く発するのが難しいです。 (もちろん、声の発し方にもよりますが、基本的な性質としては「弱い」に分類して差し支えないかと思います) このあたりは、たとえば語感がいいなと思っている曲があったとしたら、「パ行」「バ行」「マ行」の音がどれくらいあるかを数えてみると面白いかもしれません。 ミスチルとかは間違いなく、パズルのように「パ行」「バ行」、特に「マ行」を意識的に配置してます。 「お願いマッスル」もまた、意識的に「マ行」を増やしているはずです。 そもそもタイトルにもなっているサビの歌い方からして「お願いマッ!ソー」と、「マ」に力点を置いていますし。 「マ行」の配置を確実に意識しています。 そこまで意識がなされているのなら、 「めっちゃ痩せたい」よりも「めっちゃモテたい」の方が語感がいいので、テーマからは少しずれるかもしれないけれど「めっちゃモテたい」を先に持ってこよう! という判断がされても納得です。 そういった「気持ち良さ」を大事に歌詞を作ったからこそ、多くの人に受け入れられて、ちょっとしたブームのようになることができたのだと思います。 その他にもサビ以外の箇所で語尾の音で韻を踏んでいたり、非常に気遣いが行き届いています。 食べるの大 切 筋肉の秘 訣 無理なく体を建 設 の部分なんて、素晴らしい筋肉美じゃないですか? とまあ、「お願いマッスル」を聴きながらこんなことをつらつらを考えていたのでした。 「お願いマッスル」は気持ちいい歌ですが、それは計算し尽くされた気持ち良さだということが言いたかったのです。 ……ん? めんどくさい? さい? さい! はい! サイドチェストー!!!!!!!!!!!!!!(おしまい).

次の