八 ちゃん ラーメン。 ラー博に平成最後の新店! 博多・薬院の「八ちゃんラーメン」が3月6日(水)登場!|ウォーカープラス

太宰府 八ちゃんラーメン (だざいふ はっちゃんらーめん)

八 ちゃん ラーメン

2019年3月6日 水 に、開館25周年を迎える新横浜ラーメン博物館。 その記念すべき日に、博多・薬院の老舗人気店「八ちゃんラーメン」がオープンする。 これまで1万店以上のラーメンを食べ歩き、取材をしたうえで「これだ! 」と思った店へ誘致交渉してきたラー博が、開館1年前の1993年から25年間、口説いてきたという店だ。 平成最後の新店となる「八ちゃんラーメン」を紹介しよう! 博多の老舗「八ちゃんラーメン」とは? 二代目店主の橋本進一郎氏 1968年に創業して今年で51年。 これまで本店のみ営業を続けており、支店などはいっさい出さなかった。 営業時間が夜9時~深夜2時半という時間帯にも関わらず、地元のみならず県外からも連日多くの人が訪れるという。 本店以外でこの味を昼間に食べられるのは貴重だ。 人気の秘密は、超濃厚でクセになる味。 豚骨ラーメンを知り尽くす博多っ子が、一度食べたらやみつきになるファンも多く、終電後にわざわざタクシーで乗り付ける人もいるほど。 超濃厚スープの秘密は? 超濃厚スープの秘密は、専用羽釜を使用し大量の豚骨を贅沢に使った豚100%の味。 高火力で長時間絶えずかきまぜながら、髄も骨も溶けるまで徹底的に煮出した。 臭みがなく、香ばしく、トロっとしているのが特徴だ。 また、麺は博多ラーメンでは珍しい平打ちの極細麺で、超濃厚なスープによく絡む。 具材は青ネギ、チャーシューのみとシンプル。 おろしニンニクや紅生姜で味変を楽しむことができる。 51年という半世紀にわたって博多本店のみで営業を続ける「八ちゃんラーメン」。 ラー博がオファーした当初は「支店は出さない」という初代店主の強い信念で断られていた。 二代目店主・橋本進一郎氏に代替わりし、その味を今も継承し続けている。 その間、幾度となく訪れ、信頼を築き、ついにその熱意によって出店が叶った。 ラーメンのほか、サイドメニューとしては博多の一口餃子でも最小クラスという、3㎝の一口餃子が名物メニューにもなっている。 博多のラーメンファンを虜にする待望の新店が待ち遠しい!

次の

八ちゃんラーメン|福岡県福岡市|ラーメン

八 ちゃん ラーメン

スポンサーリンク メニュー 2019年1月現在のメニューはこのようになっております。 「八ちゃんラーメン」と「大宰府八ちゃんラーメン」の違い 福岡ラーメン巡りの中で、締めの一杯を考えていた時にネットで見つけたお店。 当然、屋台という選択肢もあったのですが、 店舗情報で「夜9時から深夜2時まで」というのを見て、 この機会を逃すと次のチャンスがなかなかなさそうだったので、ここに決定。 後輩にも「大宰府にある八ちゃんですか?」と聞かれたのですが、 調べてみると同じ名前ながら全く別物であるという情報。 1970年に薬院にオープンした、この八ちゃんラーメン。 1975年に大宰府にオープンした大宰府八ちゃんラーメン。 どうやら創業者は兄弟同士という話ですが、経営は別展開に。 幅広く店舗展開や、土産展開をしているのは大宰府八ちゃんラーメンのようですね。 前置きが長くなりましたが…注文はスタンダードの「ラーメン」を。 ラーメン 到着の瞬間からレベルの高さを感じる一杯が到着。 泡泡の表面にデフォルトでコショウがかけられているのも特徴的です。 その泡に隠されるようにチャーシューが2枚。 他にはネギだけという何ともド直球のトッピング。 だったと思うのですが… 正直、飲みまくった後の一杯だったので…後は、皆さんで確認を!! そしてこの麺の主役は間違いなくスープでしょう! 専用羽釜で大量の豚骨を、絶えず高温でかき回しながら炊きだされるド豚骨。 クリーミーで濃厚で、一度食べれば脳裏に焼き付く存在感です。 コショウがかけられている部分が、丼ぶり左側に集中しているので 右と左の味の違いも感じながら食べ進めました。 麺は角刃を使った細麺を使用。 当然のようにカタメで注文。 そんなにお腹が減っていたわけではないのに、 周りのお客さんの勢いにつられて150円の替玉を注文。 替玉到着後は、紅ショウガ、ニンニクを入れて味変を。 到着は深夜2時くらいでしたが、ここに来ておいて良かったと思えるお店。 そして、この薬院の八ちゃんラーメンは、 25年口説かれ続けた横浜ラーメン博物館に出店することが決定。 3月6日から、薬院の夜だけの味を横浜でも堪能できるようです。 それでは!!.

次の

幻の八ちゃんラーメン

八 ちゃん ラーメン

3月7日 2340分 満席。 …満席??出たタイミングでは外待ち6人。 ど深夜てっぺん近くですごい。。。 福岡出張二軒目。 薬院で夜から営業の、ある意味伝説のお店、てな認識だったけどまずまず外観からふと見失いそうになる。 赤提灯は光光と灯ってるが、入口はガラガラガラの引戸。 カウンターだけの肩ぶつかりあうこ狭な店内は年期入りまくり、風情でまくりの佇まい。 でもとにかく熱気とパワーが半端なくここだけ異世界なワンダーランド。 ラーメン 700円 をオーダー。 卓上にこんもり盛られた紅しょうがを見ていたらあっという間に麺着。 早っっ!ものの1分くらいじゃないの?てことは麺が細いから記念撮影はほどほどにいただきます。 おお~~、、、ど豚骨。 白濁な豚骨というより茶濁なスープは独特の個性。 なめらかでとろみがあるまったりと甘い。 乳化といっていいのか?かなりスープに油分も溶け込んでそのまったり滑らかさを助長してる。 少しだけ胡麻がちらされてるが全体にその香りが行きどどいてるかのように風味深い味わい。 こんな豚骨スープなかなか出会えない。 てか、驚いたのは麺、麺が細っっっ!提供早いわけだ。 細いというより薄い?とにかく体積が少ない。 のだがなんたる存在感。 ピロピロっとスープを絡めてきて、かつこちらも芳ばしさ漂う独特な風味。 うーん、個性的な一杯。 せっかくだから卓上の紅しょうがをザクッと投入してみるが、酸味と塩気おさえぎみの紅しょうががちょうど良い案配ですっきりさせてくれる。 むしろ紅しょうがをスープに浸して食べる、そんなんもありな感じだった。 飲んだ締め、さらに3軒目的な飲みにも来られたお客さん、皆がハッピーで楽しそうな顔してる素敵な空間だった。 ごちそうさまでした。

次の