是非 とも 参加 させ て いただき ます。 いただ「け」ますようorいただ「き」ますよう

「是非とも」の意味と使い方・敬語・類語|ビジネス/志望動機

是非 とも 参加 させ て いただき ます

この「是非」という言葉はビジネス用語でもプライベートのやり取りでも頻繁に使われており、どちらかと言えばビジネス上のやり取りにおける敬語表現のうちに含まれます。 「是非とも」の意味と使い方・例文 日本語に限らず各国の言葉・表現を覚える際には、必ずその言葉や表現を含めた例文を自分で作り、その例文の中でその言葉の意味や用法が「どんなふうに活用されているか」という点に着目し、「自分の言葉・表現」として覚えることがベターです。 ・是非とも記事作成をお願いいたします。 ・このキャッチコピーはあなたにしかできませんので、是非ともよろしくお願いいたします。 ・英語がわかるのはあなただけですので、是非ともあなたに翻訳をお願いしたいです。 ・わが社はいま経営難にあるため、是非ともご融資をしていただければ幸いです。 主にビジネス用語として有名で、「特定の人や会社に対して、絶対にこの仕事の依頼を受けてほしい」といった旨を直接的に投げ掛けます。 ・この度のA企画への参加を、是非ともよろしくお願いいたします。 ・この翻訳記事は次回の出版で使わせていただくため、是非ともよろしくお願いいたします。 ・この仕事ができるのはあなたしかいませんので、是非ともよろしくお願いいたします。 是非とも参加 先述で少し触れましたが、「是非とも参加ください」などの表現は、主に何らかの主催者が不特定多数の人へ向けて以来する際に使う言葉となります。 A企画を4月に立ち上げたとして、5月からぜひその企画に参加してほしい旨を伝える場合には、広告や直接交渉などをもって、不特定多数の人々・特定の人へ向けて以来の形で伝えられます。 ・少しでも多くの共同会社がほしいので、是非ともご参加ください。 ・このプランは現在のあなたにピッタリなので、是非ともご参加ください。 このように「絶対に参加してほしい」と言う場合や、あるいは「特定の人に焦点を当てた上で、その人にとってその催しの目的や内容がピッタリの場合」などにおいて、「是非とも参加ください」という表現が使われます。 是非とも行きたい 「是非とも行きたい」というのは主にその話者の主観による訴えとなり、「自分はどうあってもそこへ行きたい」と、自分がその目的地へ行くことを絶対に必要としている旨を伝える姿勢になります。 このように「是非とも行きたい」という言葉は非常に多くの場面で使われ、主にプライベートのやり取り(意見を主張する場面)で使われる言葉になります。 そのときの自分にとって「それをすること」がどうしても必要で、その行動がなくては次のステップへ進めない、と言った場合に「是非とも」の形で伝えられる形となります。 ・ずっと憧れていたあの人と是非ともデートしたい。 ・仕事の分野を広げるために、是非ともパソコンを買いたい。 ・今よりもビジネススキルを向上させるために、是非とも英会話を習いたい。 是非ともいただきますなど 「是非ともいただきます」という言葉も「いただきます」という言葉が入っていることからわかるように、「何がどうあってもそれを食べたい」という、話者から相手への「それを食べたい」という非常に強い気持ちが伝えられる表現となります。 ・とても美味しそうなので、是非ともいただきたいです。 ・いまとてもお腹が減っているので、是非ともそれをいただきたいです。 ・あなたにしかできない仕事ですので、是非とも製本の仕事をしていただきたいです。 ・彼は交渉が得意ですので、是非ともネゴシエーターの任務に就いていただきます。 このように、「どうしてもそれを食べたい」という場合と、「是非ともその特定の人に仕事をしていただきたい」という2つの旨が使い分けられます。 ・わたしは英語の翻訳が得意ですので、その英語翻訳の仕事を是非ともさせてください。 ・彼はスケジュール管理が上手ですので、是非とも彼に仕事管理をさせてやってください。 ・彼女はギターが得意ですので、是非とも彼女にBGMを弾いてもらってください。 ・弊社のインターネットサービスは絶品ですので、是非とも広告作成は弊社へお任せください。 このように、「自分は(あるいは特定の人は)そのことが得意なので、是非ともそれにちなんだ仕事をさせてください」という場合に使われます。 「是非・是非とも」という言葉は、その語形のままでは敬語表現とはなりませんが(「是非」は原則的に副詞表現となります)、別の敬語表現と一緒に使われることによって、ビジネス上のやり取りでも認められる敬語表現として扱われます。 ・是非とも参加させていただきます。 ・是非ともご出席いたします。 ・是非とも弊社へお任せください。 ・是非ともそのお仕事をわたしにさせてください。 是非ともよろしくお願いいたします。 このように、「させていただきます」や「いたします」、また「よろしくお願いいたします」や「お任せください」などといった尊敬語、謙譲語による表現と一緒に使われることにより、「是非とも」という言葉の意味合いや活用は敬語表現として認められます。 「是非とも」の類義語・言い換え 「是非とも」の意味が「何がなんでも」や「どうしても」という意味合いを持つため、そういった意味合いを持つ別の言葉を調べていくと類義語はすぐに見つかるでしょう。 ・何がなんでも ・是が非でも ・無理やりにでも ・なにとぞ ・どうしても ・絶対に ・雨が降ろうと槍が降ろうと ・天地がひっくり返っても ・夏に雪が降ろうと ・必ず ・何でも彼(か)でも これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「話者による強い主張が訴えられるとともに、どうしてもそのことをしたい・されたい」という形容と意味合いが含まれます。 ・是非ともご融資いただきますと幸いです。 ・是非ともそうしてくだされば幸いです。 ・是非ともA企画に参加させていただきましたら幸いです。 何がなんでも 類義語の項目でご紹介しましたが、「是非とも」の意味合いにはこの「何がなんでも」といった、「そのことをしたい・されたい」という話者の強い気持ちが伝えられます。 何がなんでもそれがしたいというのは、先述しました「是非とも」の意味合いとそのままつながり、「善悪の基準がどうあっても、わたしはそれをしたい」という旨を伝えます。 ・是非とも(何がなんでも)わたしはそれをしたいです。 ・是非とも(何がなんでも)わたしはそこへ行きたいです。 ・是非とも(何がなんでも)わたしはそれを食べたいです。 このように「是非とも」という言葉はそのまま「何がなんでも」という言葉に置き換えられ、表現上では「わたしは絶対にそれがしたい・されたい」、「それがほしい・与えてほしい」という気持ちを伝える形になります。 そしてこの「どうか」は「是非とも」に置き換えられます。 ・なにとぞ(是非とも)わたくしにお任せください。 ・なにとぞ(是非とも)一緒に行きましょう。 ・なにとぞ(是非とも)ご参加ください。 ・なにとぞ(是非とも)一緒にご飯を食べましょう。 このように「置き換え」の表現を使って言葉を覚えることで、「なにとぞ」と「是非とも」の意味合いや活用の具合がよくわかります。 ・この度の新しい企画につきまして、是非とも弊社にお任せいただければ幸いです。 ・わたしは営業を得手としておりますので、是非とも販売促進の方はお任せください。 ・この書類作成につきましては是非ともわたしの部署でさせていただきます。 ・彼女は企画の段階から関わっておりましたので、是非ともプランの設計は彼女にお任せください。 ビジネスメール ビジネス用語を使う場合、その言葉のあり方が一番よくわかるのがビジネスメールでの文書作成です。 文書は当然文語表現となるため、あとから反省してその書体を見ること(確認すること)ができます。 そのため、もし間違った敬語表現をしていればすぐにわかってしまうため、特にビジネスメールにおいて敬語表現をもって主張するときは注意が必要です。 ・次回の合同企業説明会の会場設定ですが、是非とも弊社へお任せください。 ・報告書を作成いたしました。 是非ともご確認のほどよろしくお願いします。 このように、文面で相手に主張する際には多少堅苦しい表現になってもかまいません。 とにかく「伝えるべきこと」をわかりやすく、一つも漏れることなく表記することが大切です。 適切に改行も施しましょう。 失礼など 「失礼ですが、是非ともよろしくお願いいたします」などの表現が使われることもあり、これは「相手にとってそれほど利益がない場合、それでもその仕事をどうしてもお願いしたいとき」などに使われる表現となります。 ・お手数をおかけする形で失礼ですが、是非ともこの案件につきまして採択をよろしくお願いいたします。 ・失礼ですが不測の事態が発生いたしましたので、是非ともご協力をいただければと存じます。 ・是非ともアメリカへのご出張ということでお願いいたします。 重ねて非礼をお詫びいたします。 このように、「失礼なのは承知の上で、どうしてもしてもらわなければならない」といった場合に、この「失礼ですが、是非とも」という表現が使われます。 ・わたしは大学におきましてずっと理系分野を専攻しておりましたので、是非ともIT関連企業への入社を希望させていただきます。 ・わたしは大学時代に文学に志向がございましたので、筆記に関しては得手としております。 是非とも書類作成を地道にしていく仕事を希望させていただきます。 ・わたしはスポーツ特待生として大学へ入学し、これまでずっと体を鍛えて参りましたので、是非とも体力分野の仕事に就かせていただきたく存じます。 このように、自分の得意分野を公表する上で「是非ともその得意分野にちなんだ仕事を希望したい」という旨を伝える形で、その先の希望進路について自分の利益となる選択をする形となります。 「是非とも」の英語表記と意味 「是非とも」という言葉を英語に直すと、それぞれの単語の意味合いや用法を踏まえた上で、以下のようにあげられます。 ・By all means thank you. 「是非ともよろしくお願いいたします。 」 ・Please join us by all means. 「是非ともご参加ください。 」 ・Do not doubt, leave it to me. 「是非とも、わたしにお任せください。 」 ・Please absolutely cooperate. 「是非ともご協力ください。 」 ・Thank you for your translation work precisely. 「是非とも翻訳の仕事をよろしくお願いいたします。 」 「是非とも」の英語表現と意味(2) 先述しました「是非とも」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「是非とも」の意味を含めた例文をご紹介します。 ・Since April of this fiscal year we have launched a new project, so please be sure to cooperate with your company. 「今期の4月から新しい企画を立ち上げましたので、是非とも貴社さまもご協力ください。 」 ・Because you can do only English translation work for "Romance gray", I would like to ask you a favor of me. 「『ロマンスグレー』の英語翻訳の仕事はあなたにしかできないので、是非ともあなたによろしくお願いしたいです。 」 「是非とも」の英語表現と意味(3) 先述の具体的な「是非とも」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面での「是非とも」の例文をご紹介します。 ・The expression "by all means" is used when saying "I just want to ask it. " 「「是非とも」という表現は「どうしてもそれを依頼したい」と言う場合に使われます。 」 ・By "word by all means" is used together with another honorific expression, it is recognized as a honorific expression in business terms. 「「是非とも」という言葉は、別の敬語表現と一緒に活用されることによって、ビジネス用語において敬語表現として認められます。 」 「是非とも」の正確な用法をマスターしましょう.

次の

「是非とも」の意味と使い方・敬語・類語|ビジネス/志望動機

是非 とも 参加 させ て いただき ます

「週末の飲み会、参加しないか?」と、会社の上司や先輩からのお誘いを受けたら、皆さまは何とお答えするでしょうか。 「はい、ぜひ参加したいです」と答える方が多いのではないでしょうか。 「~したい」という自分の希望を伝える際、言葉をそのまま敬語として使用していいのか、またそれが失礼のない正しい敬語であるのか気になりませんか? 「~したい」という言葉は、ビジネスシーンにおいてもよく使われます。 そこで今回は、「参加したい」という願望を目上の方に伝える際に用いる敬語について考えていきましょう。 ここではまず、敬語の種類から見ていきます。 丁寧語とは 丁寧語とは、文字からわかるとおり、聞き手を敬うために使う丁寧な言葉です。 文末に「です・ます」を付けて締めくくるのが一般的です。 この丁寧語は、聞き手である相手が自分にとってどんな立場の人でも関係なく使うことができ、話の内容も問いません。 また、この丁寧語に似た「美化語」という言葉もあります。 これは相手を敬うために使われる敬語ではなく、美しさや丁寧さを表すために使われている敬語です。 名詞の頭に「お、ご」を付けたり、言葉そのものを言いかえたりと、さまざまな使い方があります。 尊敬語とは 敬語についておさらいしたところで、早速「参加したい」という言葉の敬語での使い方について触れていきます。 「参加したい」とは、参加を願望している自分の行動を示す言葉です。 「~したい」という言葉は敬語のどの種類にも当てはまらないので、このままの形では敬語として成り立ちません。 ではどのように言葉を変化させればよいのでしょうか。 「参加したい」というとき、どのように敬語を使えばよいのか考えていきましょう。 敬語の種類 敬語の種類としてどのようなものがあるでしょうか。 大きく分けると3種類あり、冒頭でお話した「丁寧語」「尊敬語」のほか、「謙譲語」というのもあります。 謙譲語とは、話し手である自分の言動をへりくだって言い、聞き手である相手を高めるために使われる敬語です。 簡単にいうと、自分を下げて相手を上げるということです。 使い方は、口で説明するのは簡単ですが、実際に置き換えるとなると難しくなります。 なので、敬語を使いたいのになかなかうまく言えずに困ってしまうことが多いのではないかと予想できます。 今回のテーマである「参加したい」という言葉を敬語に直すには、謙譲語を利用すべきだということがお分かり頂けるでしょうか。 これは、「参加したい」と願望するのが自分であるためです。 では、どのように言い換えれば敬語として成り立つのでしょうか。 表現方法を変えてみる 目上の方に自分の希望や要望を伝える際は、「~したいです」ではなく「~していただく」「~させていただく」という表現を用いるのが適していると言えます。 この「~させていただく」という敬語には、「相手の許可をもらって行う、許可をいただいたことに感謝をしている」という意味があります。 ただ単に「~する」の敬語というわけではないので、使い方には注意が必要です。 「参加しませんか?」に対する答え方として、上記を参考に考えると、「参加したい」ではなく「 ぜひ 参加させていただきます」という敬語表現が最も美しいといえます。 メールでの使い方 今まで「参加したい」という言葉の敬語について述べていくうえで、さまざまな表現方法をご紹介してきました。 「参加する」という言葉には、出席する・参画する・メンバーになる・向かう・伺うなどの類語があります。 これらの類語を敬語に直し、シーンなどに合わせて言いかえることで話が円滑になるうえ、相手に与える自分の印象がより良いものになっていくでしょう。 ところで、「参加したい」という言葉をそのまま使用しながら敬語にするには、どのように使えばいいのかご存知でしょうか?次はこの疑問について考えていきます。 参加したいと存じます 「存じます」という言葉は、「思う」の謙譲語である「存じる」に、丁寧語の「ます」が付いた敬語です。 謙譲語であるという点から、この「存じます」という敬語は目上の方に対して使う言葉であるということが考えられます。 「参加したいと存じます」という言葉は「参加したいと思います」の敬語表現です。 「ご案内いただいた週末の懇親会は、ぜひ参加したいと存じます」という風に使うことができます。 似た言葉に「存じ上げます・存じております」というものがあります。 これは「知っている」という言葉の敬語表現になりますので、間違えて使わないように注意しましょう。 相手や場面にあわせてうまく使い分けよう.

次の

ご参加/ご出席 /文例・敬語の使い方・意味

是非 とも 参加 させ て いただき ます

参加させていただきますは正しい敬語? 参加させていただきますはさせていただくという謙譲語のある正しい表現 参加させていただきますはさせていただくという謙譲語を使った正しい表現です。 させていただくという表現は、かしこまった態度の言動をとる際や相手に許しを得てから行うことなどに対して使う謙譲語の表現です。 また参加させていただきますという表現には丁寧語と呼ばれる「ます」が謙譲語表現である「させていただく」の後ろにくっついた言葉遣いです。 これらのことから参加させていただきますという表現は「させていただく」という謙譲語と、「ます」という丁寧語が使われた正しい敬語表現であることがわかります。 参加させていただきますは参加するという表現の二重敬語ではない 参加させていただきますは参加するという表現の二重敬語ではありません。 参加させていただきますという表現には謙譲語の「いただく」と丁寧語の「ます」が使われているため二重敬語であり、正しくない敬語表現であると思っている人が少なくないと言われています。 しかし二重敬語とは1つの表現の中に同じ分類の敬語が使われている表現のことを意味することから、謙譲語と丁寧語という別の分類を使用している参加させていただきますは二重敬語ではありません。 そのため正しい敬語表現ですので自信を持って使ってください。 ちなみに他の表現の中には二重敬語であっても多くの人が使っているなどの理由で慣習的に敬語と見なされるケースがあります。 そのため二重敬語だからといって間違っている、使ってはいけないといったことにはつながらないこともあります。 二重敬語については以下のサイトで詳しく解説されていたので参考になさってください。 是非参加させていただきますの「是非」という言葉には心からの思いを強調するといった意味合いがあります。 そのため参加させていただきますという表現には心から強く望んで参加させていただくという意味合いになります。 参加させていただきたく存じますという表現は参加するという言葉に「思う」という言葉の謙譲語表現「存じます」と丁寧語の「ます」がくっついた言葉です。 存じますという表現は謙譲語であり、相手に対して敬意を表すために自分がへりくだった表現をする言い回しであることから、相手が思うことに対して使うと間違った使い方になるので注意が必要です。 そのため存じますという表現は自分や自分が所属する組織などが思うことに対して使うようにしてください。 存じますについてのさらに詳しい内容は以下の記事でお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 存じますの意味・類語・メールでの使い方・正しくない表現などを詳しくお伝えしています。 喜んで参加させていただきますは参加するという言葉に相手の提案や誘いなどを進んで快く受け入れるといった意味合いの「喜んで」使われた表現です。 「喜ぶ」という言葉には、嬉しいと感じる気持ちや楽しいという感情が含まれていることから、相手からいただいた話を嬉しく感じて承諾するといった意味合いがあります。 ちなみに喜ぶという言葉は状況に応じてニュアンスが変わります。 喜ぶという言葉の意味は以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。 謹んで参加させていただきますは参加するという言の相手に敬意やかしこまった様子を表す「謹んで」が含まれており「謙虚な気持ちで参加する」「控えめな態度で参加する」といった意味合いで使われます。 謹んでという表現にはこのような意味合いがあることから、謹んで参加させていただきますという言葉には、謙虚な気持ちで参加させていただきますといった意味合いが込められます。 参加いたしますという表現は、参加するという言葉に「いたします」という謙譲語をつけた表現です。 参加させていただきますという表現ばかりをつかっていると語彙力がない人だと思われてしまうこともあると言われていることから、相手や状況を見ながら使い分ける人が多いと言われています。 伺いますはシンプルで短い言い回しであることから、相手に敬意を表す際には物足りないと感じる人も多いようですが、正しい敬語表現です。 伺いますという表現は「伺う」という謙譲語に丁寧語の「ます」をつけた敬語表現です。 伺いますと似た表現に、お伺いいたしますという表現がありますが、お伺いいたしますは二重敬語となることから不適切な敬語表現だと言われています。 また伺いますという言葉には訪問するという意味合いや質問する、聞くといった意味合いが含まれる言葉であることから、話し手の意図やその時の状況から言葉の意味を読み取らなければいけないと言われています。 以下の記事では伺うという表現について詳しく紹介しているので参考になさってください。 出欠確認メールを送る側の立場になって考えると、出欠の可否がわかりやすく書かれている方が親切なメールの返信の仕方であることがわかります。 大勢の参加者がいる会議の場合には出欠確認メールを送るだけでも数十人以上となることは珍しくありません。 こういった出欠確認メールを1つ1つチェックしていかなければならないことを考えると、長々としたメールを作ってわかりにくいところに出欠の可否を書いてしまうことは相手に迷惑となってしまいます。 そのため出欠確認メールへの返信の仕方として押さえておくべきこととして、出欠の可否をわかりやすく簡潔に書くということが挙げられます。 出欠確認メールを送る側の立場になって考えると、大勢の人にメールを送る可能性もあることから簡潔に出欠の可否を書く必要があります。 だからと言って「参加します」とだけ送り返すようでは社会人としての資質を疑われてしまいます。 相手の名前や挨拶などをしっかりと書いたうえでわかりやすいところに出欠の可否を簡潔に記すような工夫をしましょう。 ちなみに以下の記事では、会社説明会の予約やキャンセルメールの例文について詳しく紹介しているのでぜひ合わせてご覧ください。 会社説明会に参加した後のお礼のメールや会社説明会についてのメールの返信の書き方などを例文を交えて詳しくお伝えしています。 是非・喜んで参加させていただきますを適切に使いこなしましょう 是非参加させていただきます・喜んで参加させていただきますという表現はビジネスシーンで使われることが多く様々な言い換え表現を合わせて押さえておくと日々の仕事に役立つと言われています。 参加させていただきますを二重敬語であると思っている人もいますが、正しい敬語表現ですので自信を持って使ってください。 しっかりとした敬語表現ができる人は周囲の人から信頼されやすく評価されやすいと言われています。 基本的なことから少しずつ押さえていくためにも、今回の是非参加させていただきます・喜んで参加させていただきますという敬語表現を適切に使いこなしましょう。 最後にこれから社会人になる方や転職活動をされている方に人気のIT業界に関する記事を紹介します。 IT業界は人手不足であると言われており、未経験者や転職者にとって働きやすい業界であるという声が多くあります。 以下の記事ではそんなIT業界の志望動機の書き方などについてお伝えしているので、お役立てください。

次の