血圧 を すぐ に 下げる ツボ。 【血圧は自力で下がる】1日1分の降圧体操で一生血圧の上がらない体に!

図でわかる!血圧を下げる良く使われるツボはコチラです。

血圧 を すぐ に 下げる ツボ

年齢とともに高くなっていく血圧。 健康診断でひっかかり、病院に行ったところ血圧を下げる薬を処方され、飲み始めたら下がったので一安心……。 とはいえ、「薬をやめたらまた上がるのでは?」という悩みを抱えている人は多いでしょう。 そんな疑問に、「薬はいらない。 血圧は簡単な体操ですぐに下がります!」と答えてくれるのが薬剤師で予防医学の第一人者、加藤雅俊氏。 新刊では、簡単な降圧体操を紹介するとともに、薬を飲み続けることの危険性についても警鐘を鳴らしています。 加藤氏に話を聞きました。 薬で血圧を下げるリスク 現在、推定4300万人いるとされる日本の高血圧患者。 その中の多くの人が「このまま放っておくと動脈硬化が進行しますよ」などと言われ、血圧を下げる薬を飲んでいます。 でも実は、その薬を飲むこと自体が危険なことだとしたら……? そもそも、私たちの血圧はなぜ高くなっていくのでしょう? その原因の大半は、加齢や運動不足により血管が硬くなっていくことにあります。 血管が硬くなれば、血液が流れるときに血管が広がりにくくなりますから、当然、血管壁にかかる圧力が高くなります。 photo by iStock それなのに、病気を探らずに降圧剤を飲んだらどうなるでしょう? 血圧の数値は下がりますが、当然、病気は進行していきます。 よく高血圧を抱えていた人が、突然倒れて亡くなることがあります。 このとき医者は、「高血圧が原因です」と言いますが、それはまったくの反対。 病気があるから高血圧だったのです。 つまり、高血圧は自分の体からの大事なサイン。 降圧剤を飲むことはそのサインを無理矢理消すという行為で、本当はとても怖いことなのです。 また、血圧の薬を飲むことは、体が発しているサインを消してしまう以外にも危険があります。 なぜなら、血圧を下げる薬というのは、同時に、血流を悪くする薬でもあるからです。 血液の運搬量を減らしてしまえば、全身に十分な栄養が行きわたらなくなってしまいます。 ですから、血圧の薬を飲んでいる人は、白内障や緑内障といった目の病気を発症することも多く、また脳への栄養も減ってしまうため、認知症を発症する可能性も高まるのです。 もちろん、血圧の薬を飲んでいる方に、「今すぐ薬をやめてください」と言うつもりはありません。 ただ、加齢や運動不足が原因の高血圧の方は、これからご紹介する体操で血圧を下げ、最終的に薬を卒業していただきたいと思うのです。

次の

血圧を下げる方法|その場で測定時すぐに血圧を下げるにはコレだよ

血圧 を すぐ に 下げる ツボ

足ツボが痛い理由 人は他の動物とは異なり、二足歩行で移動を行う為、姿勢や体重、地面の形状などによって足が受ける影響は強くなります。 特に足の裏は、立っている時や、歩く時に唯一地面と接している部分なので、前述した要素の影響をより受けやすく、また、毎日体重が掛かり続けるので、負担も蓄積しやすい場所でもあります。 つまり、筋肉が硬くなりやすい為、血流が滞りやすくなる場所になります。 また、足は身体の一番下に位置していますから、老廃物である 尿酸が溜まりやすい場所でもあります。 老廃物が溜まると、その部分はしこりとなり、押すと痛みを伴います。 また、血流を滞らせて血圧を高くする要因となります。 尿酸とは、細胞を新しく作る過程や激しい運動をした時に出来る 燃えカスのようなものです。 本来であれば、血液とともに流れて尿や汗などで体外に排出されます。 しかし、血流が悪くなると尿酸が体内に残りやすくなり、しこりを作ります。 また、血管やリンパの流れが悪くなると経絡の流れが悪くなり、繋がっている臓器の働きに不調をきたす可能性があります。 経絡とは、生命エネルギーである 気や 血が流れる道と言われており、これが臓器の健やかな働きに重要になるわけです。 この気と血の出入り口となっているのがツボです。 ツボは、経絡の表層(皮膚や筋肉組織)にある反応点である為、弱っている臓器のツボは反応が過敏になり、押すと痛みを伴います。 血圧を下げる足ツボ 足三里(あしさんり) 足三里は、 血圧を下げる効果だけでなく、胃が弱っている時や頭痛にも効果的です。 【場所】 膝のお皿(膝蓋骨)から、すねに向かって降りていった時に骨の出っ張りがあると思います。 そこから、指二本ほど外にあります。 【ツボの押し方】 少し痛いと感じる程度の強さで、3〜5分ほど行います。 湧泉(ゆうせん) 湧泉には、「 元気や生命力が湧いてくる泉」という意味があり、刺激する事で血圧を下げる効果だけでなく、身体のあらゆる不調を改善する効果も期待できます。 【場所】 足の2番目と3番目の指の間から踵側に下っていき、土踏まずの上辺りにあります。 【ツボの押し方】 足の裏は固い事が多い為、少し強めに押します。 他の指で、足の指を押さえながら親指で押す方法や拳を作って人差し指で押し込む方法があります。 どちらかやりやすい方法で良いと思います。 三秒間隔で押して緩めてを繰り返し、これを足の裏が温かくなるまで続けます。 ふくらはぎ スポンサーリンク ふくらはぎは、 第二の心臓と呼ばれており、重力の影響で下半身に集まった血液をふくらはぎの筋肉のポンプ作用により心臓に戻す役割があります。 このふくらはぎの筋肉が硬くなったり、足を下げた座位姿勢をとり続けると、血液が下半身に滞ります。 すると、心臓に戻ってくる血液が少なくなる為、心臓は血液の流れを強めて循環の維持を図ります。 結果、血圧が高くなります。 工場の流れ作業で、作業の遅い人の働きをベテランがカバーしているような感じでしょうか。 ただ、補ったとしても滞る場所が変わらなければ、負担は生じます。 【ほぐし方】 ツボとは話が逸れますが、ふくらはぎのほぐし方を解説します。 ふくらはぎの筋肉は、 下腿三頭筋と言って3つに分類され、外側・内側・中央に存在します。 ですから、ふくらはぎのマッサージでは、これらに対して実施します。 ふくらはぎの外側と内側を押す 骨にそって足首から膝に向けて押していきます。 強さは、ゆっくりと少し痛む程度の強度で行います。 ふくらはぎの裏側を押す 1と同様のやり方で、足首から膝にかけて押していきます。 アキレス腱を押す アキレス腱は、踵についている腱です。 ここが硬いまま激しい運動をすると、アキレス腱断裂の危険を伴います。 アキレス腱から、ふくらはぎの下三分の一ぐらいまで押していきます。 リンパマッサージ 両手でふくらはぎを包み込み、軽く圧迫を加えながら膝に向けて滑らせていきます。 これにより、足に溜まった老廃物を血液と一緒に心臓に戻していきます。 回数は、3〜5回を目安に左右行いましょう。 筋肉は温めると柔らかくなる為、お風呂上がりに行うとより効果的です。 また、膝を伸ばすとふくらはぎの筋肉は硬くなる為、 膝を曲げてリラックスした状態で行うと、より効果的です。 これにより、 足の血流が促進され、血圧を下げる効果を得る事ができます。 まとめ 足は、身体の下に位置している為、尿酸や乳酸などの老廃物が蓄積しやすい部分です。 これらが蓄積するとしこりができ、押す事で痛みを伴います。 また、足の一部であるふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれ、血流が悪くなる事で血圧が高くなります。 ですが、足には足三里、勇泉など血圧を下げるツボがあり、またふくらはぎの硬さを取り除く事でも血圧を下げる効果があります。 足は、トラブルの起きやすい場所でもある為、ツボ押しを試してみてはいかかでしょうか? こちらの記事もご覧ください。

次の

すぐに血圧を下げるふくらはぎマッサージの方法

血圧 を すぐ に 下げる ツボ

・なぜ高血圧がいけないのか? ・血圧の数値はどれぐらいがいいのか? ・血圧はこんな時に変化する? なぜ高血圧がいけないのか? そもそも、高血圧のなにがいけないのかご存じですか? 実は、血圧の高い状態が長い期間続くと命に関わる病気を発症する可能性があるんですね。 血管に圧力がかかり、血管を傷つけてしまうと動脈硬化を進行させてプラーク(血栓)ができやすくなります。 何かのきっかけでプラークが剥がれてしまえば、脳梗塞や心筋梗塞などの怖い病気を引き起こします。 また、脳の血管が破れてしまえば、くも膜下出血を引き起こして突然死の原因にもなります。 高血圧のことを別名、 サイレントキラーとも言われてます。 これは、静かに忍び寄る殺し屋と言う意味ですが、突然死を引き起こさないためにも日頃から健康管理に努めなければいけません。 血圧の数値はどれぐらいがいいのか? 血圧の数値ですが、日本高血圧学会によると・・・ 病院で計測する場合・・・ 上が140mmHg未満 下が90mmHg未満 このように定められています。 また、自宅で計測した場合ですが・・・ 上が135mmHg未満 下が85mmHg未満 自宅では緊張しませんので、より低い基準となっています。 血圧はこんな時に変化する? 実は、血圧は1日の中でも常に変化しています。 一般的に血圧は、寝起きが一番高く、日中は安定して、夜寝る頃に下がり、睡眠中は低くなります。 また、運動している時や車の運転など緊張している時は、一時的に血圧は高くなります。 他にも、気温によっても変化があります。 気温が暖かい季節では、血管も緩んで広がり、血圧は低くなる傾向ですが、逆に寒い季節は、血管が引き締まるので高くなります。 温度の違いで血圧は変化しますので、暖房の効いた暖かいところから寒い場所に移る時は、注意が必要です。 ちなみに急激に血圧が上がったり、下がることを「 血圧サージ」なんて呼び方をします。 血圧サージにならないためにも高血圧対策を行いましょう。 今すぐ即効性がある高血圧対策! 自分の健康管理のためにも高血圧対策を行いたいところですが、具体的にどんな方法を行えばいいのか? 手軽で今すぐできて即効性がる方法を試したいですよね。 そこで、血圧を下げる簡単な方法を紹介しますので試してください。 ツボ押し・合谷(ごうこく)を刺激しよう! 人間の体には数多くのツボが存在しますが、血流を改善して血圧を下げるツボとして有名なのが合谷です。 ツボの位置は、親指と人差し指の交わるところにありますが、多少位置がずれていても問題ありません。 やや強めに合谷を5秒間押して放す。 これを数回繰り返しましょう。 やる回数に決まりはないので、手が空いている時に行う習慣をつけるといいと思います。 ちなみに他にも、内関(ないかん)・風池(ふうち)などもツボも効果があります。 詳しくはこちらで解説しています。 深呼吸 即効性がある方法としては深呼吸があります。 深呼吸を行うと横隔膜が広がり、一時的ではありますが、リラックスできて自律神経も安定するので血圧を下げることができます。 秒数に決まりはありませんが、息を深く吸うこと。 それと長く吐くように意識しましょう。 目安としては、3秒息を吸って、7秒で息を吐くぐらいで大丈夫です。 個人差はありますが、数回繰り返すだけで、10〜30mmHg程度、血圧は下がるので試してみてください。 タオルグリップ法 タオルグリップ法は、NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」でも取り上げられた血圧を下げる方法です。 1枚のタオルを用意して30%程度の力で2分間握り、1分休憩して、別の手を2分握り、1分休憩する。 これを数回繰り返す方法になります。 詳しくはコチラのページで紹介しています。 タオルやマフラーを首に巻く方法! 冬場など寒い季節は首にタオルやマフラーを巻くだけでも、血圧は下がります。 首を温めているだけで、体は、体温を下げないように温度調整するようできているので血圧も下がっていきます。 また、夏場で冷房の効いた部屋でも効果があるので、血圧高めの人は試してみてください。 減塩で血圧を下げる! 血圧を下げるには塩分を控えるとよく聞きますよね。 なぜ、塩を摂ると血圧が高くなるのか? その理由は、塩分(ナトリウム)を摂取すると血液中の塩分を薄めようとするため、水分が取り込まれ血液の量が増えてしまい、それで血圧が高くなるというわけです。 ですので、塩分の摂り過ぎには注意しなければいけません。 病院では、高血圧患者は、1日に6gまでの塩分を抑えるようにと指導されます。 塩分を多く摂取する人は、1日に20g以上摂取する人もいます。 ちなみにラーメン1杯で6〜8gはあるので、血圧が高い人は、減塩が必要になります。 減塩のアドバイスとしては・・・ ・醤油のかけ過ぎに注意! ・ラーメンスープは全部飲まない ・香辛料を使うと減塩できる! ・減塩するなら夕食より朝食にする! などが挙げられます。 醤油のかけ過ぎに注意! 塩分の多い調味料としては、醤油があります。 味が薄いからと何にでも醤油をかける人がいますが、減塩するなら工夫が必要になります。 例えば、霧状に噴射する醤油スプレーを使えば、かなり減塩することができるので、お刺身やお寿司などには、醤油スプレーを使ってみるのもいいと思います。 ラーメンスープは全部飲まない 日本人の大好きなラーメンですが、スープを飲み干せば、6〜8gは塩を摂取することになるので注意が必要です。 スープは全て飲まないで、減塩のためにも残すことをお勧めします。 ちなみに自宅でインスタントラーメンやカップラーメンを作る際は、粉末スープを半分だけ使うなどしても減塩することが可能ですので試してください。 香辛料を使うと減塩できる! 塩分が足りない時には、醤油を使うのではなく、唐辛子や胡椒、ハープやカレー粉などの香辛料を使う方法もあります。 他にも、お酢やレモン、シソやゆず、昆布だしなどを使うのもいいですね。 いろいろ工夫して、料理に合う物を見つけて上手に減塩に励んでください。 減塩するなら夕食より朝食にする! 起床前後は、レニン、アルドステロン、アドレナリンやノルアドレナリンなどの血圧を上げるホルモンがたくさん出るので、朝食の時に、塩分を摂り過ぎると、血圧が高くなると言われています。 減塩するなら夕食よりも、朝食のほうが良いのですが、だからと言って、昼食や夕食に多く摂っていいわけではありません。 ・・・・ 始めのうちは、減塩はつらいかもしれませんが、慣れてくれば薄味でも美味しくいただけるので、高血圧で塩分を多く摂取している人は、減塩に励んでみてください。 血圧と塩分の関係は以下のページでも紹介しています。 血圧を下げる食材について! 高血圧で悩んでいるなら、毎日の食事を見直すことも大事なポイントです。 血圧を下げるには以下の食材を摂取するようにしてください。 ・お酢 ・カリウムを含む食材 ・鯖やイワシなどの青魚 ・納豆 ・寒天 ・ピーナッツやクルミなどナッツ類 ・ビーツ ・玉ねぎ ・チョコレート これらがあります。 お酢 お酢に含まれる「酢酸」は、体内で代謝される際「アデノシン」になり、これが血管の拡張効果を持っています。 効果的なお酢は、黒酢ですが、醸造酢であればどんなものでも構いません。 1日に大さじ一杯(約15ml)程度を朝、昼、夜と3回に分けて飲むのがお勧めです。 飲み方としては、料理で使っても構いませんし、紅茶などの飲み物に加えてもOKです。 カリウムを含む食材を摂取する! カリウムを摂取すると尿と一緒に塩分が排出されるので、高血圧の予防や対策に良いと言われています。 カリウムが含まれる食材としては・・・ バナナ、ほうれん草、じゃかいも、ブロッコリー、アスパラ、アボカド、大豆、納豆、キウイ、ひじき、わかめ等。 様々な食材からカリウムを摂取できるので、バランスよく食べるようにしましょう。 鯖やイワシなどの青魚 青魚には、DHAとEPAが含まれますが、DHAには血管の弾力性を高める作用があり、EPAには血栓を作りにくくして血流をよくする効果ありますので積極的に食べるようにしましましょう。 また、魚の調理が苦手と言う方もいる思いますが、そんな方はサバ缶を食べるようにするといいでしょう。 納豆 ナットウキナーゼには血栓を溶かす効果があり、血液をサラサラにするので血圧を下げるには有効です。 ただし、ワーファリンと言う薬を飲んでいる人は、納豆に含まれるビタミンKが薬の効果を弱めるので食べてはいけません。 また、熱々のご飯の上にかけて食べると納豆菌が消滅して効果がなくなるので、ご飯にかける場合は冷めた状態で乗せるようにしましょう。 寒天 寒天には、食物繊維が多く含まれていて動脈硬化の改善にも繋がり、血圧も低下する作用も期待できます。 また、寒天に含まれるアルギン酸は、塩分を体外に排出するので高血圧対策にはピッタリの食材です。 寒天を手軽に摂取するには、棒寒天よりも粉寒天を使った方がいいでしょう。 お茶やお味噌汁などの飲み物に入れて混ぜるだけでいいので簡単です。 ピーナッツやクルミなどナッツ類 ピーナッツなどに含まれる油は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がバランスよく含まれ、コレステロール値を下げ、血管を強くするのなど健康効果が高いことが分かっています。 クルミやピーナッツ、アーモンドなどを1日に25gを目安に食べる良いと言われています。 ビーツ ビーツを食べると体内でNOが発生して、血管を柔らかくする事につながります。 NOとは一酸化窒素で、これを増やせば血管力がアップして、降圧作用も期待できると言われています。 NOは、筋肉を動かしたり、手を握ったりすることで発生しますが、食べ物によっても作る事が可能です。 その1つにビーツが挙げられます。 食べ方としては、細かく切ってサラダとして食べる事もありますが、一般的には火を通してから食べます。 動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞など、これら生活習慣病を予防にも役立つ食材です。 血行促進作用もあるので、降圧作用も期待できますし、冷え性改善など様々な効果が期待できます。 血圧を下げるお勧めな食べ方としては、そのままスライスしてサラダで食べる。 また、玉ねぎにお酢、ハチミツをつけて酢玉ねぎで食べるのもいいです。 チョコレート チョコレートに含まれるカカオポリフェノールを食べると血管を広げる作用があり、血圧を下げることができます。 但し、普通のチョコレートを食べると糖分は多く、カロリーオーバーになるので、カカオが70%以上のチョコレートを食べるようにしなければいけません。 また、一度に25gを食べるのではなく、少しずつ食べるようにするのが良いと言われています。 血圧を下げる飲み物 高血圧の予防や対策のための飲み物にはどんなものがあるのか? 色々とあるのですが、代表的なものには以下があります。 ・トマトジュース ・お茶類(緑茶・杜仲茶・ギャバ茶) ・ココア ・コーヒー これらがあります。 トマトジュース トマトジュースには、血圧降下作用のあるルチンやカリウムを豊富に含み、リコピンには、抗酸化作用が高く血管の老化を防いだり、悪玉コレステロールを減らしたりする効果も期待されています。 また、トマトジュースを飲むなら、夜よりも、朝の方が吸収力が良いと言われています。 お茶類(緑茶・杜仲茶・ギャバ茶) 血圧を下げるために良いのがお茶です。 種類も色々ですが、「緑茶」「杜仲茶」「ギャバ茶」がオススメです。 緑茶のカテキンには、血管の収縮や血圧の上昇に関わる酵素の働きを抑える働きがあり、テアニンという成分には、リラックス効果があるので自律神経の乱れを整える作用が期待されています。 また、杜仲茶やギャバ茶にも副交感神経を優位にするので、高血圧の予防と対策に繋がります。 牛乳 牛乳にカリウムが多く含まれているので、体の余分な塩分を排出させて、血圧は低下します。 また、脳卒中や糖尿病のリスクを下げ予防に繋がると言われています。 ココア ココアは、チョコレートと同じでカカオポリフェノールを摂取することで血管を広げる作用があり、血圧を下げることができます。 コーヒー 昔は、コーヒーに含まれるカフェインには、心臓に直接作用して血圧を上昇させると考えらていましたが、今では、逆にコーヒーを飲んだ方が高血圧の危険性が減るという研究データもあるようです。 ・・・・・ このように高血圧の予防に良いとされる飲み物はあります。 ですが、飲み過ぎてしまえば、体調を崩すこともあるので、くれぐれも注意しましょう。

次の