ある 日 どこ か で。 映画『ある日どこかで』ネタバレ感想 ラストは笑うしかない

ある日どこかでのレビュー・感想・評価

ある 日 どこ か で

熱烈なファンがいる作品として、 知られている名作です。 撮影地となったホテルでは、 現在でも『ある日どこかで』の、 ファンの集いが開催されています。 大林宣彦版 映画『時をかける少女』なんかは、 もの凄く『ある日どこかで』の影響を 受けていると思いますね。 ユーミンが絶賛しているのも、納得。 『時をかける少女』の主題歌の 作詞・作曲は彼女が手掛けているから。 もしかして『ある日どこかで』をイメージして、 作られたのかも。 この「時空を越えて結ばれる運命の恋物語」というスタイルは、 去年大ヒットした『君の名は。 』に至る現在まで、 受け継がれています。 『ある日どこかで』が斬新なのは、 タイムマシンや不思議な薬(何らかの触媒)を使わず、 想いの強さ(精神力)で時を遡ること。 観客に「現実に起こりえるのかも」 「自分の力で過去に行くことができるのかも」 と思わせる余地のある物語になっているんです。 タイムトラベルまで、ストーリーの半分を費やして、 丹念に描いているのも特徴ですね。 大人の恋愛を描いているので、 今観たら違った印象を受けるかも。 楽曲に負けず劣らず美しい、良い作品ですよ。 スケーターの方々も、曲というよりも、 映画のイメージで滑られてると思います。

次の

ある日どこかで

ある 日 どこ か で

」 ある老女のひとことで物語は動きだす。 リチャード・コリアー()は、脚本を手がけた舞台の初公演が終わったばかりだった。 これからの自らの活躍に期待を膨らませ、仲間と成功を喜び合った。 すると一人の老女が現れる。 リチャードの元へ静かに歩み寄ると、金時計を手渡した。 「帰ってきてね。 」 そう言うと、老女はまた静かにリチャードの元から去っていった。 それから数年が経ち、リチャードは80年代を代表する人気脚本家として忙しい日々を送っていた。 産みの苦しみに直面し、スランプに陥っていたリチャードは作品のインスパイアを求め旅に出る。 とある避暑地にあった老舗ホテル、「グランドホテル」。 リチャードはこのホテルに立ち寄り、一泊することに。 暇を持て余したリチャードは、ホテルにあった歴史資料館である女性の写真を見つける。 彼女の名は、エリーズ・マッケナ()。 1912年にした人気女優だった。 当時、このグランドホテルにて公演を行った際に、記念に撮られた写真だったのだ。 リチャードは彼女の美しさに心奪われ、来る日も来る日も写真を眺めに、 歴史資料館に立ち寄った。 写真の中のエリーズに虜になったリチャードは、彼女についてもっと知りたい、と エリーズを古くから知る友人や、ホテルの支配人など、たくさんの人物に彼女について聞いて回る。 彼女が人気女優だったこと、明るく朗らかな女性だったこと、生涯独身だったこと。 ある日をきっかけに彼女の人生は180度変わってしまったこと。。 そして、衝撃の事実を知ることとなる。 数年前のあの日。 リチャードに金時計を手渡した老女。 彼女こそがリチャードが心奪われた女性、エリーズ・マッケナだったのだ。 「帰ってきてね」という彼女の一言で何かを悟ったリチャードは、彼女と自分には何か運命的なものがあるはずだ、と半ば狂信的に、タイムトラベルの方法を見つけ出そうとする。 そして、母校の「時間旅行」という本を執筆した恩師に掛け合い、ついにタイムトラベルを決行。 洋服、お金など全てを1912年代のもに変え、 グランドホテルに戻り、ベッドの上で自己催眠を始める。 目がさめると、リチャードは1912年代に。 エリーズを見つけたリチャードは早速彼女とコンタクトを取ろうと必死になるも、当時人気の絶頂だったエリーズにはお目付役として敏腕マネージャーのロビンソンの存在が。 ロビンソン()に警戒されるリチャード。 それでも諦めず、エリーズへひたむきに想いを寄せるリチャードの姿に、エリーズ自身が心ほだされ、惹かれていく。 ロビンソンの厳しい監視をくぐりぬけ、つかの間の時間をともに過ごすようになった二人。 二人には時間など必要なく、見る見る間に惹かれあった。 そして、ロビンソンの邪魔をよそに、 「こんな気持ちは生まれて初めてよ。 だから気持ちを上手に伝えられない。 」 エリーズが舞台で自らのセリフをアドリブに変え、観客席のリチャードをまっすぐ見つめていう。 二人はまさに運命の出会いを果たし、結ばれたのだった。 幸せな夜を過ごした翌朝、 ホテルの部屋で半分裸のまま二人きりの時間を思う存分楽しんでいた。 「あなたの服は時代遅れだわ。 買い替えなくっちゃね。 」 とリチャードをからかうエリーズ。 「そんなことないさ。 ほらこうしてポケットがついているから、コインを入れて... 」 とポケットからコインを取り出すリチャード。 すると、コインには「1979」の文字が。 タイムトラベルの必須条件は「現代(80年代)のものを1912年に持ち込まないこと」だった。 コインを取り出した瞬間、タイムトラベルは崩壊し、リチャードは80年代に引き戻されてしまう。 そして... と映画はラストへ。 時空を超えた愛の物語は衝撃のラストで幕を閉じます。 映画公開当初、アメリカでは酷評の嵐だった「」。 と言われ、興業収入も芳しくなかったらしいのですが、 それでも、物語、音楽の美しさにアメリカ全土でファンが多いのも事実。 公開当初から現在にかけてじわじわと人気を獲得した映画といったイメージ。 音楽の担当は、。 「野生のエルザ」や「真夜中のカウボーイ」などを手がけたイギリス出身の作曲家。 、を5度も受賞している名作曲家。 この映画の何がいいって、音楽が本当に素晴らしい。 のラプソディーを聞くと、エリーズとリチャードが一緒にボートに乗っているシーンが頭に浮かび上がってくる。 シーンの一つ一つにつながる素晴らしい音楽がちりばめられている。 ほんの少しの時間を共に過ごし、愛し合った二人の悲しくも美しい物語。 人が愛し合うのに時間なんて必要ない。 いつか終わってしまう、と思うと人はなんとかして終わりを遠ざけようとする。 逆に、終わりが見えないものに対しては、マンネリを感じおざなりにしてしまう。 いつまでも、永遠に一緒にいたいと願う気持ちはみんな同じなんだろうけど、 時空や時代を超えて愛し合う強さや執着心みたいなものは、 時間が永遠じゃないとわかっているからからこそ、なせる技なんじゃないかと思った。 それでも、そんな執着心と自分の気持ちを押し殺してでも、 どうしても自ら終わらせなくてはいけないこともある。 映画を見終えて、そんなことを考えた。 だんだんあったかくなってきて、新緑の香りみたいなものがふわふわと香っている。 でもまだ夏にはなっていない。 春といえども、桜は散ってしまっている。 春と夏の間、中途半端なこの時期、まさに今の私。 笑 もっとたくさん映画を見て、今夜みたいにいろんなことに想いを馳せてみよう。 もう答えはすぐそこまできている。 なんとなく、今日の夜風みたいにふわふわと香ってきているんだから。 (完全自己満ブログになっちゃったw) 「」 気持ちのいい夏の夜に、外の空気を感じながら観るのなんていかがでしょう。 映画の美しいシーンたちがバッチリ合います。

次の

ある日どこかで

ある 日 どこ か で

熱烈なファンがいる作品として、 知られている名作です。 撮影地となったホテルでは、 現在でも『ある日どこかで』の、 ファンの集いが開催されています。 大林宣彦版 映画『時をかける少女』なんかは、 もの凄く『ある日どこかで』の影響を 受けていると思いますね。 ユーミンが絶賛しているのも、納得。 『時をかける少女』の主題歌の 作詞・作曲は彼女が手掛けているから。 もしかして『ある日どこかで』をイメージして、 作られたのかも。 この「時空を越えて結ばれる運命の恋物語」というスタイルは、 去年大ヒットした『君の名は。 』に至る現在まで、 受け継がれています。 『ある日どこかで』が斬新なのは、 タイムマシンや不思議な薬(何らかの触媒)を使わず、 想いの強さ(精神力)で時を遡ること。 観客に「現実に起こりえるのかも」 「自分の力で過去に行くことができるのかも」 と思わせる余地のある物語になっているんです。 タイムトラベルまで、ストーリーの半分を費やして、 丹念に描いているのも特徴ですね。 大人の恋愛を描いているので、 今観たら違った印象を受けるかも。 楽曲に負けず劣らず美しい、良い作品ですよ。 スケーターの方々も、曲というよりも、 映画のイメージで滑られてると思います。

次の