肝臓 に いい 食材。 その疲れ、肝臓や腎臓が原因かも? 肝腎臓を回復させる食材

日々の食事でレバーケア!犬の肝臓に良い食べ物について

肝臓 に いい 食材

肝臓のためにも肝臓が喜ぶ食生活が一番。 なのだが・・・ 「健康診断で肝臓に問題が見つかった」「弱っているかもしれない」となったとき、真っ先に考えるのは「肝臓を助けてくれる食べ物を食べよう」ということですよね。 一般的に有名なのが「しじみ」「レバー」「牡蠣」「ゴマ」()ですが、こればかりを食べていれば、肝機能が元に戻るということではありません。 もちろん、積極的に食べるということは大事ですが、一番大切なのはバランスの良い食事です。 そして、しじみのように肝臓の働きを助けてくれる食品とは 逆に、肝臓にとって負担となってしまう食品も覚えておくと良いです。 例えば、毎食しじみのお味噌汁を飲んでいるとしますよね。 でもその他に肝臓に負担がかかる食べ物を食べてしまっていては、意味がありません。 良い食べ物はもちろん、食べ合わせの悪い食べ物についても学んでおきましょう。 肝臓に良い食べ物 肝臓に優しい食べ物は、実はまだまだたくさんあるんですよ。 例えば、 豚、鶏、牛のレバーやカキ、しじみ、さざえ、ホタテ、イカ、タコなどの魚介類やわかめ、こんぶ、もずく、海苔などの海藻に、牛乳、たまご、大豆やゴマなど、さまざまな食品が肝臓に良いとされています。 中でも しじみは、タンパク質が良質な上、タウリンやオチアミン、オルニチンなど肝臓や胆汁のために摂りたい成分が含まれます。 そのため毎日飲めるしじみのお味噌汁は、肝臓を悪くした人に好まれています。 ただお味噌汁ですと小さなしじみを1つ1つ食べるのが面倒という人もいて、そのような人はしじみを濃縮しエキス化したものを飲んでいたりします。 さらに最近では、しじみのエキスをサプリメント化した商品も販売されています。 クリーム状のエキスですと飲みにくいのでサプリメントのほうが楽で続けやすいですね。 食事だけでは続かない 肝臓に良い食べ物も継続的に食べないと、その効果を実感することはできません。 しかし、この継続がネックになるんですね。 しじみのお味噌汁を毎日飲む。 まあ、これは不可能ではありませんが、飽きてしまうのが普通です。 肝臓に良い成分が多く含まれるレバー類に至っては、味も濃いですし毎日食べるには飽きやすい食品です。 その点、わかめ、大豆などは飽きにくいので、サラダやお味噌汁に加えるのも1つの手です。 ですが、 しっかり肝臓を労わりたいなら、やはり補助食品を検討することをおすすめします。 補助食品には肝臓に良い成分がギュギュギュっと詰まっており、食事では摂れない量を摂取することが可能なのです。 何より手軽なのがうれしいですね。 肝臓が悲鳴を上げる前に、サプリで肝機能のサポートを始めてみてはいかがでしょうか? 肝臓サプリは、どれがいいの? 補助食品と言ってもどれがいいのか分からないと思います。 そこで肝臓によいとされる成分が入ったサプリをここでご紹介します。 安いモノなら1日分が缶コーヒー1本分程度です。 このくらいの価格なら続けやすいですよね。 なお、 商品によって30日分、15日分と違いがありますから商品価格で判断すると誤りますよ。 1日あたりの価格に注目してくださいね。 結論から言えば商品スペックが十分で、初回・継続コスパの両方がいいレバリズム-L がダントツでオススメです。 価格よりも安心して飲めるものを選ぶなら、肝パワーEプラスですね。 できるだけ安いものがいいなら、やわたの「しじみの力」が継続するなら安くていいです。 日本の大和しじみよりも一回り大きい台湾産の黄金しじみを使ったサプリ。 さらに肝機能をサポートするため肝臓エキス粉末もプラス。 ほかのサプリより続けやすい価格なのが嬉しいですね。 ある日突然異変はやってくる 肝臓はご存知のように「沈黙の臓器」と呼ばれていて、悲鳴をあげたりすることなく、黙々と体の為に一生懸命働いてくれています。 「ちょっとおかしいな」と思ったときは手遅れになっているということも少なくありません。 日頃から暴飲暴食をせず、バランスのよい食事をするように心掛けることはもちろんですが、肝臓からのちょっとしたサインを見逃さないようにしてください。 例えば・・・• 掌や足の裏が黄色っぽい• 顔が淡黄色っぽくなっている• 怒りっぽくなった• 首や右肩が凝るようになった などです。 この他にも気になる症状は色々とありますが、気になる症状があるという人は早めに病院へ。 そして肝臓によい食べ物を積極的に取り入れるようにしていきましょう。 肝臓の数値が悪くなってからでは遅いですからね。

次の

積極的に食べたいもの、避けたい食べもの

肝臓 に いい 食材

内山葉子(うちやま・ようこ) 葉子クリニック院長。 関西医科大学卒業。 大学病院・総合病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行った後、葉子クリニックを開設。 総合内科専門医、腎臓内科専門医。 著書に『パンと牛乳は今すぐやめなさい!』『おなかのカビが病気の原因だった』『この薬、飲み続けてはいけません!』(いずれもマキノ出版)など。 「年のせい」「ストレスのせい」ではないかも 肝臓は、代謝・解毒・排泄に重要な働きをする臓器です。 体に入った異物(有害物質)は、肝臓に多いシトクロムP450という酵素によって代謝され、水溶性に変換されたのち、尿や便、汗といっしょに体の外へ排出されます。 体に入った物は、ほぼすべてが、いったん肝臓を通り、この代謝経路によって無毒化されるのです。 異物がたくさん入ると、肝臓はその分、多く働かなくてはなりません。 そうして負担が積み重なると、肝機能の低下や肝障害へとつながります。 呼吸をしたり、食べ物を摂取したりする必要のある私たちは、異物を全く体に入れないことは不可能です。 生きている限り、肝臓に負担がかからない人はいません。 だからこそ、不調のあるなしにかかわらず、肝臓をいたわることはとても大切なのです。 特に、年を追うごとに肝臓への負担は確実に蓄積されていきます。 疲れやすい、お酒に弱くなった、肩こりが取れにくい、じんましんが出やすいなどの体の不調を、「年のせい」「ストレスのせい」で片づけていませんか? 血液検査の数値が基準値内でも、体のちょっとした不調が、肝臓の機能低下によって起こっている可能性は十分考えられます。 肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、よほどのダメージがないと症状が現れません。 症状が出てからでは、取り返しのつかない状態になっていることが多いのです。 そうならないためにも、元気なうちからケアしておくことが肝要です。 飲み過ぎは危険 肝臓の負担を大きくする要因のなかでも、私が声を大にしていいたいのは、特に高齢者に多い「 薬の飲み過ぎ」です。 薬ももちろん肝臓を通って代謝されるので、飲めば飲むほど肝臓に負担をかけます。 多くの薬を服用すると、それだけ酵素が必要となるため、代謝が追いつかなくなるのです。 その結果、薬の効果が得られなかったり、薬の毒性が増えて副作用が起こりやすくなったりします。 さらに、ほかの有害物質や、体の中で不要になった物質も、うまく排出できない体になってしまいます。 そうしたことを考慮せず、新たに加わった症状に対して、さらに薬を増やしていけば、ますます肝臓は弱ってきます。 私の患者さんに、以前カゼをひいて別の病院を訪れたときに処方された抗菌薬(抗生物質)を服用して、肝障害を起こした人がいました。 肝臓の障害を示すAST(GOT)の数値が、300 IU/Lまで上がっていたそうです。 薬剤性肝障害を起こしやすいのは、抗菌薬のほか、解熱・鎮痛剤、中枢神経作用薬、抗ガン剤などです。 しかし、実際にはあらゆる薬が、肝臓にとっては大きな負担となります。 漢方薬、サプリメントなども、肝臓にダメージを与えることがあるので、むやみに飲むのは危険です。 一つは、前述したように、安易に薬を飲まないことです。 例えば、カゼは本来、寝て治すものです。 「仕事に行かなければならないので、薬をください」というのは、肝臓を傷めつける行為にほかなりません。 もちろん、カゼが重症化したときは、リスクを承知で薬を使ったほうがよい場合もあります。 しかし、初期の軽いカゼであれば、薬に頼らず、体を温めて睡眠をしっかり取って治すほうが、肝臓にとってはいいのです。 なお、前述した患者さんのように、カゼで病院へ行くと抗菌薬を出されることが多々あります。 必要な投薬なのか、医師に確認する必要があるでしょう。 そのほか、すでに症状が治まっているのに、病院で出されるからといって漫然と飲み続けている薬はありませんか? 長く飲み続けている薬があれば、ほんとうにその薬が今も必要なのか、医師や薬剤師に相談しましょう。 もし減らせるのなら、薬は一つでも減らしたほうが肝臓のためです。 薬のほかに、有害物質を極力体に入れないことも、心がけたい点です。 さまざまな食品添加物(保存料、着色料、乳化剤、㏗調整剤など)が入っている加工食品、ペットボトル飲料、農薬の使われた野菜などは控えたいものです。 肝臓に負担をかけるだけでなく、ホルモンバランスを乱して、体にさまざまな悪影響を与えます。 元気な肝臓のためにも腸を元気に そしてもう一つ重要なことは、排泄臓器である腸を元気にすることです。 腸が健康でなければ、肝臓の代謝に必要な酵素の原材料となる栄養が入ってきません。 排泄能力が低下すると、腸に有害物質がたまり、それがまた肝臓に負担をかけます。 必要な物を入れて、不要な物を出すことが、肝臓の代謝をスムーズにすることにつながるのです。 腸を元気にするには、食べ過ぎない、お酒を飲み過ぎない、そして腸内細菌のエサとなる食物繊維や発酵食品を意識してとることなどが大事です。 それらは、肝臓をいたわるベースにもなります。 肝臓を元気にする食べ物としては、特に「 梅干し」がお勧めです。 梅干しの酸っぱさは、唾液をはじめとする消化液の分泌を促し、食べ物をしっかり消化して、不要なものを排泄することに役立ちます。 梅干しには、腸の細胞の栄養源となる短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸など)が多く含まれるため、腸の粘膜を修復し、大腸の働きをよくする効果もあります。 短鎖脂肪酸によって腸内環境がよくなると、リラックス作用のある脳内ホルモンも増えます。 イライラを解消することは、肝臓の負担を減らすことにつながります。 さらに、梅干しはビタミン・ミネラルも豊富。 これらは肝臓の代謝機能を助けるほか、血圧を下げたり、脂肪を燃焼したり、血液をサラサラにしたりする効果もあります。 梅干しを万能薬として利用すれば、減薬できる可能性も高まるでしょう。 C型肝炎や脂肪肝の患者さんに、3ヵ月間、梅肉エキス(梅肉を煮詰めた物)を飲んでもらったら、肝臓の障害を示すASTとALT(GPT)の数値が改善したという研究結果も報告されています。 梅干しは低塩で大きめの物を、朝昼晩の食前にとるとよいでしょう。 梅肉エキスや梅酢を料理に使ったり、飲み物に少量加えたりしてとるのも効果的です。 そのほか、ゴーヤやシュンギク、アロエなどの苦みのある食べ物は、胆汁の分泌を促し、肝臓を保護するのに役立ちます。 ときどき料理に加えるといいでしょう。

次の

日々の食事でレバーケア!犬の肝臓に良い食べ物について

肝臓 に いい 食材

倦怠感や頭が重い症状の解消(肝臓回復) 早起きが苦手な人によく見られるのが、肝臓が弱っているというケースです。 肝臓は身体の解毒をしているのですが、疲れがたまっているということは、この解毒がうまくいかず老廃物が溜まっている可能性があります。 肝臓の機能を回復させるには、以下の食材が効果を発揮します。 ・イカ、貝類、魚 栄養ドリンクで必ずといっていいほどうたわれている「タウリン」は、肝臓の細胞の回復を促進します。 イカ、貝類、魚には、このタウリンが自然の状態で豊富に含まれています。 ・ささみ、魚、大豆 肝臓を修理する材料となる、良質なアミノ酸とタンパク質をとることができます。 ・青魚、くるみ、えごま油 肝臓の負担になっているのが、コレステロール。 青魚、くるみ、えごま油には、コレステロールを排出させる「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれています。 このオメガ3脂肪酸は限られた食材にしか豊富には含まれず、常に不足しがちな栄養成分ですので、意識して摂取してみてください。 倦怠感やむくみの調整(腎臓回復) 病気になってもはっきりとした自覚症状が現れにくいため「沈黙の臓器」といわれる腎臓ですが、やはり疲れているとだるさやむくみが発生しやすくなるので、早めのケアが肝腎です。 これからの季節では、スイカなどがカリウムを多く含む食材の代表格です。 ・くるみ、ゴマ 中国医学で「腎精」(腎臓を元気にする)と称されるほど、腎臓の健康に役立つと言われています。 腎臓は血液のろ過をする器官ですが、くるみやゴマは血液の流れを良くし、老廃物の排出を促すことで腎臓の回復力を高めます。 ・山芋、自然薯、ごぼう、レンコン 根菜や芋類にはカリウムと食物繊維が多く含まれており、この2つの成分が動物性の老廃物を排出する手助けをしてくれます。 ただし、腎臓病などでカリウムの摂取制限が必要な場合は、根菜や芋類は避けてください。

次の