カーマ スートラ wiki。 雪・月・花

カーマデーヴァ

カーマ スートラ wiki

ただしこの成立年代の根拠は確かではない• 土屋英明 著者 2019年3月19日 日本語. 道教の性愛術 古代中国人の悦楽秘法 電子書籍. シティブックス.. 9784166603206• バーツヤーヤナ マッラナーガ とも表記。 生没不明。 『完訳 カーマ・スートラ』 訳著、、1998年、ISBN 4582806287• 『ビジュアル版 カーマスートラの世界』 ランス・デイン、山下博司訳、、2009年、ISBN 4887217633• 『バートン版 カーマ・スートラ』 訳、 改版1997年、の英訳に基づいた版 関連項目 [編集 ].

次の

カーマ (ヒンドゥー教)

カーマ スートラ wiki

See:• Kate Morris 2011 , The Illustrated Dictionary of History, , pp 124;• Robert E. Van Voorst, RELG: World, Wadsworth, , pp 78• Monier Williams, Monier-Williams Sanskrit English Dictionary, pp 271, see 3rd column• Macy, Joanna 1975. Numen BRILL 22 2 : 145—60. Lorin Roche. 2011年7月15日閲覧。 James Lochtefeld 2002 , The Illustrated Encyclopedia of Hinduism, Volume 1, Rosen Publishing, New York, , pp 340• The Hindu Kama Shastra Society 1925 , , University of Toronto Archives, pp. see:• 31, 1 Jul. , 1984 , pp. 140-142;• Sharma 1999 , , The Journal of Religious Ethics, Vol. 27, No. 2 Summer, 1999 , pp. 223-256;• Chris Bartley 2001 , Encyclopedia of Asian Philosophy, Editor: Oliver Learman, , Routledge, Article on Purushartha, pp 443• See, for instance, Dvedhavitakka Sutta 19• See, for instance, 参考文献 [ ]• Ireland, John D. trans. 1983. Dhammika Sutta: Dhammika excerpt 2. Retrieved 5 Jul 2007 from "Access to Insight" at. Khantipalo, Bhikkhu 1982, 1995. Lay Buddhist Practice: The Shrine Room, Uposatha Day, Rains Residence The Wheel No. Kandy:. Retrieved 5 Jul 2007 from "Access to Insight" at. Sri Lanka Buddha Jayanti Tipitaka Series n. SLTP. 8, in Pali. Retrieved 3 Jul 2007 from "MettaNet-Lanka" at. trans. 1997a. Dvedhavitakka Sutta: Two Sorts of Thinking 19. Retrieved 3 Jul 2007 from "Access to Insight" at. Thanissaro Bhikkhu trans. 1997b. Samadhanga Sutta: The Factors of Concentration 5. Retrieved 3 Jul 2007 from "Access to Insight" at. , 1892. The Theosophical Glossary. London: The Theosophical Publishing Society 外部リンク [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

カーマ (ヒンドゥー教)

カーマ スートラ wiki

カーマを灰にするシヴァ 神々がという悪魔に悩まされていたとき、ターラカを倒せるのは神との子(軍神のこと)とされていたが、苦行に没頭していたシヴァはパールヴァティーに全く興味がなかった。 そこでシヴァの関心をパールヴァティーに向けさせようとして、神々はシヴァのもとにカーマを派遣した。 するシヴァはカーマの矢によって一瞬心を乱されたが、すぐに原因を悟り、怒って第三の眼から炎を発しカーマを灰にしてしまった。 カーマのアナンガ( 身体無き者)という別名はこれに由来するとされる。 悲しむラティに天から声が聞こえてきて、シヴァがパールヴァティーを受け入れるとき、シヴァはカーマに肉体を返すだろうとをする(『』)。 『バーガヴァタ・プラーナ』 [ ] カーマと二人の妻 『』によれば、後にカーマはとの子 として再生する。 悪魔 シャンバラはプラデュムナに殺されるという予言のために、赤子をさらって海に捨てると、赤子は魚に喰われるが、漁師がその魚を捕らえてシャンバラに献じ、料理人がその腹を割くと赤子は無事であった。 そこでシャンバラはそれとは知らずに給仕女(あるいは妻)マーヤーヴァティーに渡すと、彼女はその子を育てたが、マーヤーヴァティーは実はカーマのの妃ラティであり、かくして二人は再会を果たした。 やがてプラデュムナは長じて悪魔シャンバラを殺し、マーヤーヴァティーをともなってクリシュナのもとに凱旋した。 カーマ神の別名 [ ] カーマの別名 マーラはの修行の邪魔をした障害のの名としても知られる。 通俗語源解釈。 マナシジャ(Manasija) - 心に生じる者。 5本の矢を持つことから。 カーマ神の供養 [ ] カーマを供養する祭は、春のチャイトラ月(3月中旬~4月中旬)に行われる。 関連項目 [ ].

次の