積水 ハウス リフォーム 外壁 塗装。 積水ハウスの外壁塗装

積水ハウスに塗装を依頼した場合の費用相場は? 事例や注意点も紹介 【ファインドプロ】

積水 ハウス リフォーム 外壁 塗装

積水ハウスの外壁に使う色選びのポイントは? 外壁は「家の顔」とも言えますよね。 色を塗り替えるだけでも、随分雰囲気が変わって良くも悪くもなります。 積水ハウスの各支店には、たくさんのカタログ、色見本やサンプルがあります。 その中から、自分が好きな色を見つけるといいですよ。 色選びのコツは、外壁だけでなく 玄関のドアやタイル、サッシとも合わせてトータルコーディネートすることです。 無難に仕上げたいならベージュ系がイチオシです。 ベースの外壁が淡い色合いだと、ドアやサッシがアクセントになってきれいに映えます。 おしゃれに2色で塗り分けたいのであれば、同系色でグラデーションにするときれいに仕上がります。 上下に塗り分けるなら濃い色を下にすると落ち着きます。 どうしても決めきれないなら、カラーコーディネーターさんの力を借りるといいですね。 積水ハウスの家の外壁塗装をリフォームする際は他社と比較スべし! 積水ハウスのリフォームには、かなり定評があります。 「純正リフォーム」は、耐候性や防汚性に優れていて、美しさを長く保つことができる外壁塗装です。 外壁が汚れたり、くすんでいると、その家全体がぼんやりと暗い印象になりますよね。 外壁のリフォームによって、まるで新築のような美しさになって、家にも表情が生まれます。 積水ハウスで建てた家なら、アフターケアで家の「健康診断」を行ってくれます。 専門家が、プロの眼と専用機器でチェックして診断調査報告書を作成し、詳細を説明してくれます。 現状に加えて、今後どのようなケアが必要かもアドバイスしてくれます。 もちろん、積水ハウス以外の他社に依頼しても問題はありませんが、初めに家を建てた状態を分かってくれていると何かと安心ですよね。 他社と比較する場合は、同じ条件で見積もりを取りましょうね。 外壁リフォームは何年毎に実施が理想?費用はおいくら? 新築の頃はピカピカだった外壁も、年月を重ねるにつれてお手入れが必要になります。 外壁の劣化が進むと、壁の内部に水が浸入しやすくなって腐食が進みます。 すると、補修費用がかなりかさみますね。 外壁のリフォームを安く抑えたいならば、劣化が進む前に日々お手入れをして、外壁の様子を確認しておきましょう。 表面だけの塗り替えで済めば、費用がかなり安いですからね。 何年後にリフォームしたらいいという目安になる時期は一定ではありません。 紫外線や風雨の当たり具合によって、劣化の状態は異なります。 部分部分でも異なるので、家全体が同じスピードで同じように劣化するわけではないのですね。 素人がリフォームのタイミングを見極めるのはかなり難しいです。 アフターメンテナンスで、専門家に点検をしてもらうといいですね。

次の

積水セントレージ 外壁塗装|千葉市│リフォームの株式会社みすず

積水 ハウス リフォーム 外壁 塗装

積水ハウスリフォームが高い理由は? 積水ハウスの外壁に用いられているのは主にダインコンクリート、工場で作られて出荷されるコンクリートの板です。 だから、非常に頑丈で耐久性や耐火性もバツグン! とは積水ハウスの営業担当の常套セールストーク、しかし問題があるのです。 このダインコンクリート、ただのコンクリートですから、そのままだと非常に無愛想な外観になってしまいます。 そこが、他の住宅メーカーでよく用いられているサイディングとの大きな違い。 サイディングは表面をプリンターなどで塗装して工場出荷しますから、非常に見た目がよろしくて大人気。 ただ、外壁自体の耐久性だけで考えるとダインコンクリートの方に軍配が上がるのです。 しかし、無愛想な外観を何とかしなければいけないと考えられたのが、手間のかかる塗装技術。 積水ハウスは3度塗りした上に、防水・汚れ防止でもう1回塗重ねるといいますから、大変な手間です。 ですから、外壁が傷んできたから塗装しようかな、、、と積水ハウスリフォームで見積もりをとると金額にびっくりするのです。 見栄えも完璧を目指すから 単色フラット塗装、単色柄付塗装・多色骨材塗装、多彩色塗装、積水ハウスリフォームの塗装メニューは多彩です。 ここまで多彩な塗装メニューを用意しなければいけない理由は、ダインコンクリートを外壁に使っているから。 ただ、外壁材を保護するという観点から塗装するだけならば、積水ハウスリフォームに依頼する必要はないでしょう。 また、それで充分な効果を発揮すると予想できるのです。 なぜならばダインコンクリート自体が耐水性に非常に富んだ素材だから。 窯業系サイディングやALCのような気泡がたくさんあるものでもありませんし、金属系サイディングの様な薄板でもありません。 でも、、、積水ハウスで新築を建てた顧客に対する提案です。 見栄えもパーフェクトなものでないといけないのです。 高い=ぼったくりではありません 結局は外壁塗装にどこまでの完成度を望んでいるか、これで大きく金額は左右されるということです。 新築時の輝きをもう一度、、、と考えるならば、積水ハウスリフォームに依頼する以外に選択肢はありません。 とりあえず、外壁保護のための塗装が必要。 こう考えるならば積水ハウスリフォームに依頼する必要もありませんし、金額もそれほどかからないでしょう。 積水ハウスリフォームは高い、そんな話ばかりしてきた気がしますが、それを「ぼったくり」と受け取るのはどうなのか? 外壁塗装にしても何にしてもそうなりますよね、、、今回はそんな話でした。 積水ハウスリフォームが手がけるだけある高品質な外壁塗装 SHウォールは外壁塗装が必要になる 現在、積水ハウスが使用する外壁材は、SHウォール、ベルバーン、ダインコンクリートの3種類。 SHウォールとは「SHセラミックの外壁に云々」という商品説明がありますが、要はサイディング。 セラミックと書いてありますからタイルを用いている様に感じますが、実は塗装の種類に過ぎません。 塗料の中にセラミックが混ざっており、通常のシリコンなどの塗料に比べると、耐久性が高いだけという、、、。 塗装ですから、いずれ劣化しますので外壁塗装によるメンテナンスが必要となってきます。 近年では30年間持つようになったと、セールスしているようですが、 早かれ遅かれ外壁塗装が必要にはなるのです。 一方で「ベルバーン」、こちらは陶版を用いた外壁材。 これこそセラミックをうたっていいようなものの、SHセラミックとの関係もありますから、あえて陶版なのでしょう。 こちらはガラス質でしっかりと表面がおおわれますから、メンテナンスは不要、、、ということに今のところなっています。 手間のかかるダインコンクリートの塗装 SHウォールのメンテナンスを積水ハウスリフォームに依頼すると、単色フラット塗装を提案されることになります。 セラミック塗装の劣化を他の塗料でカバーするということですから、これ自体はそれほど難しい外壁塗装の技術は不要。 しかし積水ハウスリフォームが管理することになりますし、 使われている塗料のグレードも最上級の物になるのです。 一方、ダインコンクリートの外壁の場合のメンテナンスになると、少々やっかいです。 なぜなら、下地の模様も塗装でおこなわれていますから、模様塗装からやり直しということになります。 こうなると、積水ハウスリフォームからは多色骨材塗装を提案されることになり、手間がかかる。 通常のリフォームでおこなわれる塗装とは違い3回塗重ねることになるのです。

次の

積水ハウスで築後17年が過ぎ、2年前から目地及び壁の塗装を積水ハウスリフ...

積水 ハウス リフォーム 外壁 塗装

積水ハウスリフォームが高い理由は? 積水ハウスの外壁に用いられているのは主にダインコンクリート、工場で作られて出荷されるコンクリートの板です。 だから、非常に頑丈で耐久性や耐火性もバツグン! とは積水ハウスの営業担当の常套セールストーク、しかし問題があるのです。 このダインコンクリート、ただのコンクリートですから、そのままだと非常に無愛想な外観になってしまいます。 そこが、他の住宅メーカーでよく用いられているサイディングとの大きな違い。 サイディングは表面をプリンターなどで塗装して工場出荷しますから、非常に見た目がよろしくて大人気。 ただ、外壁自体の耐久性だけで考えるとダインコンクリートの方に軍配が上がるのです。 しかし、無愛想な外観を何とかしなければいけないと考えられたのが、手間のかかる塗装技術。 積水ハウスは3度塗りした上に、防水・汚れ防止でもう1回塗重ねるといいますから、大変な手間です。 ですから、外壁が傷んできたから塗装しようかな、、、と積水ハウスリフォームで見積もりをとると金額にびっくりするのです。 見栄えも完璧を目指すから 単色フラット塗装、単色柄付塗装・多色骨材塗装、多彩色塗装、積水ハウスリフォームの塗装メニューは多彩です。 ここまで多彩な塗装メニューを用意しなければいけない理由は、ダインコンクリートを外壁に使っているから。 ただ、外壁材を保護するという観点から塗装するだけならば、積水ハウスリフォームに依頼する必要はないでしょう。 また、それで充分な効果を発揮すると予想できるのです。 なぜならばダインコンクリート自体が耐水性に非常に富んだ素材だから。 窯業系サイディングやALCのような気泡がたくさんあるものでもありませんし、金属系サイディングの様な薄板でもありません。 でも、、、積水ハウスで新築を建てた顧客に対する提案です。 見栄えもパーフェクトなものでないといけないのです。 高い=ぼったくりではありません 結局は外壁塗装にどこまでの完成度を望んでいるか、これで大きく金額は左右されるということです。 新築時の輝きをもう一度、、、と考えるならば、積水ハウスリフォームに依頼する以外に選択肢はありません。 とりあえず、外壁保護のための塗装が必要。 こう考えるならば積水ハウスリフォームに依頼する必要もありませんし、金額もそれほどかからないでしょう。 積水ハウスリフォームは高い、そんな話ばかりしてきた気がしますが、それを「ぼったくり」と受け取るのはどうなのか? 外壁塗装にしても何にしてもそうなりますよね、、、今回はそんな話でした。 積水ハウスリフォームが手がけるだけある高品質な外壁塗装 SHウォールは外壁塗装が必要になる 現在、積水ハウスが使用する外壁材は、SHウォール、ベルバーン、ダインコンクリートの3種類。 SHウォールとは「SHセラミックの外壁に云々」という商品説明がありますが、要はサイディング。 セラミックと書いてありますからタイルを用いている様に感じますが、実は塗装の種類に過ぎません。 塗料の中にセラミックが混ざっており、通常のシリコンなどの塗料に比べると、耐久性が高いだけという、、、。 塗装ですから、いずれ劣化しますので外壁塗装によるメンテナンスが必要となってきます。 近年では30年間持つようになったと、セールスしているようですが、 早かれ遅かれ外壁塗装が必要にはなるのです。 一方で「ベルバーン」、こちらは陶版を用いた外壁材。 これこそセラミックをうたっていいようなものの、SHセラミックとの関係もありますから、あえて陶版なのでしょう。 こちらはガラス質でしっかりと表面がおおわれますから、メンテナンスは不要、、、ということに今のところなっています。 手間のかかるダインコンクリートの塗装 SHウォールのメンテナンスを積水ハウスリフォームに依頼すると、単色フラット塗装を提案されることになります。 セラミック塗装の劣化を他の塗料でカバーするということですから、これ自体はそれほど難しい外壁塗装の技術は不要。 しかし積水ハウスリフォームが管理することになりますし、 使われている塗料のグレードも最上級の物になるのです。 一方、ダインコンクリートの外壁の場合のメンテナンスになると、少々やっかいです。 なぜなら、下地の模様も塗装でおこなわれていますから、模様塗装からやり直しということになります。 こうなると、積水ハウスリフォームからは多色骨材塗装を提案されることになり、手間がかかる。 通常のリフォームでおこなわれる塗装とは違い3回塗重ねることになるのです。

次の