肺炎 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルスとは? 新型肺炎の感染・予防について

風邪と肺炎(新型コロナウイルス感染)の見分け方・症状|リーレクリニック大手町

肺炎 コロナ ウイルス

さて新型のコロナウイルス肺炎に関して通常の感染性の肺炎ではない間質性肺炎だということが明らかになりましたのでこの発信をしています。 最近の日経メディカルで報道された記事で新型コロナウイルス感染症には治療法がないという題でございます。 この記事は救命救急の専門の先生が発信されているのすが、重症の肺炎の時には体外式膜型人工肺・CHMOと言うのですが、これが命を救うには効果がありますよという報道です。 ではそこまでの重症になる前に肺炎を予防するとか治療をすることができないのでしょうか? 私は武漢発の新型コロナウイルスの特徴として高齢者に重症患者が多い。 そして高齢者は酸化ストレスが高い。 死亡される方は脳梗塞・糖尿病・高血圧などの基礎疾患があって、これらの基礎疾患では特に酸化ストレスが高くなる。 そして酸化ストレスが高いとウイルスに対する免疫が低下するということを指摘してきました。 そしてコロナウイルス抗酸化治療の可能性についても発信してきました。 つまり酸化ストレスが高いとウイルスに感染しやすい。 酸化ストレスが高い高齢者、基礎疾患で重症化するということは酸化ストレスを低下させることによって炎症が低下してそして酸化ストレスを下げることで免疫が上がる。 これは間違いない事実ですので、抗酸化剤の投与でウイルス感染予防とか治療の可能性があるということを発信して参りました。 さてコロナウイルス肺炎は、通常の感染性の肺炎ではなくって間質性肺炎だということが分かってきました。 こちらの4項目は岐阜大学の私の教室の岡田直美助教授の推察でございますが岡田先生は腫瘍内科の専門医で画像診断もトッププロのレベルの方です。 まずコロナウイルス・CIVID-19の死因は間質性肺炎でCTを撮ると肺の下の方、末梢ですね。 それと背中側に肺炎が始まると。 そして発症すると5日目にちょっとした肺炎の影が出て10日目にはだんだん広がってきて15日目には肺の上の方を残して全体に肺炎が広がるということが特徴です。 これは中国からの報道写真からのCT画像ですけれどもご覧になって分かるように肺の下の方、心臓に近い方の背中側で肺炎が起きているという画像です。 そしてウイルスが増えて感染性の肺炎が起きているのであれば空気の出入りが多い上用に優位になると考えられるのですが、血液の流れの多い肺の下の方、しかも背中側ということを考えるとやはり免疫反応が病変の主役ではないかということが考えられます。 そして大きな酸化ストレスがかかっていることは間違いないということになります。 さて間質性肺炎とはどういう病気かですが、間質性肺炎は肺の間質組織の繊維化が起こる病気、つまり肺が固くなる病気なのです。 そして原因の分からない特発性の間質性肺炎という病気がありますが日本では難病に指定されています。 そして間質性肺炎はウイルスが原因になり得ます。 そして感染性肺炎の治療は全く効果がありません。 特発性間質性肺炎に関してはステロイドが有効と言われています。 ごく最近コロナウイルスの肺炎に対して喘息の患者さんが使われるステロイドの吸入が効果があったという報道がありましたがまさに間質性肺炎だからではないかと考えています。 そして間質性肺炎では非常に酸化ストレスが高くなるということが分かっています。 こちらに4本の著名な論文を出しましたが、間質性肺炎で酸化ストレスが上昇しているという論文は非常にたくさん報告されています。 では抗酸化物質を投与すると間質性肺炎に効くのでしょうか。 こちらは2008年に報告された論文ですが抗酸化物質であるビタミンEとかその他の物を間質性肺炎に投与したら効果がどうであったかという論文を多数まとめて報告した論文です。 結論としてはですね、抗酸化物質を投与すると間質性肺炎には有効だと書いてあります。 さて酸化ストレスを下げる方法は皆さんもできるのですが少し見てみましょう。 タバコを吸うことを止める、アルコールを大量に飲むのを止める、そして肥満のある方は血糖値が高いと酸化ストレスが上がるので糖質制限をしてください。 そして十分な睡眠を摂って精神的なストレスを下げるというのも酸化ストレスを下げる方法です。 それと身体を温めるこれは酸化ストレスを直接下げるものではないですが免疫力が上がるので身体を冷やさないようにしてください。 そして先ほども出ましたように抗酸化サプリメントの摂取も有効です。 ただしビタミンCなどですねたくさん飲めば効くというようなことを報道される方もおられるのですが過剰摂取は効果はありません。 岐阜大学抗酸化研究部門の情報です。

次の

今さら聞けない「肺炎」と「風邪」の違い超基本

肺炎 コロナ ウイルス

肺炎の主な症状とは? 肺炎とは?・・・主に細菌やウイルスなどによって肺に炎症が起こる病気。 「咳がずっと続いてなかなか治らない」「咳込みが激しい」など 肺炎の症状には咳や発熱など、かぜと似た症状が出ることから見過ごされやすいですが、きちんと処置せずに放っておくと悪化して命に関わることもあるため、風邪との 違いを知っておきましょう! 引用元: 新型コロナウイルスに感染した方々も多くが合併症を併発されてます。 それは呼吸器疾患で、代表的なもので言うと 肺炎になります。 コロナウイルスによる肺炎が重篤化した場合は、人工呼吸器など集中治療を要し、高齢者や基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患など)を有する方では、重症化するリスクが高いと考えられています。 引用元: まず肺炎の主な症状はどんなものがあるのでしょうか? もしひとつでも当てはまる症状があるようでしたら、一度病院で診察してもらうことをオススメします 一方ウイルスによる肺炎は、まず 先にウイルスの症状が現れてその後肺炎を引き起こすことが多くなります。 2020年に流行している『新型コロナウイルス』も肺炎の原因となるウイルスになります! 毎年流行するインフルエンザもウイルスの一つになります。 引用元: 肺炎という病気は、日本人の 死因ランキングでトップ3に入る病気で、年間 約12万人が亡くなっています。 肺炎の症状に当てはまることが2~3日以上続くようならば、早めに診断を受けるようにしましょう 熱もなく「肺炎」と診断されることがある? 肺炎の症状に多く見られる発熱がなくても肺炎と診断されてしまうケースがあります。 特にこの肺炎の症状に該当しやすいのが、高齢者の肺炎です! 高齢者の場合、体力や免疫力が低下していることもあり、肺炎の分かりやすい症状が出にくいことがよくあります。 そのため日常生活の中で、普段と違う身体の不調を見逃さないようによく見ておく必要があるのです。 また若い人が熱もなく肺炎と診断されてしまった場合、以下のようなパターンが考えられます! それが、 マイコプラズマ肺炎です。 新型コロナウイルス=肺炎ではない!? 新型コロナウイルスは多くが肺炎の症状を伴っていることから、 肺炎=新型コロナウイルスに感染した、と思われがちですが実は決してそういうわけではありません! ただ確認されている症状の観点で見ると、初期症状は胃腸炎などで多く見られる下痢や吐き気、頭痛、全身のだるさから始まり、症状が表立って出た時には肺炎の症状を引き起こしているという可能性もあります。 肺炎の症状が起きている際には、もちろんしっかりと診察・検査を行うことも重要。 肺炎のような症状がなくても、 感染には最大限注意を払う必要があるということを自覚しておきましょう! 新コロナウイルス感染が心配!「帰国者・接触者相談センター」に相談すべき症状とは? 新型コロナウイルス感染の相談・受診の目安として下記の症状の方は、ご相談ご相談くださいと厚生労働省による発表がありました! 風邪の症状や37. 5度以上の発熱が 4日以上続く場合 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合、高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方 風邪の症状や37. まとめ 新型コロナウイルスは現在日本で感染者が急増しており、連日ニュースでも取り上げられているために注目されています。 その多くが肺炎の症状を伴っていることから、肺炎=新型コロナに感染したというイメージになりやすいかたも多かったのではないでしょうか? しかし、肺炎だからと言って早急に新型コロナウイルスに罹っていると決めつけてしまうのは、 間違いの可能性もあります! Advertisement 関連する記事• 2020. 07 2020年世界的に流行している『新型コロナウイルス』の影響により、小学校や中学校での臨時休校など、日本でも様々な影響を及ぼしています! […]• 2020. 13 世界中で新型コロナウイルスが流行っている中、日本は首都圏を中心に緊急事態宣言が2020年5月6日まで発令。 そのため、2020年今年のゴールデンウィー[…]• 2020. 09 洗剤などで国内でシェアランキング1位の花王が、『布マスクの洗い方』をTwitter・公式サイトで公開! 「わかりやすいっ!」「助かります!」「ありがた[…]• 2020. 23 新型コロナウイルスの影響で、日本全国でマスクが品薄状態になっています。 特に首都圏に比べて地方などでは、品切れが続いている現状です。 政[…].

次の

新型コロナウイルス感染症の症状・知っておくべき注意点 [コロナでも諦めなくていい7つのこと

肺炎 コロナ ウイルス

新型コロナウイルスについての話題でほぼ占められている昨今、メディアには様々な情報が伝えられています。 特に最近は、世間がよく知っている有名人の方が罹患したというニュースが次々と取り上げられるようになっており、その症状について皆さんの関心が寄せられているようです。 私の外来でも肺炎についてお聞きになる方が非常に多くいらっしゃいますので、本日は現時点(3月29日)でわかっている新型コロナウイルスの肺炎について、わかっている範囲でお話しします(実際私はまだ新型コロナウイルス肺炎と確定した患者を診察しておらず、あくまで今日お話しする内容は論文で報告されている内容と私の知識、それと私が今まで経験した事例を織り交ぜてお話ししようと思います)。 肺というのは、気管、気管支につながる 「肺胞」と呼ばれる袋が3億個ほど集まってできている臓器です。 そしてその袋と袋のすきまには、 血管やリンパ管、それらを支える組織である「間質」という領域があります。 肺では通常呼吸をすることで、空気中の酸素が気管、気管支を通じて袋である「肺胞」に入ってきます。 この酸素が「間質」の中にある血管から吸収されることで取り込まれ、心臓に集まったのちに全身に運ばれます。 通常「肺炎」と呼ばれるもので多いのは「細菌性」肺炎です。 これらは、鼻や口から気管支に細菌が入り込み、袋である「肺胞」まで到達して悪さをします。 体の中の白血球はこれらの細菌を退治しようと戦い、その結果浸出液という液体が出てきて、袋の中が水浸しになってしまいます。 例えるならば、お互いがカラダを張って直接戦っている「合戦」のようなものです。 すると空気を吸っても 肺胞の液体に邪魔されてしまい、血管内に酸素が入らなくなることで息苦しくなります。 また肺胞の液体は痰として現れます。 一方、 「ウイルス性」肺炎は、上記のような直接的に戦うことによって起こる反応(合戦タイプ)もあるのですが、それだけではなく、 これらを排除しようとして自分のカラダの免疫が暴走することによって起きる炎症も大きく影響するとされています(ちょっと正確かどうかはわかりませんが、言うならば デマや恐怖などを与えることで、相手の社会を混乱に陥れる「情報戦」に近いのかもしれません)。 これを サイトカインストームと呼び、これらは 「間質」そのものや、間質にある「血管」に炎症を起こし傷つけてしまいます。 新型コロナウイルス肺炎に関しても、調べたところ死亡した方の血管、間質からはウイルスが検出されなかったという報告が出されており、これも このウイルスの肺炎が、ウイルスによる肺の直接的な傷害よりもサイトカインストームが要素として大きいだろうということを示しています(Ann Intern Med. 2020. DOI: 10. すると袋である 肺胞は傷ついて固くなった間質に邪魔されて膨らみにくくなり、 空気が入りづらくなります。 加えて肺に届いた 空気中の酸素も、固くなった間質や血管の壁に阻まれて取り込まれづらくなり、血中の酸素が不足し、呼吸不全の状態になってしまいます(これは「 間質性肺疾患」の状態です)。 細菌性肺炎とCTでの見え方もやや異なるため、CTの画像もこのウイルスによる肺炎と診断できる手掛かりであることが多いようです。 このような肺炎に至ると、治療は非常に難しいであろうと思われます。 理由としては、全身のサイトカインストームが原因なので、 両肺同時に肺炎をきたすケースが多くなる ため(その分正常な肺が少なくなる)、細菌とは違い ウイルスには(インフルエンザやヘルペスなど一部のウイルスを除いて) 直接退治する薬がなく、これらを退治するには体の免疫反応に頼るしかない ため、それに一般的にウイルス性肺炎では、 これらで弱った肺にさらに細菌がついてしまうことが少なくなく、こうなると本当に厳しくなるためです(そのような意味でも、 ご高齢の方に今一番できる対策は、肺炎球菌ワクチンの接種なのかもしれません)。 治療には酸素投与、人工呼吸器、人工心肺(ECMO)なども用いられますが、これらはウイルスを排除するためのものではなく、 免疫によってウイルスを排除できるまでの時間稼ぎのためのものです。 これらの時間稼ぎの結果、免疫によってウイルスが排除されてサイトカインストームが収まれば症状は改善しますが、どこまでもサイトカインストームが進んでしまうと死に至ってしまうというわけです。 高齢者や持病を持っている方が重症化しやすい理由はまだ明らかではないですが、持病があり免疫が弱っていると正しい反応が出来なくなり、サイトカインストームが起こりやすくなってしまうのかもしれません。 また無症状の方のCTでも間質の炎症像が見られることが少なくないとされており、 肺炎の起こしやすさという点では通常のウイルスにはない脅威を持っていると言わざるを得ないでしょう。 現在行われている試みは、さまざまな抗ウイルス薬(ウイルスの遺伝子に働きかけて増殖を抑制するなどをする薬剤)や、他の用途で使用していた薬が転用できないかどうかの試み(吸入薬であるシクレソニドなど)と、このウイルスに対応する免疫をつけるワクチンの開発という試みになります(いくつも治験はすすんでいますが、実用化は少なくとも数ヶ月はかかりそうです)。 とにかくこれらが開発されるまで、 社会がしっかりと時間稼ぎをするということが大事になるでしょう。 ですので、改めてのお願いです。 医療機関に受診される際は必ず マスクをつけ、手指の衛生をお願いします(当院にもアルコールがありますので遠慮なくご使用ください)。 診察室でもマスクは外さなくて結構です。 また少しでも新型コロナウイルス感染症が否定できない要素をお持ちの方は(現在の基準は)、必ず 保健所への一報をよろしくお願い致します (当院に直接ご来院いただいてもご連絡をお願いすることもございますのでご了承下さい)。 皆さん一人一人と我々の意識が大事になってくる局面です。 何卒ご協力の程よろしくお願い致します。 投稿者: 加藤医院 院長 浅井偉信.

次の